就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産のときにつけるモニターの役割は?表示される内容や数値の見方

出産のときにつけるモニターの役割は?表示される内容や数値の見方

出産間近の妊婦健診と出産のときにお腹にモニターをつけますが、初めて聞いたときには「モニターってなんだろう」と思う人もいますよね。出産を経験していてもグラフの見方までは知らないというママもいます。今回は、モニターから分かること、数値や曲線の見方について紹介します。

出産時につけるモニターから分かること

陣痛の起こり方や胎児の健康状態

胎児がママのお腹から出てくるのは、ほんの数10cmの短い移動です。しかしこれは本当に危険で大変な旅です。そのため産院では、胎児の様子とママの子宮の状態を常に把握することで、安心して出産できるようにしています。

出産するときにつけるモニターを「分娩監視装置」といいます。ママのお腹に巻いているものには、2種類のマイクロホンがついています。このマイクロホンが胎児の心臓の音とママの子宮の収縮状態をキャッチして、2本のグラフにしていきます。

陣痛が始まって産院に行くと、まず、胎児が元気であることを確認するために分娩監視装置をつけます。その後は必要に応じてグラフを確認し、分娩体位になってから生まれるまでは、ずっとモニターを取り続けているのです。

上段は胎児の心拍数や胎動

上のグラフから分かるのは、胎児の心拍数の変化や胎動です。心音プローブとよばれる、胎児の心拍数をキャッチするマイクロホンは、胎児の心拍が一番よく聞こえるところにつけないとノイズが多くてしっかり測定できなくなってしまいます。ですので双子の場合は二つ、三つ子の場合は三つつけて測定します。

横軸は時間を表しています。記録紙により、1分間を1cmで表すものと1分間を3cmで表すものがあります。胎児の心拍のちょっとした変化を目で見てすぐに確認するためには、1分間を3cmで表す記録紙の方がよいといわれています。

縦軸は胎児の心拍数(bpm)を表しています。ひと目盛りは30bpmで、最高240bpmまで記録できるようになっています。

下段は陣痛の程度が分かる子宮の収縮の様子

下のグラフから分かるのは、子宮の収縮状態です。子宮収縮計という、お腹の張りをキャッチするマイクロホンを子宮底につけて測定します。

横軸は時間、縦軸は子宮収縮圧(mmHg)を表しています。一直線のグラフが子宮が収縮したときに山型になります。この時期は陣痛の準備である前駆陣痛が始まっているため、検査中に1回くらいお腹が張る程度でしたら大丈夫です。予定日が近づくと回数が増えていきますよ。

早産の時期にお腹が張る回数が多かったり痛みがともなったりするときは切迫早産と診断され、薬を内服するか入院することになります。

また、お腹が張ったときに胎児の心拍が下がる場合は、陣痛時の強いお腹の張りに胎児が耐えられない可能性があるので帝王切開への変更も考えます。

上段の胎児心拍数モニタリングの数値の見方

基準心拍数は110~160bpmが目安

胎児の心拍数のグラフは、ギザギザが多いときほど元気だといえます。1分間の心拍数は110~160bpmだと正常脈の範囲です。心拍が高く161bpm以上になることを頻脈といい、心拍が低く109bpm以下になることを徐脈といいます。

胎児の状態がよいとき、「基線細変動」という心拍数のゆらぎ(細かい変化)があります。妊娠後半期の胎児は、通常6~25bpmほどのゆらぎがあります。

妊婦健診のモニター時間は30~40分だと説明されますよね。胎児はお腹の中で20~40分ごとに寝たり起きたりしています。眠っている間はゆらぎが減るので、モニターでは両方の心拍を確認します。ですのでタイミングによって20分ほどで終了したり少し追加したりすることもあります。

20分で2回ほど数値が高くなれば元気の証

胎児が体を動かすと、ママは胎動として感じることができますよね。実はこの胎動の頻度も、胎児が元気に成長しているのかを知る大事な基準なのです。

大人も走ったり運動したりすると心拍があがりますよね。胎児も同じように動いたときに心拍があがり、これを「一過性頻脈(いっかせいひんみゃく)」といいます。グラフを見てみると、心拍がギザギザ波打っている間に一時的に心拍があがって山型になる場所があり、これが一定の割合で起こると胎児が元気に動いていることが分かります。

妊娠中は20分間計測をしている間に、心拍数15bpm以上が15秒以上続く一過性頻脈が2回以上あれば問題ないとされ、胎児が元気に動いている証拠になります。

110bpmを下回るとトラブルの可能性

胎盤の機能が落ちたり胎児の元気がなかったりするときに、胎児の心拍数が下がって109bpm以下になることがあり、この部分を「一過性徐脈(いっかせいじょみゃく)」といいます。グラフを見てみると、心拍がギザギザ波打っている間に谷ができている場所があります。

一過性徐脈の多くは子宮収縮にともなって出ますが、へその緒が圧迫されたときに出ることもあります。胎児と子宮壁の間にへその緒が挟まってしまっても姿勢が変わると治りますが、すぐに治らなかった場合、胎児が酸欠状態になってしまいます。

出産時には、胎児が酸欠状態にならないよう、心拍数をモニタリングしています。また、お産以外で下がった場合、下がり方によっては再検査、入院、緊急帝王切開になる場合があります。

陣痛の進みが分かる!子宮収縮曲線の見方

基準陣痛は3分周期で持続時間が1分

妊婦さんが陣痛の状態を正確に伝えることは難しいですよね。ですのでモニターの子宮収縮曲線を見て判断します。子宮が収縮して陣痛が起きているときを「陣痛持続時間」、休止して陣痛が起きていないときを「陣痛間欠」といいます。また、陣痛持続時間と陣痛間欠を合わせた時間を「陣痛周期」といいます。

「陣痛強度」という子宮収縮の強さは正確に測定することが難しいので、陣痛周期と陣痛持続時間を見て判断します。

普通の陣痛の場合、子宮口が4~6cmのときは陣痛周期が3分、子宮口が7~8cmのときは陣痛周期が2分半になります。このときの陣痛持続時間は70秒です。

子宮口が9~10cmから分娩台に上がる分娩第2期は陣痛周期が2分で、陣痛持続時間は1分です。

微弱陣痛だと周期が長く持続時間が短い

「微弱陣痛」には、始めから陣痛が弱い「原発性微弱陣痛」と、途中から陣痛が弱くなる「続発性微弱陣痛」があります。

微弱陣痛は、三つの項目の一つでも当てはまる場合に診断されます。
(ここでは、子宮口7~8cmの頃の例を紹介します)
・子宮内圧(正常時45mmHg)が10mmHg以下になる。
・陣痛周期(正常時2分30秒)が6分以上になる。
・陣痛持続時間(正常時70秒)が40秒以下になる。
こういった状態の場合、分娩がスムーズに進まなくなってしまいます。

通常、胎児への影響はあまりありません。前期破水したときは抗生物質などで陣痛を促します。ママの疲労と胎児や子宮の羊水感染の恐れがあるので、お産が長引くのは危険だからです。

周期が短くなり持続時間が長いと過強陣痛

「過強陣痛」とは、子宮が収縮しすぎて陣痛が強すぎることです。

過強陣痛は、三つの項目の一つでも当てはまる場合に診断されます。
(ここでは、子宮口7~8cmの頃の例を紹介します)
・子宮内圧(正常時45mmHg)が80mmHg以上になる。
・陣痛周期(正常時2分30秒)が1分以内になる。
・持続時間(正常時70秒)が2分以上になる。

こういった状態の場合、胎児が苦しくなってしまって危険です。子宮収縮の圧迫で胎児機能不全になってしまったり子宮破裂の可能性が高まってしまったりするため、改善しない場合は緊急帝王切開に変更します。また、子宮の収縮が回復した場合、それまでの子宮の疲労があるために微弱陣痛になってしまうこともあります。

まとめ

出産時につけるモニターの役割や見方、そこから分かることを紹介しました。

胎児の心音や陣痛の状態を流れで記録することで危険を早めに察知できるので、安心してお産を進めることができるのですね。

自分の数値が正常なのを見て安心できることはよいことですが、逆に心配になってしまうこともあるかもしれません。しかし大まかなことが分かっても、細かい読み方までは難しいものです。モニター画面や記録用紙を見て心配になっても、まずは先生に確認してくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018