就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れでイオンに行く人が多い理由。利用できるサービスや注意点とは

子連れでイオンに行く人が多い理由。利用できるサービスや注意点とは

最近ショッピングモールが増えてきていて、週末にはどこのショッピングモールも混雑していますよね。その中でも特にイオンは子連れで行く人が多いようです。その理由はどこにあるのでしょうか。イオンの魅力や便利なサービスのことを中心に紹介していきたいと思います。

子連れでイオンに行く人が多い理由は?

子どもが楽しめる場所が多い

イオンには、子どもが楽しめる場所が多いのです。例えば、春から夏にかけて天気のよい日には、ちょっとした水で遊べる場所があったり、毎月どこかの週末に子ども向けのイベントをおこなっていたり、イオンの中に少し子どもが遊べる場所があったりと、無料で子どもが楽しめる場所がたくさんあります。

他には有料になりますが、遊具施設の利用や、カードゲームやUFOキャッチャーで遊べる場所があり、子どもが大丈夫なのであれば託児施設の用意もあります。

例をあげても、これだけ子どもの楽しめることがたくさんあります。紹介したのは一部分なので、イオンの店舗によっては内容の異なることもありますので、ホームページで確認してから行くことをおすすめします。

フードコートで子連れでも気を遣わない

子連れで出かける際に、周りに迷惑をかけてしまわないかどうか、1番気になるのは食事するレストランではないでしょうか。

ショッピングモールであれば比較的フードコートのある所が多く、食べる物も色々と用意があり、その時の気分で選ぶことができますね。席数も相当数がありますので、常にワイワイしている印象があります。そのため子連れであっても、多少気を遣わなくてもご飯を食べることができるのは、ありがたいことですね。

お座りができるようになった赤ちゃんに子ども用椅子を使うことが可能ですし、子どもが何かをこぼしてしまってもテーブル用タオルがあるのですぐ対処することもできます。また飲み物を忘れてしまっても飲料水の用意もあるので、色々な場面で子連れに助かると思いますよ。

子どもの服も大人の服も買える

子どもと一緒の買い物は、欲しい物を買ったり探したりするのに、あちこち場所を変えることが大変ですよね。それがイオンであれば、場所を変えることなく買うことが可能です。

特に子どもの服と大人の服が、同じ場所で買えるのは便利ですよね。また洋服に限らず、日用品雑貨からおもちゃまで幅広いジャンルの物が売られているので、1日をイオンで過ごして用事も済ませることができたという人も多いのではないでしょうか。

子どもだけでなく、親にとっても助かる場所であると思います。大人の買い物に子どもが付き合うと飽きてしまい、すぐに帰りたくなりますよね。しかし、イオンであれば双方にとってうまく気晴らしができるので、楽しい1日になるのではないでしょうか。

助かることばかり!子連れに優しいサービス

ベビーカーが多く配置してある

イオンは、子連れに優しいサービスがたくさんあります。特にベビーカーに関しては色々な種類のカートが置いてあるので、月齢や用途に合わせて使用することが可能です。配置場所もさまざまな場所にあるので、ベビーカーのためにあちこち動き回らなくてよいのも助かりますね。

まだ首や腰の据わらない赤ちゃん専用のベビーカーがあります。月齢に合わせて角度の調整が可能ですし、途中で寝てしまったらフラットに近い角度まで倒すことができるので、便利ですよ。

もう一つは、2歳から使用可能なキャラクターベビーカーです。ハンドルがついていて自分が運転しているような設定のベビーカーなので、普段ベビーカーが好きではない子も、喜んで乗ってくれると思いますよ。

オムツ替えや授乳スペースがある

イオンのショッピングモールは、横に長く大きい施設の所が多いのではないでしょうか。

赤ちゃん連れに助かるように、オムツ替えは全てのトイレに備え付けがあります。ただし一カ所のトイレにつき1つしか設置されていないので、急ぎの場合はベビールームの使用をおすすめします。ベビールームには授乳スペースや、ミルク用のお湯も用意がありますよ。

トイレは、各フロアにたくさん用意があります。トイレの場所によっては子ども用トイレもありますので、トイトレ中には助かりますよね。

イオンの中は広いので、初めて行く時はベビールームや子ども用トイレの場所もわかりにくいと思います。イオンについたらマップをもらって、先に場所だけ確認することをおすすめします。

キッズスペースで退屈しない

子どもにとって、大人に付き合う買い物ほど、つまらないなぁと思うことはないのではないでしょうか。出かけても子ども中心でなければ、すぐに「早く帰ろう」という言葉が出てきますよね。

イオンには、幾つかのお店の中にキッズスペースがあります。パパやママがお買い物をしている間、お店の中で塗り絵や積み木、ブロックなどで遊ぶことが可能です。どこにいるかが把握できるので、安心して買い物を楽しむことができますよね。キッズスペースにハマってしまい、なかなか帰らなかったという話を聞いたこともあります。

同じお店の中にあるから大丈夫は油断禁物ですよ。長時間放っておくことは避けて、パパかママが傍にいられるようならば、一緒にキッズスペースで楽しみましょう。

親子で楽しむためのポイントと注意点

風邪や感染症が流行る時期は控えよう

土曜日、日曜日、祝日ともなると、朝から非常に混雑します。季節の変わり目や感染症の流行っている時期は、極力控えましょう。

とはいえ、用事だってありますし、週末だからこそ買いたい物もありますよね。しかし、行ったことで感染症や風邪にかかる確率が高くなります。用事を済ませたら長居することは避け、行くときはマスクの着用を徹底することをおすすめします。

小さい子どもはマスクを嫌がり、してくれないかもしれません。もし祖父母やパパに預けることが可能であれば、ママだけ買い物に行くなど対策が必要になります。うちはうつらないから大丈夫、という気持ちから感染症にかかったために、1週間外出できなかった話を聞くことがあります。注意しましょうね。
27 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND