就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

土日に出産すると何が違う?医療費や知っておきたいポイントを紹介

土日に出産すると何が違う?医療費や知っておきたいポイントを紹介

予定帝王切開を除いて、多くの出産では赤ちゃんが産まれる運命の日を予測することが難しいです。しかし、出産日が平日なのか休日なのか、時間帯によっても多くの違いが出てきます。土日に出産する際にかかる費用やメリット、デメリットについて詳しくご紹介したいと思います。

土日や夜間に出産すると医療費は高くなる?

土曜日の8時前と正午以降は時間外加算

もしも、土曜日に出産することになったら出産費用は平日よりも割り増しになるのかとても気になるりますよね。答えはイエス、ノー、どちらの可能性もあります。

病院の医療費計算は、基本的には平日8時から18時まで、土曜日であれば8時から正午までが加算のない通常料金です。ただし、平日には3時間程お昼休憩のある病院も多く、その時間内での受診には時間外加算がされます。

土曜日も同様、8時前や正午以降の受診では時間外加算がされますので少し割高にはなります。急を要する場合には時間など気にしてはいられませんが、まだまだ余裕があるなと感じる場合には時間の調節をしてみてもよいかもしれませんね。

ただし、受診の判断は病院に尋ねてくださいね。

日曜日、祝日、年末年始は休日加算

日曜日、祝日、年末年始は、病院の診療もお休みになる場合が多いです。病院が休診のときに出産になった場合、出産費用には休日加算という加算がされます。

ただ、休日加算で一つ注意したいのが休日での出産でも時間帯が22時から6時までの時間内である場合、休日加算でなく深夜加算が算定されます。

休日加算と名前だけ聞くとどれほどの料金が加算されるのかとハラハラしてしまうかもしれませんが、出産費用が倍になったり、十万単位の追加請求があるわけではありません。病院によっても多少は異なりますが、だいたい数万円の追加でおさまるはずなので、莫大な請求がきて困ってしまったということはまずありませんので安心してくださいね。

22時から6時までは深夜加算

時間外加算や休日加算は、診療時間や平日、休日かによって加算項目が異なります。しかし、どの日にちであっても22時から6時までの間に出産がある場合には、深夜加算という加算が算定されます。

深夜加算もほかの加算と同様、どの程度加算料金がされるのか気になるママが多いとは思いますが、こちらも休日加算と同じ程度、数万円の追加料金だと思っていてよいでしょう。

あくまで噂ではありますが、出産は夜に多いといいますよね。平日の診療時間内に出産のタイミングが合えば万々歳ですが、深夜になる可能性も十分にあると考えておけば医療費工面についての心配も多少は減るのではないでしょうか。

病院でだいたいの出産費用を教えてもらうこともできますので事前に確認してみてくださいね。

土日に出産をすることのメリット

パパが休みだとママも安心して出産できる

平日ですとパパも仕事で近くにいない場合が多いですよね。特に初めての出産の場合、どんな流れでどのくらいの痛みが何時間続くのかもわからず、未知の世界といってもいいくらいです。

先輩ママからあれこれ出産話を聞いていれば不安はどんどん増すばかりですし、1人で挑むとなるとさらに恐怖感が増します。土日に出産する場合、パパが近くにいてくれる可能性が増えますね。

近くに誰かがいてくれるということは気持ち的にとても余裕ができます。万が一、緊急事態が起きたとしてもすぐに病院へ連絡してくれたり、すぐに向かうことできます。

病院に到着してからも分娩室に移動するまでは看護師がつきっきりではないのでそこにパパがいてくれるというのはとても心強いですよ。

平日だと仕事を休みづらいパパが多い

出産は人生の中で一大イベントだともいえますよね。しかし、パパの場合には出産がとても重要だとは分かっていても仕事を休むことが難しい場合もあります。

予定帝王切開であれば、この日が出産日になるだろうとほぼ確実な予測ができます。その日に合わせて有休をとったり、シフトの調整をすればママの出産に付き添うことができますよね。

しかし、普通分娩の場合には陣痛がきてから長時間になることが高く出産直前になったと思ってもそこから日をまたいでしまうという可能性もあります。出産への理解がとても高い職場であれば数日お休みをとることもできるかもしれませんが、仕事量やスタッフの数の兼ね合いなどで難しい場合が多いようです。

立会い出産をしやすい

赤ちゃんが産まれるその瞬間が見られるのはたった一度きりです。その貴重な瞬間に立ち会うことはとても感動的できっと涙を流してしまうでしょう。

平日ですと、仕事中に出産間近と連絡がきてから病院に向かう可能性が高くなりますよね。仕事をすぐに切り上げて向かえればよいのですが、キリのいいところまで済ませてから向かうとなると到着したときには赤ちゃんがすでに産まれた後だったということもあります。

土日の出産ですと、陣痛が始まった時点からママのそばについてあげることができますし、ママが病院へ移動してパパが自宅待機であったとしても連絡が入り次第すぐに駆けつけることもできますよね。

立会い出産は一生の思い出になりますのでぜひ参加してみてくださいね。

土日に出産をすることのデメリット

病院や診療所が休みの場合が多い

病院や診療所の多くは、土日休みの場合がほとんどです。救急車の受け入れがあるような大きな病院であれば365日24時間受け入れ体制がありますが地域によっては近くにそういった病院がないということも考えられますよね。

妊娠出産において、「絶対に大丈夫」はありません。何のトラブルもなく無事に出産を終えるママもいますし、予想もしない緊急事態が起こる可能性もあります。平日であれば病院や診療所も診察を行っていますのですぐに対応することが可能です。

土日の出産がとてもリスクがあるという訳ではありませんが、あらゆる事態を想定した場合に病院や診療所の休診が多いということはデメリットの一つにあたるといえるかもしれません。

医師が居なかったり少ない

かかりつけの産婦人科であっても、土日の場合には担当医が病院外にいてオンコールがあってから駆け付けるという場合もあります。平日の診察時間内でしたらそういったことはまずありませんよね。

診察を一旦ストップして医師は出産の処置を行います。土日の場合には医師が来るまでに時間がかかる可能性もありますし、複数医師がいる病院では担当医以外の医師が出産を担当することもあります。

また、出産時にトラブルがある場合ほかの科の医師が処置を行うこともありますが、そのときにも専門の医師がいなかったり対応が遅れることもあります。特に心配なのが小児科医の対応が早急にできるかという点です。

産まれて間もなくの赤ちゃんにトラブルが起こると一刻も早い処置が必要になります。

職員が少ないので手続きに時間がかかる

病院の受付スタッフは、基本的には平日に会計処理や保険などの手続きを行います。個人病院の場合には受付スタッフが不在であったり、大きい病院であっても人数が少なく手続きの対応に時間がかかることもあります。

また、看護師や医師の数も平日よりも人数が少なくなりますので病棟内での処置対応が遅くなる場合もあります。もちろん、緊急度に応じて優先順位がありますので危険な状態のまま後回しになるということはありませんが、急を要しない場合には早急な対応が難しいこともあります。

台風や満月が重なると出産ラッシュになるというジンクスがありますよね。これは本当らしく医療スタッフもそわそわするようですよ。

土日にこれらの条件が重ならないことを願うばかりですね。

まとめ

出産日が平日であっても休日であっても無事に出産を終えるように医療スタッフが全力を尽くしてくれるのには違いありません。

曜日や時間帯で医療費の割り増しがあるかもしれないというデメリットがありますが、休日に出産することでパパが立ち会えたりママの支えになるというメリットもあります。

一番大切なのは病院もママも出産に関わるすべての人が万全の体勢で赤ちゃんを迎えることです。1人の赤ちゃんに対して出産は1度きりなので思い出になるような出産日を迎えられるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018