就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産後に着るルームウエア。購入する際にチェックしたいポイント

出産後に着るルームウエア。購入する際にチェックしたいポイント

出産後のルームウエア、みんながどんなのを着ているのか気になりますよね。入院中は?家に帰ってからは?サイズは大丈夫かな?限られた期間しか着ないからあまり高価なものはちょっと…でもかわいいデザインのものが着たいなど、気になるルームウエアについてお話ししますね。

入院中にルームウエアが必要な理由

普通の洋服やパジャマは授乳が大変

入院する前に揃えておきたいものの中に授乳服があります。授乳服が必要な期間は限られています。授乳服を買うくらいなら、普通の洋服を買ったほうが今後活躍するのでは!と思うのですが、授乳服は持っていたほうがよいという方がほとんどです。

入院中は、ほかの方と一緒に授乳する機会が多くあります。同じ時間に集合して授乳する病院もあるくらいです。普通の洋服ですと、おなかからまくり上げてあげるか、もしくは襟ぐりを伸ばしてあげるか、または数個のボタンをはずすかのどれかになりますよね。中でもまくり上げるのは、おなかを出すことで冷えにつながります。出産を終えたばかりのママの体は回復期ですので、冷えは大敵です。機能的な授乳服を数枚用意しておくと便利ですよ。

産後はルームウエアで人と会うことが多い

周産期前になるといつ陣痛が来てもよいように入院の準備をする方が多いですよね。病院ではほかのママたちはどんな格好で過ごしているのかどんなものを用意したらよいのか、気になりますよね。

産後は寝たまま診察を受けることが多々あります。産後すぐのママは、診察に便利な前開きのパジャマやネグリジェで過ごす方が多いのではないでしょうか。産後は授乳や悪露でウエアを汚すことも多々ありますので、着替えを数枚用意しておくことも大切です。

お見舞いに来てくれる人ともルームウエアで会うことになります。来てくれた人が目の前にいるのにも関わらず、赤ちゃんはおっぱいを要求してきます。そんなときに恥ずかしくならないような授乳可能なものを用意しておくのもよいですね。

マタニティパジャマでももちろん大丈夫!

入院中はもちろんマタニティパジャマでも大丈夫ですよ。選ぶときは、まず前開きかどうかを確認してください。帝王切開等の手術での出産ですと管をたくさんつけることになるので、診察や処置が簡単にできます。袖口などが伸縮性のあるものですと、注射や点滴などの処置がしやすくなります。半袖もよいのですが、病院内は温度が一定保たれているため、薄手の長袖のほうが調節しやすいのではないでしょうか。カーディガンやパーカなど羽織ることのできるものを持っていくのもよいですね。

素材は汗を吸い取ってくれるコットン100%のものがおすすめです。そして入院中はあまり締め付けるものはよくないので、パジャマのズボンは伸縮性のあるゴムのものにしましょう。

出産後も使えるルームウエアの選び方のコツ

授乳しやすい前開きのものを選ぶ

ルームウエアを選ぶ際赤ちゃんの心地よさを考えるのが第一ですが、ママがかわいいルームウエアが着たい!という気持ちがあるのも素敵なことですよね。マタニティの間しか着用できないものですともったいないので、産後のことを考えて授乳口のついたものや、前が開くデザインのものを選ぶことをおすすめします。

胸の部分だけが開くようにできているタイプのものは、ママを冷えから守るのと同時に赤ちゃんの欲求を満たすのにぴったりです。例えばTシャツのようなタイプのものですと、まくり上げなければならないため授乳中ママのおなかが冷えますし、サッとおっぱいを出すことができないので赤ちゃんを長く泣かせることになります。授乳口付きのものを選ぶと快適に過ごせますよ。

肌が敏感になる産前産後は素材選びも大事

妊娠中や産後のママのお肌は、自分で思っている以上に敏感になっています。もともと敏感肌の方はもちろんのことですが、妊娠してからホルモンバランスが変化し、体質が変わる方も多くみられます。お肌に優しいオーガニックコットンや、伸縮性に優れている触り心地のよい素材のものを選ぶようにしましょう。

洗濯機で簡単にジャブジャブ洗えるウォッシャブル素材のものを選ぶとよいでしょう。赤ちゃんとの生活は思った以上に時間がありません。身重のママや忙しいママのためにも、ストレスのかからない素材選びを心がけてください。

ママのウエアは赤ちゃんも触れますよね。赤ちゃんのお肌に優しい素材の物を選ぶことも大切なことの一つです。

急激な体形変化に合わせられるものがよい

初めて出産を控えたままにとってマタニティ、ルームウエアのサイズ、気になりますよね。ましてや通販などで購入を予定している方は品物を見ずに買うのですから、余計に迷ってしまいますよね。

おなかに赤ちゃんがいないときはSサイズだったけれども出産までに20kgも増えてしまった方や、胸のサイズが3カップも大きくなった方など、妊婦さんによってもかなり異なります。伸縮性のある素材のものや締め付け感のないもの、またアジャスター付きでウエスト調整のできるものなど、腹囲や胸囲のサイズをしっかり測って、ルームウエアのサイズと照らし合わせてみてくださいね。大きくなることを予想してサイズ選びは慎重にすることをおすすめします。

出産前後に着られてかわいいルームウエア

王道の「エンジェリーベ」なら間違いなし

エンジェリーベはマタニティウエアとベビーウエアとギフト通販のショップです。マタニティウエアとは思えない素敵なデザインのものが多く産後も着られること間違いなしでしょう。私の周りでもおしゃれな友人はこちらのものを着ていました。しかもお値段も高すぎず安すぎずちょうどよいので、おすすめです。

実店舗は大阪の難波駅、東京は原宿と水天宮前にあります。近くにお住まいの方はぜひ足を運んでみてください。スタッフの方が取り扱いの仕方のアドバイスや妊娠期に応じたサイズ選びのお手伝いして下さるので、安心してお買い物できることでしょう。妊婦は身重ですから通販サイトやカタログでじっくりご自身のサイズを確認して、お家でゆっくりと購入するのも楽しみの一つですね。
29 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事