就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

充実のマタニティライフにしたい!妊娠中の過ごし方アイデアと注意点

充実のマタニティライフにしたい!妊娠中の過ごし方アイデアと注意点

妊娠するとできなくなること、控えたいこともたくさんありますが、ゆったりと過ごせることでできるようになることもあるかもしれません。充実したマタニティライフにするために、今までできなかったことに挑戦するチャンスです。妊娠中どんなことをすればよいか迷っているママに、過ごし方のアイデアをご紹介します。

妊娠中でもアクティブに動きたい人には

運動したい人におすすめのヨガやスイミング

運動が好きなママにも苦手なママにもおすすめしたいのが、マタニティ向けのフィットネスプログラムです。ヨガやスイミングも、妊婦さん向けに特別な指導をしてくれるマタニティクラスなら安心です。ゆったりした動きで無理なく進行していくので運動が苦手でも楽しめます。

妊娠中は適度に体を動かした方が出産に必要な体力がつき、安産に役立つといわれています。妊娠中のマイナートラブルや体重管理にも効果があるので、ウォーキングなど何かしら体を動かしておきたいものです。

マタニティヨガやマタニティスイミングのクラスでは当然ながら同じ妊婦さんが参加していますので、素敵なママ友候補に出会えたり情報交換できたり、リフレッシュにもつながります。

パパとデートして2人の時間を楽しもう

もうすぐ赤ちゃんを迎えることは待ち遠しいことではありますが、同時にパパと過ごす時間が少なくなってしまうことを覚えておきましょう。とくにデートに行くなど、2人で外出することはしばらくできないと思っておいた方がよいでしょう。

そこで、妊娠中はパパとデートして夫婦2人の時間をたっぷり楽しんでみてはいかがでしょうか。外食も子ども最優先でファミレスやファストフードになりがちなので、今のうちに大人の雰囲気のレストランや、子連れでは行きにくい美術館などに行ってみるのもおすすめです。

産後は慌ただしい生活でママがおしゃれをする機会も少なくなります。ドレスアップしてママの魅力をパパにしっかり見せておくと、産後の夫婦関係も良好でいられそうですね。

映画やミュージカルを見に行こう

産後、赤ちゃんのお世話が始まるとしばらく映画館や劇場などにも行きにくくなります。子ども向けの特別上映や興行などもありますが、ママが見たいものとはちょっと違ってしまうかもしれませんね。

妊娠中に映画館や劇場に行けるかどうかはママの体調次第で、「妊婦だから鑑賞お断り」ということはありません。見たい映画があれば、体調と相談しながら計画するようにしましょう。その日に体調が万全でも、2時間近く座りっぱなしになると途中で気分が悪くなることも考えられます。

妊娠中はトイレに行く回数も多くなるので、席が選べる場合は出入り口の近くにするのがポイントです。劇場内は寒いこともあるので、寒さ対策も忘れないようにしましょう。

おうちでゆっくりマタニティライフを楽しむ

赤ちゃんグッズのハンドメイドに挑戦

妊娠すると今まで以上に母性本能が育ち、今まで興味がなかった手芸や裁縫に手を伸ばしたくなる妊婦さんも多いのではないでしょうか。可愛くて小さな赤ちゃんグッズは見ているだけでも心がほっこりしますが、自分の手で作り上げていく時間も温かく、ママになる実感が湧き起こりますね。

「ミシンもないし、裁縫の知識もないから無理」と思うママもいるかもしれませんが、手縫いでできる赤ちゃんグッズの作り方や、すべての材料がそろったキットなどを利用すれば初心者でも意外と簡単に作れます。スタイやおもちゃなどの小物なら家にあるタオルやはぎれでも作成できますよ。100均でも手芸用品が豊富にありますので、気軽に始めてみましょう。

おうちで撮れるワザありマタニティフォト

マタニティフォトは写真スタジオに行かないと撮れないと思っている妊婦さんもいるかもしれません。実際にスタジオで撮ると綺麗で凝った演出もできますが、セルフフォトでもポイントさえ押さえれば美しい瞬間を残すことができます。

カメラ好きなパパの場合はカメラマンに抜擢してもよいですし、1人で挑戦する場合は三脚を立ててタイマー撮影をします。直射日光ではなくレースのカーテン前など、日中の柔らかい日差しを利用するとふんわりとしたマタニティフォトになります。

逆光や斜光といった、真正面からではない光の当たり方になるようにポーズを決めましょう。フラッシュはたかず、カメラの露出を上げて明るさを調整した方が奥行きが出ますよ。セルフなら毎日、毎月撮って変化を楽しめますね。

外出しなくてもネットでらくらくお買い物

赤ちゃんを迎える準備で欠かせないのが、赤ちゃんグッズの購入です。おむつやベビーバス、ベビーカーや抱っこ紐など思いつくだけでもたくさんのグッズが必要になりますね。

ママはお腹が大きくなってくると外出するのも一苦労ですし、購入した荷物を持って街を歩くのも大変になってきます。目当てのものを探し回ってへとへとになってしまうのも心配ですね。

そんな大変な思いをしていたのも一昔前のこと、今ではネットでどんなものでもらくらくお買い物ができます。ただ、赤ちゃんのものを購入するつもりが、つい脱線して壮大な買い物にならないように注意したいですね。

あらかじめ予算を決めたり、買うものリストを書いたりしてからショッピングサイトを見るようにしましょう。

無理は禁物!妊娠中の過ごし方のポイント

自身の体調と赤ちゃんをまず第一に考えて

妊娠中はした方がよいこと、避けた方がよいことなど色々言われるので、妊婦さん自身も何をしたらよいか分からなくなってしまうかもしれません。そんなとき、一番に考えるのはやはり赤ちゃんの安全、ママ自身の体調です。

体調が悪ければどんなに妊娠中によいといわれる運動でも避けた方がよいですし、体調がよければ無理のない範囲で旅行やショッピングも楽しめます。妊娠中に無理をすると普段と違って後々まで疲れが取れない、体調が悪化するだけでなく、お腹の赤ちゃんにまで影響が出てくることがあります。

楽しい計画を立てるときはあれもこれもやりたくなってしまいますが、妊娠中はスケジュールに余裕を持って柔軟に対応できる予定にしておきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC