就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産は誰でも不安を感じやすい。よくある不安と気持ちを軽くする方法

出産は誰でも不安を感じやすい。よくある不安と気持ちを軽くする方法

つわりの日々をのりこえ、毎日大きくなっていくお腹…赤ちゃんに会えるまで、あともう少しですね。わが子の誕生は本当に喜ばしいことですが、出産はママにとって大仕事です。嬉しいだけではなく、不安もたくさんあって当然かと思います。出産に関わる様々な不安と、どのように対処すればよいのか見ていきましょう。

初めての出産のとき感じやすい不安は?

耐えられないほどの陣痛だったらどうしよう

出産というと何よりもまず不安になることは、やはり陣痛の痛みです。「鼻の穴からスイカを出すようなもの」というたとえをよく聞きますが、それだけとても大変なことだということが伝わってきます。

「お腹をひどく壊したような痛み」「生理痛を何倍も重くしたような痛み」など、分かりやすい例が挙がることもありますが、果たして自分がそんな痛みに長時間耐えていられるのか、と想像するだけで怖くなってしまいますね。

陣痛の痛さも、出産までの時間の長さも個人差があるので、ある人が「ものすごく痛い」と思っていても、ある人は「そうでもなかった」ということもあるため「痛み」がどのようなものか想像できないことも、余計に不安が高まってしまいそうですね。

1人でも冷静に入院できるだろうか

赤ちゃんができると産院で出産予定日を教えてもらえますが、この予定日はあくまで「予定」なので、「必ずこの日に誕生します」ということではないのは、ご存じかと思います。とくに初産のママは予定日とずれることが多いです。

予定日が近くなれば、ある程度の準備や気持ちを落ち着かせることも考えられますが、ある日突然強い陣痛が起きたり、破水してしまったり、しかもそんなときに家や外出先で1人だったとしたら、どうすればよいのか慌ててしまいますね。

入院に必要な荷物をまとめて、パパやほかの家族へ連絡をして、病院までタクシーを呼んで乗って…と、想像もできない痛みを味わう中で、自分だけでここまでのことができるのだろうかと不安になる方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんに障がいがあったらどうしよう

現代の日本の医療技術はとても優れていて、とくに妊産婦や乳幼児の死亡率は、世界中でも少ない方です。しかし死亡とまではいかなくても、何らかの疾患や予期せぬ事故などで、生まれてくる赤ちゃんに障がいがあるということもあり得ない話ではありません。

最近は晩婚化も進み、初産の平均年齢も上がっているため「高齢出産」という言葉もよく聞くようになりましたが、高齢出産は「障がい児が産まれてくるリスクが高い」という結果も出ています。

もし自分の子どもに障がいがあったら…といった話題は、障がい者の方やご家族の方に対して不謹慎ではないかという世間の目もあり、デリケートな問題のため声に出して相談することもなかなかできず、悩んでしまうママもいることでしょう。

経産婦さんが抱えやすい出産の不安は?

経験があるからこそ怖い出産の痛さ

経産婦とは、出産の経験が一回以上ある妊婦さんを指します。初産婦とくらべて子宮頸管がやわらかく子宮口も開きやすくなっているため、一般的には初めてのお産より分娩が早く進むことが多いといわれています。

一度出産を経験したのだから不安はないかといえば、決してそのようなことはありません。1人目のときにあまりの痛みでパニックになってしまっていたり、何らかのトラブルがあって大変な思いをしていたりといったことがあれば、なおさら次のお産も不安になってしまいますね。

何より二回目、三回目であっても同じ出産は二度とこないのです。初めてが安産だったとはいえ次もまったく同じように産めるとは限らないため、出産は何回経験しても心配が尽きませんね。

出産時、入院中の上の子が気がかり

二回目以降の出産となると初めての出産とは違い、産まれてくる赤ちゃんの心配をするだけでなく、お兄ちゃん・お姉ちゃんとなる上の子も気にかけなくてはいけません。

とくに、上の子の年齢がまだ幼くあまり赤ちゃんと変わらないと余計に心配になりますね。上の子が未就園児の場合は、今までママとはなれることがなく、預けられた経験もないということが多くあるため、出産や入院をきっかけに初めてママと長時間はなればなれになることに対して不安定になりがちです。

ママも上の子を預けるのが初めてとなると、自分のいない間わが子がどうしているのか気になってしまいますね。パパや実家の両親などに見てもらえればまだ安心ですが、一時保育などは子どもが慣れるまで少し時間が必要ですね。

上の子、下の子、両方の育児ができるか

1人目の出産や育児を通してママはたくさんの経験をしました。とくに、生まれて間もない赤ちゃんは睡眠時間も不規則で授乳も頻繁なため、ママは産後とはいえなかなか休めません。新生児のお世話がとても大変ということを理解しているがゆえに、これからその新生児と上の子を両方育てていかなければいけない、というプレッシャーがあります。

さらに、上の子がイヤイヤ期の真っ最中であったり、ママを取られた寂しさから赤ちゃん返りをしてしまったりといった問題も出てくるため、1人っ子を育てていたときのようにはいかなくなりますね。

完璧主義の真面目なママほど、子どもが1人のときと同じような育児をしようとして理想と現実の壁にぶつかってしまうことが多いといわれています。

不安障害を抱えている妊婦さんの不安

パニックを起こさないか不安

不安障害とは、日々の中で感じる不安が日常生活に支障をきたすほど影響を与えてしまうような症状を指します。

人は初めての経験や慣れない環境に不安を感じることがありますが、これは自然なことです。不安な気持ちが身体への信号となり、「気をつけよう」「集中しよう」といった緊張感や集中力を身につけてくれます。しかし、このような気持ちが強すぎると極度の緊張で体調不良に陥ったり、動悸や呼吸困難などの発作をおこしてパニックになってしまったりといったことがおきます。

こういった症状がとくにない女性でも、初めての出産は何かと不安になることが多いと思いますが、このような症状の自覚がある方が妊娠、出産をするとなるとより一層不安感が増してしまうので注意が必要です。

産後の入院生活についての不安

不安障害の症状の中には、特定の場所(エレベーターのような狭い空間や人混み)が苦手で、気分が悪くなったりパニックをおこしてしまったりといったこともあります。また、自分のよく知らない、慣れていない場所ではさらに不安感が増し、その結果パニック発作をおこしやすくなってしまうため家から出られない方もいるそうです。

出産のためとはいえ、自宅とちがい慣れない病院にしばらく居なければならないとなると、不安を感じてしまうのは当然ですね。

とくに産後の女性はホルモンバランスが通常時より大きく乱れるため、情緒がかなり不安定になりやすく、産後うつになる可能性が高まります。出産後の不安定な気持ちで慣れない入院生活を過ごすのは、心身に大きな負担をかけてしまうのですね。

不安障害を理解してもらえているか不安

出産には、パパをはじめ周囲の人達のサポートが必要なときがあります。とくに、ママが不安な気持ちになっているときは周りの支えが重要になってきますね。

不安障害である場合ももちろん、パパやほかの家族、お医者さんなどに自分の状態を理解してもらい、不安なときは周囲に助けを求められることが一番です。しかし、こころの病気はなかなか目に見えないため、周りからは「気の持ちよう」「考えすぎ」と、発作をおこすほど不安な気持ちを理解してもらえないこともあります。

出産や産後の入院生活に関しても、まず大切なことは自分が不安障害であるということを周囲にきちんと受け止めてもらうことです。パパや家族だけでなく、産科と心療内科の医師とも相談をして出産に臨めることが理想ですね。

帝王切開が怖いという妊婦さんの気持ち

予定帝王切開の場合の不安

現在の日本では、およそ5人に1人の赤ちゃんが帝王切開によって誕生しています。帝王切開による出産の背景には、医療技術の進歩により昔は出産が困難だった逆子や多胎児などもさらに安全に出産ができるようになったためです。帝王切開は無事赤ちゃんを出産するためにも、大切な医療行為なのですね。

帝王切開となる理由は様々ですが、これから帝王切開をする予定のあるママは、事前にお医者さんより伝えられているとはいえ不安になったことでしょう。

もし自分が病気で手術をするとなったら、想像するだけでも怖く感じてしまいます。出産は病気ではないので、健康な身体へメスを入れることを考えるとさらに不安になってしまいますね。麻酔をするとはいえ、お腹を切るという未知の行為に恐怖感が独り歩きしてしまいそうです。

麻酔の効き具合、術後の痛み、お腹に傷あとがどの程度残るかなど、気になることはたくさんありますが、どれも個人差があります。初めて手術を受けるさいは、当日の流れを知るためにも体験談などを調べ把握しておくことも、不安を柔らげるために有効ですよ。

緊急で帝王切開になったら、と思う不安

もともと経膣分娩の予定であっても、予期せぬトラブルがおき緊急で帝王切開をしなければならない場合もあります。

具体的にどのような状況でなるのかというと、赤ちゃん自身の循環器や呼吸などにトラブルがおき、酸素が届かず赤ちゃんが弱ってしまったり、何らかの異常で出産の前に胎盤がはがれてしまったり、また妊娠高血圧症や陣痛前に破水が始まってしまったなど、ママと赤ちゃんに危険が迫っている場合が挙げられます。

ほかには、陣痛が微弱で出産に時間がかかってしまう、赤ちゃんの身体の向きがうまく変えられずお腹からスムーズに出てこられないといったことでも、お産での赤ちゃんへの負担を軽減するために緊急帝王切開に移行することがあります。

これまで普通の分娩で出産をするつもりでいたのに、間際になりいきなり帝王切開となると驚きますね。赤ちゃんに何かあったらと思うと、とても不安な気持ちになることでしょう。しかし、医師が帝王切開を選択するということは、母子の安全のための最善策を考えてのことかと思います。赤ちゃんとママ自身のためにも、必要なことと考えましょう。

不安を少しでも軽くするコツや方法は?

家族や頼れる人と入院前後の相談を密に

出産に対しての不安な気持ちは、突然の陣痛など予測不能な事態に対してが大きいため、できることからあらかじめ準備をしておきましょう。

これから協力して子育てをしていくパパはもちろんのこと、出産当日や産後に頼ることになる家族とも、いざというときの行動についてよく話し合っておきましょう。気になることは産科の医師や助産師さんに相談してもよいでしょう。とくに不安障害のあるママは、服薬の相談などかかりつけの心療内科医がいる場合は連絡を密にとり、産科の医師と連携してもらいましょう。

産前、産後にどのようなことをすればよいか、入院の準備や陣痛タクシーの登録など周りの頼れる人たちと事前に話をして準備をしておくと、いざというときも落ち着いて対処ができますよ。

リラックス効果のあるものを試してみよう

出産まで常に不安な気持ちを抱えているのは、緊張しますし疲れてしまいますね。事前の準備や心構えももちろん大切ですが、たまには不安な気持ちを忘れてリラックスしましょう。

リラックス効果のあるアロマなど、自分の好きな香りを楽しんだり、お気に入りのクッションにもたれてひと休みしたりもいいですね。好きな音楽を聞きながらウォーキングなどの軽い運動も、心地よく汗をかけてストレスを解消できるのでおすすめですよ。妊娠中は体重制限も気になるかと思いますが、好きなおやつもたまにはがまんせずに食べてしまいましょう。ノンカフェインでも美味しいコーヒーやお茶もあります。

上の子がまだ幼い場合は、パパに少しだけ預かってもらい、1人でゆったり過ごせるときを作りましょう。

不安な気持ちを1人で抱え込まないで

ここまで様々な不安の要因や、対処方をお伝えしてきましたが、大切なことは「あなたは決して1人ではない」ということです。

どうしても不安な気持ちがぬぐいきれないときは、パパや身近な家族、医師や助産師さんに自分の正直な気持ちを打ち明けましょう。同じ立場である妊娠中のママや、すでに出産を終えた先輩ママに相談するのもよいかと思います。つらい気持ちを1人で抱え込むことはせずに、吐き出せる場所を見つけましょう。

そして何よりも、一番そばにはお腹の中で誕生の瞬間を待っているわが子がいます。お産はママ1人だけではなく、お腹の赤ちゃんも一緒になって2人で力を合わせて進めるものです。赤ちゃんはママと同じ思いを抱いて寄り添ってくれていることを思い出してくださいね。

まとめ

妊娠・出産は、女性の人生の中で心身に大きな変化をもたらします。

陣痛の痛みや手術のリスク、産後のことなど、考えなければいけないことはたくさんありますが「案ずるより産むが易し」という言葉の通り、どんなに不安であってもいざ出産となれば自然とその状況を受け入れることができるといいます。女性の芯の強さはすばらしいですね。

かわいい赤ちゃんをその腕に抱ける日までもう少しです。不安な気持ちだけではなく、楽しみな気持ちでぜひ出産に臨んでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018