就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

岐阜で子どもとアウトドア体験!自然と触れ合い楽しい思い出を

岐阜で子どもとアウトドア体験!自然と触れ合い楽しい思い出を

岐阜県は日本列島のほぼ真ん中に位置し、美しい山々と川に囲まれた自然豊かな地域です。世界遺産の白川郷や歴史を感じる飛騨高山エリアなど、最近では海外からも注目されていますよ。今回は、自然が豊富な岐阜で子どもと一緒にアウトドアが楽しめるスポットを紹介します。自然と触れ合って素敵な思い出を作りましょう。

自然がたくさん詰まった岐阜県の魅力

海はないけれどキレイな川が多い

岐阜県は内陸に位置し、日本では8県しかない「海なし県」の一つです。しかし海はなくても岐阜県にはキレイな川がたくさんあります。そのため夏になると海ではなく川で遊ぶのが岐阜っ子の楽しみ方だそうですよ。

とくに「長良川」は高知県の四万十川、静岡県の柿田川と並び日本三大清流と呼ばれる一級河川です。長良川には大きな川としては珍しく途中にダムがなく、ブナの原生林が生い茂る大日ヶ岳の雪解け水が上流から下流まで滞ることなく流れています。そのため、素晴らしい透明度を誇っているのです。

周りを豊かな山々で囲まれている県だからこそ、キレイな川が多いといえますね。ほかにも養老の滝など日本名水百選に選ばれた場所もあり、水が美味しい県としても有名ですよ。

お肉に川魚に美味しいものがたくさん

岐阜県といえば、美味しいグルメも欠かせません。たとえば主に飛騨地方で飼育されている「飛騨牛」は、お肉好きならぜひ味わいたい一品です。大自然の中で手間暇かけて育てられ、きめ細やかな霜降りととろけるような柔らかさが特徴となっています。

また鵜飼の伝統漁で有名な長良川の鮎は世界農業遺産にも登録されていて、塩焼きだけでなく取れたてだからこそ味わえる「刺身」も人気ですよ。

さらにつぶしたごはんを板につけ甘辛い味噌を塗って焼いた「五平餅」は、子どもも気に入ることでしょう。地域によって醤油やクルミ、ゴマなど味つけも様々で食べ比べもよいですね。ほかにも牡丹鍋や鶏ちゃん、高山ラーメンや明宝ハム、富有柿などおすすめグルメはつきません。

山には野生のリスがいるほど自然たっぷり

広大な面積を誇る岐阜県ですが、平野は少なくほとんどを山岳地帯が占めています。標高3,000m級の北アルプスから、300m程の低山まで種類も豊富です。山に囲まれ、自然を身近に感じることができるのも岐阜県の魅力ですね。

たとえば岐阜市内にある標高329mの金華山では、市内にありながら天然木が9割を占めリスやタヌキなどが生息しています。登山コース以外にロープウェイでも山頂に上れ、山頂そばにはリスと触れ合える「リス村」もありますよ。

岐阜県内にはハイキングコースや登山コースがしっかりと整備された山も多く、家族連れから本格的な登山愛好家まで山を楽しむことができます。これだけ多彩な山を見ることができるのも、岐阜県ならではといえるでしょう。

岐阜が誇る自慢の川で水遊びをしよう

自分で獲った魚を食べられる「あゆパーク」

岐阜県は、子どもと一緒に大自然の中で遊ぶのにぴったりの場所です。ここからは、おすすめのアウトドアスポットを紹介しましょう。まずは岐阜が誇る自慢の川で水遊びはいかがでしょうか?清流長良川には自分で獲った魚が食べられる「あゆパーク」がありますよ。

こちらは2018年6月に作られたばかりの新しい施設です。様々な体験をとおして長良川の環境や文化、暮らしが学べます。白鳥地区の長良川沿いにあり「釣り堀体験」や「魚のつかみ取り体験」では、魚を獲るだけでなくさばいて・焼いて・食べることができますよ。

ほかにもオリジナルの釣竿作り体験や、鮎飯をつくる飯ごう体験、BBQ体験などもあり美しい長良川を眺めながら家族で楽しみましょう。

小さい子どもも安心「河川環境楽園」

子どもがまだ小さいと、本格的な川遊びは心配というママは多いですよね。そこで、公園内を流れる川で水遊びをしてみましょう。

各務原市にある「河川環境楽園」は園内の真ん中に木曽川水園があり、水に関する遊び場が豊富にある環境共生型テーマパークとなっています。

たとえば「じゃぶじゃぶの河原」は透明度が高く水深が10~20㎝と浅いので、小さな子どもでも安心して遊べます。また上流には「大滝」や「つり橋」があり、迫力のある川の流れを見ることができます。さらに川の入り江や河口部を再現した「下流ゾーン」では、木船に乗って遊覧を楽しむのもよいですね。お弁当も持ち込みが可能で、長良川に生息する淡水魚や水性昆虫などの展示施設もあり、1日中遊べます。

道の駅で川遊び「清流白川クオーレの里」

川遊びと一緒にキャンプも楽しみたいという場合は、道の駅「清流白川クオーレの里」がおすすめです。

ここではフリーテントサイトやオートキャンプサイトがあり、日帰りで遊んだり宿泊したりして大自然を満喫できます。またバンガローやコテージなどもあるので、アウトドア初心者の人でも安心ですよ。

エリア内には清流白川が流れていて、シーズン中はたくさんの人で賑わいます。また渓流小公園の「アクア・パルコ」では、マス釣りや魚のつかみ取りを楽しみましょう。獲った魚は、もちろんその場でさばいて食べることができますよ。

施設内には軽食が食べられるファストフード店や、定食屋モーニングが好評のレストランなどもあり、小腹が空きやすい子どもにも安心です。

親子で楽しめる岐阜のハイキングスポット

絶景を眺めよう「新穂高ロープウェイ」

次は、親子で岐阜の山を楽しむスポットを紹介します。たとえば「新穂高ロープウェイ」で360度の絶景を眺めに行ってみましょう。

「新穂高ロープウェイ」は新穂高温泉駅を出発する第1ロープウェイと、しらかば平駅から出発する2階建ての第2ロープウェイの二つからなり、2台乗り継いで山頂の「西穂高口駅」に到着します。眼下に広がる大自然をゆったり眺めながら山頂を目指しましょう。

山頂からの眺めは槍ヶ岳や笠ヶ岳などの北アルプスの山々が360度広がり、まさに絶景の一言です。山頂の日本一高いポスト「やまびこポスト」に木でできた「はが木」を投函するのも、素敵な思い出になりますよ。売店やレストラン、近くに露天風呂などもあるのでゆっくり楽しんでみましょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND