就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

香川で子どもと遊びつくしたい!自然の宝庫から屋内プールまで

香川で子どもと遊びつくしたい!自然の宝庫から屋内プールまで

県民が一日一回は必ずうどんを食べることで有名な香川県。そうはいっても、子どもとうどんの食べ歩きをするのはちょっときついでしょうね。「こんぴらさんで有名な金刀比羅宮なら知っているけど、ほかに子どもと楽しく遊べる場所はあるのかしら」とお悩みのママに、とっておきのスポットをご紹介します。

大人も子どもも一日楽しめるプレイスポット

温泉のある遊園地「NEWレオマワールド」

「坂出IC」を出て車で約25分の「NEWレオマワールド」は、見て遊んで体験できる大規模な総合レジャー施設です。一日では時間が足りない利用者のために、園内に天然温泉リゾートホテルがあるほどです。

見て歩くスポットでは、四季折々の花々が咲き誇る「レオマ花ワールド」、光のイリュージョンが幻想的な「レオマ光ワールド」、亜細亜の遺跡と花が共演する「オリエンタルトリップ」などで昼夜を問わず楽しめます。

アトラクションも「恐竜迷路ジュラシックパニック」や「レッツゴートーマス」「キッズコースター」などワクワクする乗り物がいっぱい!中四国最大級のリゾートプールもありますよ。プールも利用できるパスポートが、中学生以上5,400円、3歳以上4,900円でお得です。

ホワイトタイガーがいる「しろとり動物園」

自由すぎる動物園で評判になった「しろとり動物園」は、「引田IC」から車で約10分のアクセスで、香川県の東端かがわ市松原にあります。敷地内だけでなく、駐車場にまでウサギやくじゃくが散歩していて、動物たちが自由に生活していることがよくわかりますね。

敷地はそれほど広いわけではなく、従業員も12名と少人数で運営していますが、ホワイトタイガーやベンガルトラ、ライオンなどの猛獣類のほか、キリンやカピバラなども飼育されていますよ。

イベントも多彩で、アニマルショーやカワウソとの握手会、赤ちゃんタイガーとの触れ合いもできます。バケツ一杯のエサが500円で購入できて、カメやウサギに自由にエサやりできますよ。入場料は中学生以上1,600円、3歳以上600円です。

空港隣接の大型児童館「さぬきこどもの国」

高松空港に隣接する広大な敷地に、核エリアと西ウイングエリア、東ウイングエリアがある「高松西IC」から車で25分の大型児童館です。

「核エリア」の芝生広場では、プラネタリウムや科学体験ゾーンのある「わくわく児童館」を中心として、竜を思わせるチューブ遊具や木製デッキのスカイウェイなどで自由に遊べます。隣接するサイクル広場では、変わり種自転車を体験できますよ。

飛行機の離着陸を見ながらお花畑の散策を楽しむ「東ウイングエリア」、歴史的な飛行機を模した大型遊具などがある「西ウイングエリア」などは、晴れた日に家族で体を動かすのにはぴったりですね。

わくわく児童館では雨を気にせず遊べます。基本無料で利用できますが、プラネタリウムとレンタサイクルは有料ですよ。

雨の日も子どもが喜ぶ屋内プレイスポット

人形の楽園「とらまるパペットランド」

「白鳥大内IC」から車で40分のとらまる公園内にある「とらまるパペットランド」は、日本で唯一の人形劇専門のテーマパークです。公園の南にあり、雨の日でも三つの館を楽しむことができます。

「とらまる人形劇ミュージアム」では、子どもでも簡単に手足を動かすことができる巨大マリオネットや、糸で操るマリオネットで遊べますよ。

「人形劇場とらまる座」では、全国のプロ劇団がファンタジーあふれる人形劇を年間100回以上公演しています。

「ミニチュア児遊館」は、ヨーロッパの街並みを子ども向けに1/2のサイズで再現しています。小さな部屋に可愛い家具やままごとセットがあるおとぎの国です。3館共通のセット券が1,200円とお得で、3歳未満の子どもは無料なのが嬉しいですね。

遊びの王国「プレイパークゴールドタワー」

全長158mの展望台と、子どもが楽しく遊べる本館・別館があります。お得なセット券で、7歳以上1,706円、3歳以上853円で一日中遊べるスポットです。

「展望台」は、外からはゴールドに、中からは透明に見えるゴールドハーフミラーを使用していて、最上階からは瀬戸大橋と瀬戸内海が一望できますよ。

「本館」には大ボールプールや砂場、小学生以下限定のプレイジムがあります。3歳未満の子どもにはベビージムもありますよ。

「別館」には三輪車やトミカ、プラレールで遊べるキッズランドがあり、はしゃぎ回る子どもたちでいっぱいです。プレイタウンでは、子どもと一緒に楽しめるボウリングもあります。パパはプレイランドのゲームコーナーで熱くなりすぎないようにしましょうね。

山の上の水族館「新屋島水族館」

旧名が屋島山上水族館という名前のとおり、山のてっぺんにある水族館です。「屋島駅」からシャトルバスが出ていて、約10分で到着するので便利ですね。

日本では6頭しか飼育されていない「アメリカマナティ」や「バンドウイルカ」「フンボルトペンギン」など、130種の海の生き物たちが出迎えてくれますよ。

多彩なイベントもあって、「マナティのエサやりイベント」や、海を汚す悪の組織をイルカと戦隊ヒーローが阻止する「イルカ劇ライブ」など、子どもが大喜びです。なかでもイチオシは「透明ボートイベント」です。このイベントでは全面透明のボートでイルカに近寄り、エサやりや触れ合いができますよ。

入館料は大学生以上1,200円、中高生700円、3歳以上の子ども500円です。

香川の自然を満喫できる公園へ行こう

水と緑に囲まれた「瀬戸大橋記念公園」

28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND