就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

福井でマタニティプランのある結婚式場!ハッピーに式を挙げよう

福井でマタニティプランのある結婚式場!ハッピーに式を挙げよう

福井県在住で、妊娠中に結婚式を挙げようと考えているパパとママもいるでしょう。しかし、妊娠中の結婚式はママの体調や開催時期など気になることも多いのではないでしょうか。そこで、妊娠中の結婚式場やドレスの選び方、挙式の時期、妊娠中のママに優しい式場を三つご紹介します。

妊娠中の結婚式場の選び方と開催時期

安定期と呼ばれる時期に式を執り行おう

妊娠初期はつわりがあったり、体調が優れなかったり、体の変化に心が不安定になったりするママも多いでしょう。後期になると動きづらくなりますし、いつ出産になるか分からないので式は避けたいところです。

そう考えると結婚式を執り行う時期として適当なのは、安定期である妊娠5~7カ月(16~27週)になるでしょう。安定期になるとつわりが治まっていたり、後期ほどお腹も大きくないためママも動きやすかったりするからです。

ただし、式に向けての準備は妊娠初期から始めることになります。そのため、体調が万全でないときはママが無理をして急ピッチで準備を進めるのではなく、電話やメールで打ち合わせをしたり、パパに頼ったりするなどして、体調優先にするとよいでしょう。

マタニティ婚に慣れた会場を選ぶとスムーズ

結婚式を妊娠前と妊娠中に挙げるのでは、勝手が違ってくるものです。その上、マタニティ婚の場合は準備期間が2~5カ月と通常よりも短くなるため、早い対応が必要となります。

そこで、マタニティプランがあったり、面倒見がよくマタニティ婚に慣れた担当者がいたりする会場を選ぶと安心でしょう。特にママの体調や赤ちゃんの状態は思いどおりにいきませんから、体調不良などで打ち合わせができない場合の対応策の有無、信頼できる担当者がいることは大切です。自分で見つけることが難しい場合は、マタニティウェディング専用サイトで探すとよいですよ。

準備がどうしても間に合わないときは、フォトウェディングという方法もあります。写真撮影だけなら招待客もいないので随分と負担が減るでしょう。

一般的なマタニティ婚のスケジュール

妊娠中のママは体が思うように動かない上に準備期間が短くなるため、通常の準備より負担が掛かります。それにより、パパの役割が大きくなるでしょう。そこで、パパとママにとってつらくないスケジュールを組む必要が出てきます。

準備開始の目安は、つわりが治まってきたころです。そこから2、3カ月ほどの準備期間を設定すると、挙式は妊娠5~7カ月目ごろとなります。

挙式2~3カ月前に会場を決定し、1~2カ月前には招待状の発送およびドレス決めを終えましょう。3週間前までに料理や装花、演出内容などを決め、2週間前までにはヘアメイクリハーサルと当日の式進行の確認をします。

1週間前に参列者の最終確認やお車代の準備、ドレスのサイズ調整を行い、当日を迎えるようにしましょう。

新婦のあこがれウエディングドレスの選び方

ママの身体に負担のかからないものを選ぼう

結婚式の準備の中で一番こだわるのがウエディングドレスというママもいますよね。しかし、お腹に赤ちゃんがいることもあり、ドレス選びも条件などが変わってくるでしょう。

特に気になるのがサイズです。妊娠していないときは、試着のときに気に入ったデザインとサイズで当日を迎えられますが、妊婦の場合はそういうわけにはいきません。

妊娠何週目で結婚式本番になるのかを想定して、ドレスを選ぶようにします。通常と違い数回のサイズ調整をしますが、最終調整はできるだけ当日に近い日に設定する方が安心でしょう。

安定期の場合、1~2サイズ大きめのものを選ぶとよいですよ。また、身体に負担が掛からないようにサイズ調整ができて、できるだけ軽いドレスを選びましょう。

先輩ママが選んだドレスデザインは?

結婚式でドレスを着るなら、できるだけ綺麗に見えることを望みますね。そこで、先輩ママが選んだデザインを見てみましょう。

体型やお腹のふくらみが目立たないことを重視するママには「Aライン」と「プリンセスライン」をおすすめします。Aラインとプリンセスラインはともに、ウエストから下に広がりを持たせたデザインです。その広がりによりお腹のふくらみを隠したり、上半身を細く見せたりする効果があります。また、お腹の締めつけがないのも特徴でしょう。

反対に赤ちゃんと一緒に結婚式を挙げたいママにはお腹が目立つけれど締めつけ感のない「エンパイアライン」が人気です。広がりはありませんが、胸の下からスカートが落ちているデザインのためお腹が苦しくありませんよ。

妊婦ドレス専門店やオーダーだと安心

ウエディングドレスを扱うお店はたくさんありますが、中には妊婦のウエディングドレス専門のお店もあります。

手頃な値段で気に入ったドレスを手に入れたいママは、専門店のレンタルになるでしょう。お店によっては、実店舗だけでなくネットからもレンタル可能です。種類も豊富にあり、自宅で試着ができるお店もありますよ。

自分を美しく見せるためにすべてが思いどおりのドレスが望みなら、オーダーもよいですね。ただし、値段がレンタルより高くなってしまうところが難点かもしれません。

一つ注意が必要なのは、挙式をしようとしている式場や会場が持ち込み禁止にしている場合です。また、持ち込み可だけれど、持ち込み料が必要なこともありますので式場に確認しましょう。

マタママの夢が叶う人気の結婚式場

「ヴィラ・グランディス ウエディングリゾート福井」

「ヴィラ・グランディス ウエディングリゾート福井」は福井市にあり、JR北陸本線の福井駅から車で15分、水曜日が定休日です。

ヴィラ・グランディス ウエディングリゾート福井では妊婦の花嫁限定のプランが用意されており、専門プランナーがついて1カ月前の急な結婚式でもしっかりサポートしてくれます。体調が優れないときはメールでの打ち合わせも可能なところが嬉しいですね。

プラン内には、挙式、料理・飲み物、ケーキ、衣装、美容・着つけ、司会、装花、写真、引出物、印刷料、音響照明、介添え料、控室料、会場費が含まれています。時期により特典や適用人数が異なりますので、興味があるママは問い合わせたり、ブライダルフェアや式場見学に行ったりして確認しましょう。
29 件

関連記事

ピックアップ記事