就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れでニューヨークに行こう!親子に最適なスポットやホテルを紹介

子連れでニューヨークに行こう!親子に最適なスポットやホテルを紹介

「海外旅行をしたいけれど、どこなら子連れでも楽しめるかな」と探しているママやパパがいるかもしれません。アメリカのニューヨークなら、親子で楽しむことができますよ。そこで今回は、おすすめ観光スポットや子連れに最適なホテル、ニューヨーク旅行を楽しむ際の注意点などについてお話しします。

親子で楽しめるニューヨークの観光スポット

一度は見ておきたい「自由の女神像」

アメリカ映画によく登場する「自由の女神像」を家族で見に行ってみましょう。アメリカにある「自由の女神像」は、アメリカ合衆国の独立100周年を記念して、1886年にフランスから友好の証として贈られたものです。

フランスのパリにも「自由の女神像」がありますが、これはその返礼としてアメリカから贈られたものだそうですよ。パリの「自由の女神像」はアメリカのものより小ぶりになっています。

現在東京のお台場にある「自由の女神像」はパリ市に正式申請をして、パリにある像から型を取り複製したものです。

パリ、東京、そしてニューヨークにある「自由の女神像」ですが、アメリカのそれが本家本元ともいえるので、ぜひ実物をこの目で見たいものですよね。

親子で満喫できる「セントラルパーク」

ニューヨークというと市内観光が中心となり、「子どもにはつまらないかも?」と思ってしまうかもしれません。子どもが市内観光に飽きてしまったら、親子で思いきり楽しむことができる「セントラルパーク」へお出かけしてみましょう。

パーク内には遊具はもちろん、メリーゴーランドや動物園などもあるので、きっと子どもも喜んでくれるはずです。地元のアメリカ人の子どもたちと一緒に遊びながら、ちょっとした国際交流を図ることができるかもしれませんよ。

園内には野生のリスがたくさん住み着いているので、子どもと一緒に探してみるのも面白いことでしょう。思う存分体を動かして、子どもが感じている旅のストレスを和らげることができるとよいですね。

大人も楽しめる「自然史博物館」

子どもが4~5歳ぐらいなら、「自然史博物館」へ足を運ぶのもよいかもしれません。子どもだけでなく大人もしっかりと楽しむことができますよ。

化石エリアでは、恐竜の化石から作られた等身大の模型に、思わず息をのんでしまうかもしれません。恐竜好きの子どもはもちろん、あまり興味がない子どもでもその迫力に魅了されることでしょう。

動物エリアでは、象やサイ、ライオンなど様々な動物のジオラマを鑑賞することができます。今にも動きだしそうなリアル感に、家族でびっくりするかもしれませんね。

民族エリアでは、先住民の民族衣装や古代遺跡を再現したジオラマなども見ることができます。これ以外にも見どころが満載なので、事前に見たいエリアをチェックしてから出かけるのも一案です。

子連れに最適なニューヨークのホテル3選

中心部にあり交通に便利なヒルトンホテル

ニューヨークにはホテルがたくさんあるので、どこに決めたらよいのか悩んでしまいますよね。ニューヨークの中心部にあり、交通が便利な「ヒルトンガーデンインタイムズスクエア」はいかがですか?

言わずと知れた有名チェーンホテルなので、そのサービスも部屋の内装も安心のクオリティで、滞在客からの評価も高いホテルです。立地がよく、有名劇場やタイムズスクエアにも徒歩で訪れることができるので、気軽に外出して散策を楽しむことができますよ。

無料インターネットはもちろん、部屋には電子レンジもついているので、外で買ってきたお惣菜を部屋でゆっくりと食べることも可能です。近くにスーパーもありますし、子連れでレストランに行くのが難しいときにも助かりますね。

立地が魅力なシチズンMタイムズスクエア

立地がよく、さらにコスパのよいホテルを探しているママには、「シチズンMタイムズスクエアホテル」をチェックしてみてくださいね。部屋はコンパクトな造りですが、窓からの景色が美しいと評判です。

ミッドタウンの真ん中に位置しているので、タイムズスクエアやロックフェラーセンターなど有名どころまで徒歩でアクセスすることが可能です。先ほどお話ししたセントラルパークも徒歩で行くことができます。ホテル周辺には、レストランやショップなどが集中しているので、買い物や食事にも困りません。

ハイシーズンにはすぐに予約が埋まってしまうようなので、日程が決まったら早めに予約しておくと安心ですよ。日本人観光客のリピーターも多いので、泊まってみてがっかりすることはなさそうです。

子どもや女性に人気なカンブリアホテル

タイムズスクエア界隈もよいけれど、もう少し落ち着いたエリアに滞在したいというママには、チェルシーエリアにある「カンブリアホテル」もおすすめです。

チェルシーエリアには、アートギャラリーや美術館、空中庭園であるハイラインなどがあり、ニューヨーカーも憧れるエリアです。治安がよいことでも知られているので、心配なママにはぴったりかもしれません。

エンパイアステートビルディングやマディソンスクエアガーデン、ギャラリー街まで徒歩でアクセスできるので、ぶらりと散策しながら目的地を目指してみるのもよいでしょう。

さらにホテルの屋上には、宿泊客のみがアクセスできるルーフトップバーもあるので、ニューヨーカー気分を味わいながら休憩するのもよいですね。

子連れでニューヨークを訪れるときの注意点

安易に人を信用しないようにしよう

家族で慣れない土地に出かけると、心細くなることもあるでしょう。そんなとき現地の人から親切に話しかけられると、つい心を許してしまうかもしれません。さらにつたない英語で会話をしていると、相手がどんな人なのかも判断しにくいですよね。

しかし安易に人を信用しないことが重要ですよ。日本人は知らない人にも無意識に笑顔で応対することも多く、相手から見ると「だましやすい」ととられることもあります。

たとえば道端で話しかけられ、「ほかにもよいお店を知っているよ」「せっかく仲良くなったのだから一緒に食事をしよう」と言われても、断る勇気を持つようにしましょう。うっかりついていくと、お店でぼったくられたり、食事をおごらないといけなくなったりすることもあります。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版