就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産前におきる食欲不振の症状。知っておきたい主な原因と改善法

出産前におきる食欲不振の症状。知っておきたい主な原因と改善法

出産が近くなると、人によってさまざまな症状がおこります。中でもよくおこるのが食欲不振です。出産前におこる不調に不安を感じる妊婦さんもいると思います。そこで、この記事では、おこり得る食欲不振の症状や原因、すぐできる対処法、食欲がなくても栄養を摂取するための方法などをご紹介します。

出産前におきる食欲不振の症状と主な原因

眠れないほどの吐き気に襲われることも

出産前の食欲不振では、あまり食欲がわかずに食べる量が減るというパターンと、吐き気に襲われるというパターンがあります。もちろん、どちらの症状もおこらない妊婦さんもおり、人それぞれです。

食べる量が減ってしまうパターンでは、お腹が空いたと感じても、少し食べるとお腹がいっぱいになってしまうという症状がよく見られます。中には、ご飯を食べると息苦しくなってしまうという人もいるようです。

吐き気をもよおすパターンでは、つわりのときのように胃がムカムカする症状がでたり、実際に嘔吐してしまったりします。四六時中吐き気に襲われて、夜も熟睡できないという人もいるほどです。

どちらのパターンも、赤ちゃんへの影響がないか心配になりますよね。

出産前に分泌されるホルモンの影響

どうして吐き気がおこったり食欲不振になったりするのでしょうか。その原因の一つとして考えられるのが、ホルモンの影響です。

妊娠をすると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。これはお腹の中で赤ちゃんを育てるためには欠かせないことです。

分泌量が変化するホルモンの一つに「エストロゲン」があります。このホルモンは妊娠してから出産するまで活発に分泌されます。

エストロゲンには筋肉を緩める働きがあります。これは、産道を広げて赤ちゃんが出てきやすいようにするためです。

ただ、産道だけでなく全身の筋肉を緩めることになるので、胃の入り口を締めている筋肉も緩めてしまいます。そうすると胃酸が逆流して吐き気や胸やけを引き起こすのです。

大きくなる子宮が胃に影響を与えている

妊娠後期になると、子宮底長(恥骨から子宮の上の端までの長さ)が30cmを超えます。これは、子宮がママのみぞおちあたりにまで達するということです。

ここまで大きくなると、子宮が真上にある胃を圧迫するようになります。胃が圧迫されると、吐き気や胃もたれなどを感じやすくなるのです。

常に胃が押し上げられている状態なので、一度に食べられる量も普段より減ってしまいます。少し食べるとお腹がいっぱいになったり息苦しくなったりするのはこのためです。

また、胃が子宮に圧迫されているときは、胃の動きが制限されるので、普段よりも胃の消化機能が落ちています。そのため、普段以上に消化に時間がかかり、胃もたれを引き起こすことがあるのです。

出産前の食欲不振を軽減する方法

回数を増やして少量ずつ分けて食べるように

胃が圧迫されて食欲がわかない、食べようとしても少し食べるとお腹が苦しくて食べられなくなってしまうというのはつらいものですよね。栄養不足にならないか心配だという人もいるでしょう。

この状態を乗り切るためにおすすめの方法があります。それは、食事の回数を増やして、少量ずつ分けて食べるという方法です。

1回に食べる食事の量を減らせば、子宮に圧迫されている胃への負担を軽減することができます。消化に時間がかからないので、胃の不快感や息苦しさを軽減することができますよ。

1回に食べる量を減らした分、食事の回数を増やせば、1日に食べる食事の総量を減らさずに済みます。これなら、栄養不足になる心配もありませんよね。

お腹を圧迫しない姿勢と服装を

吐き気や胃の不快感を軽減するためには、姿勢や服装に気をつけることが重要です。お腹を圧迫しないように注意しましょう。

妊婦さんの服装は、締めつけのないゆったりした服がよいのはご存知かと思います。お腹が大きくなって、今まで着ていた洋服がきつくなっていないか再確認してみてくださいね。

また、しゃがんだり、深く椅子に腰かけたりすると、お腹を圧迫するので吐き気や胃の不快感が増してしまいます。背もたれにもたれかかるなど、できるだけお腹を圧迫しない姿勢を心がけましょう。

楽な姿勢といっても、食事をした後すぐに横になるのはおすすめできません。胃酸が食道に逆流して気持ち悪くなることがあるので、食後30分くらいは上体を起こしておきましょう。

家事はほどほどにゆったりとした時間を

妊娠中はホルモンバランスが変化しているので、イライラしたり不安定になったりしやすいものです。そういったストレスも胃の不調の原因になるので、ストレスを溜めないようにしたいものですね。

妊娠後期は出産に向けて赤ちゃんを迎える準備をしたい時期です。産後はあまり動けないだろうから、今のうちに家を片づけておきたいというママも多いかと思います。

ただ、無理をすると吐き気を悪化させる可能性がありますし、過度の疲れは食欲を減退させる原因にもなります。家事にしろ出産準備にしろ、家族や友人に協力してもらいながら進めましょう。

自分と赤ちゃんが元気に過ごすこと以上に大事なことはありません。家事はほどほどにして、ゆったりした気持ちで過ごしたいですね。

食欲不振ママむけ出産に備えた食事メニュー

野菜たっぷりのスープやおかゆなど

食欲がわかず、なかなか食べられないというママにはスープやおかゆなどがおすすめです。子宮に圧迫された胃は消化機能が悪くなっているので、消化のよいものを食べて胃への負担を減らしましょう。

胃への負担を減らすには、脂っこいものや冷たいものも避けたいところです。野菜たっぷりのスープであれば、消化がよく、さまざまな栄養素をとることができます。

このほかに、白身の魚や半熟卵も消化がよいのでおすすめです。魚を調理するときは、フライにしたり、たっぷりのバターで焼くムニエルなどの調理方法よりも、蒸したり茹でたりする方がよいでしょう。

主食は、おかゆや柔らかく煮たうどんなどがおすすめです。これらを少しずつ食べるようにするとよいですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC