就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

岡山で天候を気にせず遊べる屋内施設。親子でたっぷり楽しむコツ

岡山で天候を気にせず遊べる屋内施設。親子でたっぷり楽しむコツ

「晴れの国おかやま」カブトガニ博物館のキャッチコピーがある岡山県ですが、もちろん雨が降る日もありますよ。せっかくのお出かけで雨にあったら、楽しみも半減してしまいますね。そんな岡山県で、天候を気にしないで親子で遊べる屋内施設6選と、親子で屋内遊びを楽しむコツについてご紹介します。

屋内遊びで知っておいてほしいこと

スマホに夢中にならず子どもと遊ぼう

屋内遊園地などで、子どもが遊んでいる様子を遠くから眺めているだけだったり、ずっとスマホに夢中になっていたりするパパやママをよく見かけます。子どもと一緒に思いっきり遊べるチャンスなのにもったいないですね。

親子で一緒に体を動かして遊ぶことでパパやママとの信頼関係が強くなるうえに、遊び方や友だちとの接し方を子どもは学びます。また、パパやママの注意が自分に向いていないことを感じた子どもは、寂しい思いをしているかもしれませんよ。

子どもは大好きなパパやママと一緒に楽しめたら、一人で遊ぶよりも満足感や充実感を得られるでしょう。そんな経験の積み重ねが、子どもの前向きな成長にもつながりますよ。いつも優しい眼差しで見守ってくださいね。

ママが間に入ってあげることも必要

屋内遊園地でほかの子と遊具の取り合いでケンカになることがよくありますが、いつも取られてばかりだと、子どものストレスも溜まって楽しさも半減してしまいますね。そんなときにパパやママはどうしたらよいのでしょうか。

ほかの子が遊具を取ろうとしたときには、「もうちょっとだけ待ってね」ということを子どもに教えておくとよいでしょう。自分でうまく言えない場合にはママが代わりに言って、相手の子に待ってもらえたら「こんなときにはこう言えばよいんだ」というふうに子どもも覚えます。

最初はなかなかうまく言えなくても、ママが手本を示して教えているうちに言えるようになるはずですよ。ちゃんと言えたら、しっかり褒めてあげることも忘れないようにしましょうね。

子ども同士のトラブルが発生したら

遊具の取り合いなどでトラブルになったときには、ケンカでケガをしない程度であればできるだけ子ども同士で解決させるようにして、パパやママは見守っておくほうがよいでしょう。子どもはケンカを通して、友だちとの接し方やつきあい方を学ぶことが多いからです。

この場合相手の子のパパやママに声をかけて、それとなく相手の考え方を確認しておかないと、パパやママ同士が気まずい思いをすることもありますよ。「子ども同士のことですからねえ」というようになるなら大丈夫ですね。

取り合いが起きても、どちらからともなく仲良く遊ぶようになれば安心です。そうでない場合には「○○ちゃんと仲良く遊ぶ方法をママに教えてね」などと、子どもの自尊心をくすぐるのも効果的ですよ。

子どもが思いっきり遊べる屋内施設3選

3歳からは1人でも「スキッズガーデン」

倉敷市のイオンモール倉敷にある「スキッズガーデン」ではプレイリーダーが駐在していて、3歳以上であればパパやママのつき添いなしで子ども1人でも利用できますよ。子どもが遊んでいる間にゆっくり買い物ができるので、パパやママにはうれしい屋内施設ですね。

スキッズガーデンのプレイリーダーは、全員が保育士資格を保有しています。子どもと遊んだり、初めて会った子ども同士が楽しく遊べるようにサポートしたりしてくれるので、子どもだけでも安心ですね。もちろんパパやママも一緒に遊べますよ。

小学校2年生まで利用できますが、料金は最初の30分間が600円で、延長した場合は30分ごとに400円です。パパとママ、0歳の赤ちゃんは無料になっています。

抗菌砂場「ニコニコ・ガーデン 倉敷店」

マルナカ倉敷マスカット店にある「ニコニコ・ガーデン 倉敷店」は、子どもが遊具でのびのび遊べるスペースと、パパやママが子どもを見守りながらのんびりできる休憩スペースが一つになった屋内遊具施設です。

サイバーホイールやボールプール、バルーンの滑り台など数多くの遊具で屋内アスレチックが体験できます。中でも「抗菌砂場」は、屋外の公園で遊んでいるのと同じような感覚が屋内で楽しめるユニークな砂場です。

ゆっくりくつろげる休憩スペースは食べ物や飲み物を自由に持ち込めます。フリードリンクや電子レンジ、マッサージ機もあるので、ママ友とのコミュニケーションの場としても利用できますよ。料金がフリータイムで子どもが500円、パパやママは無料というのも嬉しいですね。

おもちゃがいっぱい「おもちゃ王国」

玉野市にある「おもちゃ王国」には、NHKのキッズキャラクターの世界を楽しめる「こどもスタジオ」など18種類の全天候型おもちゃパビリオンがあります。いろいろなおもちゃで一日中好きなだけ遊ぶことができて、屋根のある「レインボーステージ」で「しまじろう」とも遊べますよ。

このほかにも、ゴーカートやメリーゴーランド、観覧車など14種類の乗り物もあるので、屋外での遊びも満喫できますよ。雨の日でもカッパを着れば遊べるようになっているので、天候を心配しなくてもよいですね。

入園料は、2歳以上の子どもが600円で中学生以上が800円です。2,000円プラスで入園料と乗り放題をセットにしたフリーパスセット券があるので、そちらを購入したほうがお得ですよ。

子どもの知的好奇心を刺激する屋内施設3選

32 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版