就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが楽しめる三重の屋内施設!遊んで学べるおもしろスポットも

子どもが楽しめる三重の屋内施設!遊んで学べるおもしろスポットも

伊勢神宮で有名な「三重県」は、山と海に恵まれた自然豊かな地域です。国内でも有数の観光スポットとなっていて、子どもと一緒に楽しめる施設もたくさんありますよ。今回は、子どもが喜ぶ三重県の屋内施設を紹介します。遊んで学べるおもしろスポットもあるので、ぜひお出かけの参考にしてくださいね。

楽しみながらたくさん学べるスポット

忍者が体験できる「伊賀流忍者博物館」

最近は遊びながら学べる施設がなにかと話題ですよね。そこで、子どもが楽しみながら三重県を学べるスポットをいくつか紹介しましょう。

たとえば伊賀市には忍者が体験できる「伊賀流忍者博物館」があります。日本屈指の忍者「伊賀流」を体験できるとあって、国内だけでななく海外からも人気です。

施設内の「伊賀流忍者屋敷」では、スタッフが「どんでん返し」など様々なからくりの実演をしながら屋敷内を案内します。また忍者道具の展示や体験コーナーがある「忍術体験館」や、忍者の暮らしぶりや暗号や人相学などの知恵が学べる「忍者伝承館」、大迫力の「忍術ショー」もあり、どれも見応え満点です。仕かけがたくさんつまった博物館で、忍者の魅力を感じてみましょう。

三重の歴史を学ぶなら「MieMu」

三重県に遊びに来たなら、三重県の歴史などを詳しく知るよい機会ですよね。そんなときは津市にある三重県総合博物館「MieMu(ミエム)」に足を運んでみましょう。

一つの大きなスペースの基本展示室では三重県の大自然や、ゆかりのある人や物・文化の交流史、人と自然との関わり方などについて知ることができます。

なかでも、施設3階の無料スペース「子ども体験教室」はおすすめですよ。トンネルや坂道には三重県の鳥や魚などが紹介されていて、体を動かしながら学べます。絵本や図鑑などを読むコーナーもあり、ゆっくり過ごすのもよいですね。ほかにも3階には、昆虫標本やはく製が展示された「三重県実物図鑑」や「ミエゾウの全身復元骨格」もあり、フリースペースだけでも十分楽しめますよ。

地球の資源を学ぼう「川越電力館テラ46」

子どもは「なんで?」「どうして?」が好きですよね。そんな好奇心旺盛な子どもには「川越電力館テラ46」がおすすめですよ。

中部電力川越火力発電所内にあり、大きな地球儀が建物の目印です。館内は地球のエネルギー資源について見たり触れたりして、遊びながら学べる施設となっています。

3面ウィンドウで展開される地球46億年の歴史をたどる映像を見たり、クイズやゲームに挑戦したり、モニターとタッチペンを使ってお絵かきしたりしてみましょう。テーマが地球や資源とやや難しいですが、触ったり動かしたり体験できるものが多いので小さな子どもでも楽しむことができますよ。これだけ遊べて駐車場も入館も無料なので、お財布にも優しい施設となっています。

赤ちゃん連れでも安心な屋内スポット

大型児童館「三重県立みえこどもの城」

ここからは、赤ちゃん連れでも安心な屋内スポットをいくつか紹介します。どの施設も赤ちゃんが楽しむことができて、おむつ替え台や授乳室など設備も整っているので安心ですよ。

まず一つ目は、大型児童館「三重県立みえこどもの城」です。松阪市中部台公園の中にある児童館で、プラネタリウムやワークショップ、クライミングも楽しめるプレイランドなどがあります。

小さな赤ちゃんならプレイランドの遊具で体を動かした後は、マットが敷かれた絵本コーナーでゆっくり絵本を楽しむのもよいですね。また積み木の「カプラ」で自由に遊ぶものおすすめです。施設内には飲食可能なスペースもあります。公園内にあるので、天気のよい日は外に出て芝生で遊んだり散歩したりもできますよ。

「名古屋アンパンマンこどもミュージアム」

二つ目は「アンパンマン」といっぱい遊べる「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」です。「名古屋」となっていますが実は三重県の桑名市にありますよ。

施設にある屋内ミュージアムなら、天候を気にせず遊べます。室内には虹の滑り台などの屋内遊具やアニメの世界を表現した巨大ジオラマなどがあり、アンパンマンと一緒に歌って踊れるミニステージも開催されているので楽しく遊んでみましょう。

また外にあるボールパークも虹色の大きな屋根がついているので、雨でも大丈夫です。キャラクターグリーティングも行われていてるので、一緒に写真を撮れば素敵な思い出になりますね。ここでしか買えないグッズや、キャラクターパンもぜひチェックしてみてください。

年の差きょうだいも大満足「おやつタウン」

三つ目に紹介するのは、今年2019年7月にオープンしたばかりの「おやつタウン」です。津市にあり、家族みんなが笑顔になれるベビースターラーメン工場一体型のテーマパークとなっています。

パーク内ではオリジナルべビースターラーメンを作ったり、屋内型国内最大級のアスレチックで体を動かして遊んだり、ベビースターを使った料理を味わったりしてみましょう。もちろん赤ちゃんも楽しめるように、段ボールをリメイクしたリトルタウンもありますよ。

人気のスポットなので、先着順の当日券が完売となることもあるようです。そのためお出かけの日程が決まっている場合は、事前に公式サイトの来園予約ページからチケットを購入しておくことをおすすめします。

水族館が豊富な三重で海の生き物に触れよう

動物との距離が近い「伊勢シーパラダイス」

三重県の伊勢志摩半島は豊かな海に面しています。そのため水族館が三つもあり、海の生き物を見るにはピッタリの場所ですよ。それぞれ紹介しましょう。

まずは「伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス(伊勢シーパラダイス)」です。「距離感ゼロ」と題して、海の生き物に至近距離で触れ合えるのが特徴となっています。「ふれあい魚館」ではタツノオトシゴやトビハゼなどにも触れることができます。またセイウチやアザラシと遊んだり、カワウソと握手をしたりして海の生き物とスキンシップを楽しんでみましょう。

遊び疲れたら館内にある「海底ごろりんホール」へ行くのがおすすめです。ゆったり腰を下ろして大水槽を眺めれば、まるで海底にいるような気分が味わえますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND