就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊娠40週、もうすぐ出産!?気になる出産の兆候と過ごし方

妊娠40週、もうすぐ出産!?気になる出産の兆候と過ごし方

正産期に入ってから、「いよいよ出産が近い!」とドキドキしているママ、妊娠40週目前にしてなんの兆候もないと少し不安になりますね。そもそもお産の兆候ってどんなものなのか、経験がなければわからないですよね。そこで今回は、妊娠40週のママと赤ちゃんの身体を知り、出産の兆候と過ごし方について紹介してきます。

妊娠40週の赤ちゃんとママの身体の状態

妊娠40週の赤ちゃんの様子

妊娠40週0日といえば、赤ちゃんの出産予定日です。この日を迎えても、これといった変化がない場合、ママとしては少し不安な気持ちになると思います。時が来れば、赤ちゃんは必ず生まれてきます。しかしそれはいったいいつなのか…分からないからこそ不安も大きいですよね。

妊娠40週の赤ちゃんは、すでに身体のほとんどの器官が完成していて、いつ生まれても大丈夫な状態まで成長しています。
【妊娠40週頃の赤ちゃん】
・身長約48~50cm
・体重約2800~3500g
・髪の毛が生えている
・いつでも声が出せる
・哺乳のため、口の周りの筋肉が発達している
・排泄ができる など

生まれてから外の世界でしっかりと生きられるように、身体に皮下脂肪をためています。さらに、産後ママのおっぱいをもらうまでの間をつなぐための栄養と水分も蓄えているのです。

また、生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の頭に、白いプツプツが出ていることがありますが、これは「鼻皮脂(びひし)」と呼ばれるもので、十分に成長した赤ちゃんに多く見られ、お腹の中で十分に栄養が足りていた証といわれています。

妊娠40週のママの身体の変化

生まれる準備ができているのは赤ちゃんだけではありません。ママの身体も、お産に向けて準備が整ってきています。

【妊娠40週頃のママの身体】
・子宮が下がってくる…胃がすっきりした感じになりますが、食べ過ぎるとすぐに太ってしまう時期でもあるので注意が必要です。また、下がってきた子宮に膀胱が押されるため、頻尿になりがちです。
・骨盤や骨盤周りの筋肉が緩む…腰痛や恥骨痛、股関節痛などがおこりやすくなります。
・乳腺が発達し、胸が大きくなる…産後すぐに授乳が始められるように、乳腺が発達します。
・頻繁にお腹が張る…お産に向けて、徐々に子宮が収縮し始めます。
・血液量の増加…出産に向けて血液量が最大になります。水分を多く含んだ血液で、むくみの原因となることもあります。
・眠りが浅くなる…ホルモンバランスや激しい胎動などにより、夜の眠りが浅くなります。

ママにとっては痛みや苦しみをともなう変化も多いですね。しかしこれらの状態はずっと続くわけではありません。赤ちゃんが産まれれば、解消するものが多いので、最後の頑張りと思って乗り切ってくださいね。

いつ赤ちゃんに会える?お産の兆候とは?

お産が始まる3つの兆候

【おしるし】
「おしるし」とは、卵膜が剥がれることで起こる少量の出血のことです。子宮口が開き始め、お産が近いというサインになります。おしるしの量や色には個人差があり、中には「まったくなかった」というママもいるようです。

【前駆陣痛】
本陣痛の前に起こる不規則なお腹の張りのこと。長い人では数日続く場合もあります。初産では本陣痛との違いが分かりにくいため、張りが起きているときの時間を図るなどして、間隔をカウントするとよいですよ。

【破水】
卵膜が破れて、羊水が外に流れ出した状態のことをいいます。通常、子宮口全開大のときに起こりますが、陣痛前に破水することもあります。この場合、赤ちゃんに感染症などの危険があるため、すぐに産院に連絡する必要があります。

妊娠40週で出産する人は34.9%

妊娠40週0日が「出産予定日」ですが、あくまでも「出産の可能性が高い日」であって、予定日当日に生まれる赤ちゃんの割合は、全体の5~6%程度だといわれています。約20人に1人なので、予定日ピッタリに生まれるの人は意外と少ないということですね。

ある調査結果によると、最も出産が多いのは妊娠40週であることがわかります。

【出産したときの妊娠週数の割合】
妊娠38週…12.5%
妊娠39週…30.8%
妊娠40週…34.9%
妊娠41週…18.1%

約1/3のママが、妊娠40週目に出産しているようです。いつ生まれるかは誰にもわからないことなので、参考程度に考えるべきですが、確率としては一番高い時期といえそうですね。

妊娠40週で出産した人の体験記

【40週2日で出産したママAさん】
予定日がクリスマスイブだったので、「ぜひとも予定日通りに産みたい!」と思っていました。前日までは何も変化ありませんでしたが、イブの朝、待望の「おしるし」があり、さらに陣痛らしき痛みも始まり、期待して産院に行きました。

しかし子宮口が全然開いていなくて自宅に帰され、そこから2日間前駆陣痛が続いて、結局出産は予定日から2日遅れの12月26日でした。

【40週3日で出産したママBさん】
妊娠7カ月頃から、子宮頚管が短いとのことで自宅安静の日々でした。そのため出産は予定日より早まると思っていましたが、予定日になっても陣痛が始まる気配がなく、ひたすら歩いたり、スクワットしたりしました。2日遅れましたが、安産でよかったです。

出産までにやっておくべき3つのこと

出産入院のための準備

出産のための入院準備は、もうできていますか?40週目前でまだという人は、いつ入院になってもよいように、しっかりと準備しておきましょう。すでに準備できているというママも、もう一度確認しておくことをおすすめします。

雑誌やネットの情報を参考に、使う時期や用途別に袋を分けて準備すると便利ですよ。
・入院手続きに必要なもの
・出産の際必要なもの
・産後、ママの入院生活に必要なもの
・赤ちゃんの入院生活に必要なもの
・赤ちゃんが退院するときに必要なもの
・帰宅した後のママと赤ちゃんに必要なもの など

入院に必要なものだけでなく、産後は出生届をはじめとして役所ですべき手続きがたくさんあります。申請期限が決まっているので、事前に確認しておくとよいですよ。

出産に備えてゆっくり休もう

「産後は寝る暇もないくらい忙しいから、今のうちにたっぷり休んでおいた方がいいよ」という先輩ママのアドバイスを受けた人も多いのではないでしょうか。おむつ替えや授乳が頻回で、とにかく休む暇がなくなることは覚悟しておいた方がよいでしょう。

産後の赤ちゃんのお世話ものため、という意味もありますが、身体を休めるのは妊娠最後の大仕事である「出産」のためでもあります。長い人では数日にも及ぶ陣痛。痛みに耐えながら全身の力を振り絞っていきむのは、本当に体力を消耗します。

出産翌日に全身筋肉痛になった、というママも多いほどです。また、いったん陣痛が始まると、赤ちゃんが産まれるまでずっと続くことになるので、場合によっては出産が徹夜になることもあるでしょう。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC