就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にイタリア旅行。 旅行プランから人気のお土産まで紹介

子どもと一緒にイタリア旅行。 旅行プランから人気のお土産まで紹介

次の休暇に、家族でイタリア旅行に行きたいと考えているママもいるかもしれません。しかし日本から遠いイタリア、一体なにを気をつけたらよいのか、どこに行ったらよいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、子どもと一緒にイタリア旅行に行く際に注意したいこと、おすすめの観光地やお土産などについてご紹介します。

子連れイタリア旅行で気をつけたいポイント

子ども用の荷物は抜かりなく用意する

イタリア旅行に向けての荷造りのときは、なにを持っていったらよいか悩んでしまいますよね。イタリアも先進国なので、オムツや離乳食など、基本的な必需品は現地でも購入することはできます。

しかしやはり日本のものとはサイズや使い勝手、品質も違うので、できる限り使い慣れたものを持参すると安心です。特に幼児用歯ブラシは、イタリアサイズは日本のそれよりもかなり大きめなので、日本のものがおすすめです。

ほかにも、現地で子どもが体調を崩したときに飲ませる常備薬や、除菌用ウェットティッシュも忘れずに荷物に入れてくださいね。靴も、ヨーロッパの靴は足の幅が日本人の足には合いにくいこともあるので、はき慣れたものを2足持参すると安心です。

まずは長距離フライトを乗り切りきろう

東京からローマまでのフライト時間は直行便で約12時間45分。かなり長い時間を子どもと一緒に狭い機内で過ごすことになります。子どもが小さいと、乗り切れるか心配になってしまいますよね。

フライト中はかなり冷えるので、夏であっても長袖の上着を用意するようにしましょう。大きめのタオルがあると、子どもが寝たときに毛布がわりにもなりますし、丸めれば枕にもなるので便利です。食事のときは、服が汚れるのを防ぐこともできます。

機内には、タッチパネルの画面で子ども向けアニメやゲームも楽しめますが、念のため子どもの好きなアニメをタブレットに入れて持参してもよいですね。ほかにも新しい塗り絵やおもちゃを用意して、ぐずったときなど子どもの気をひくようにしましょう。

子どもが楽しめるスポットをプランに入れる

イタリア観光をすると、どうしてもママやパパの行きたい美術館や有名建築物などのモニュメントが中心になってしまうと思います。しかし、それでは子どもは退屈してしまいますよね。

そこで子どもが楽しめるスポットをプランに組み込んでみましょう。水族館や動物園、遊園地など、「日本でもいけるのに」と思われるかもしれませんが、日本とは展示の仕方や管理されている魚や動物の種類も違うので、面白いですよ。

遊園地も、日本とはまた違った雰囲気を楽しめるはずです。ほかにも遊具のある公園などを探して子どもを遊ばせてもよいですね。イタリア人の子どもたちと一緒に遊べるかもしれません。それも旅の素敵な思い出の一つになりそうです。

【都市別】子どもと行きやすい観光地

【ローマ】観光の合間に子ども博物館へgo

ローマには、コロッセアムやフォロロマーノなど、有名な観光スポットがたくさん集まっています。雄大なローマの歴史を感じる建築物を前に、ママやパパは楽しいかもしれませんが、子どもにとってはただの古い石の建物にしか見えないことも。

観光の合間に子ども博物館に行ってみましょう。屋内施設なので雨で動物園や遊園地に行けないときにも助かります。子ども博物館は、1日に4回ある入れ替え制なので事前予約が必要ですが、当日スマホからでも予約することができます。

内容は、子ども科学館のような体験しながら学ぶタイプになっており、ほかにもミニスーパーでのお買い物体験ができたりなど、子どもには楽しい内容で構成されています。天候に関係なく楽しめるので、観光プランに入れてみましょう。

【フィレンツェ】美しい庭園で走って遊ぶ

ルネッサンス活動の中心地でもあったフィレンツェには装飾の美しい教会やベッキオ橋に並ぶ宝飾店など、ママの気になる観光スポットがたくさんあると思います。それらの合間に、子ども向けの観光スポットも組み込んでみましょう。

たとえば共和国広場には、小ぶりながらも装飾の美しいメリーゴーランドがあるので、子どもも喜ぶと思います。ほかにはピッティ宮の裏手にあるボーボリ庭園もおすすめです。

広々とした庭園なので、子どもが走り回りながら騒いでも安心ですよ。遊具のある公園もあります。

庭園の上の方にある陶磁器博物館そばにたくさんの花が咲いている庭園もあるので、ぜひ足をのばしてみてください。まるで映画にでも出てきそうな美しい庭園なら、素敵な旅の写真も撮れそうです。

【ヴェネチア】ゴンドラ乗船で大喜び

イタリア国内を周遊旅行するさいに外せない観光地のひとつがヴェネチアですよね。ここは水の都として有名で、街中を巡る運河を舟に乗って移動するのが定番です。住人も水上バスを利用して生活しています。

ここで乗ってみたいのがなんといっても、ゴンドラ。一見細長くてバランスの悪そうな舟ですが、船頭がすいすいと細い水路も進んでくれるので心配はいりません。ゴンドラに乗りながら、ヴェネチアの街を散策してみるのも楽しそうですね。

ゴンドラ乗り場は街中のあちらこちらにあり、主に1時間コースと40分コースに分かれています。現地で申し込む場合は、船頭に直接聞いてみましょう。もしくはインターネットでもツアーオプションとして事前に予約することが可能です。

イタリア土産。定番から変わり種までご紹介

ばらまき用にもぴったりなお菓子

イタリア旅行に行くと、友達へのばらまき用お土産も必要ですよね。そこでおすすめのお土産をご紹介します。

【Mulino Bianco ムリノビアンコのクッキー】
イタリアのスーパーで必ずといってよいほど見かけるのがこのマークのお菓子。クリームを挟んだクッキーなどいろいろあるので、お気に入りを見つけてくださいね。

【Baci バチのチョコレート】
イタリア語でキスという名のチョコレートです。包み紙を開けると、中にはことわざや格言の書かれた紙がチョコレートと一緒に入っているのがユニークですよ。

【Amaretti アマレッティ】
アマレッティとは、アーモンドパウダーで作られた焼きメレンゲにも似たお菓子です。スーパーで探してみてくださいね。

スーパーで買える手頃で喜ばれる雑貨

ここではスーパーで買えるお手頃価格の雑貨をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【エスプレッソポット】
イタリアといえば、コーヒーも有名です。そこで、直火式のエスプレッソポットをお土産にいかがですか?カラフルなものやシンプルなもの、サイズもいろいろなのでスーパーで探してみてください。セットでコーヒーの粉をつけるのをおすすめします。

【Fabriano ファブリアーの文房具】
イタリアの文房具メーカー、ファブリアーノの文房具もお土産にぴったりです。ノートなら、ママ友にプレゼントしても子どもの連絡帳にしたりなど、活用できるので喜ばれます。

【木製おもちゃ】
木製の操り人形などもあちらこちらで売られています。子どもの友達にぴったりです。

ちょっとツウな変わり種のお土産

ここではちょっとツウな変わり種のお土産をご紹介します。

【ディズニーストアの雑貨】
イタリアのディズニーストアにはVENEZIA(ヴェネチア)などの地名入りオリジナルミッキーマグカップなども売っているので探してみてくださいね。

【ムラーノガラスのアクセサリー】
ガラス細工の名産地であるヴェネチアムラーノ島で作られたガラスアクセサリーもおすすめです。ペンダントトップや腕時計、ブレスレットなど500円から3000円ぐらいで見つけられますよ。

【ドライトマト】
イタリアの太陽を浴びて育ったトマトを乾燥させた、ドライトマトもお土産にいかがですか?水に戻してサラダやパスタに和えてもおいしいですよ。料理好きのママ友にも喜ばれそうです。

まとめ

今回は、子どもと一緒に行くイタリア旅行、注意したいことやおすすめの観光スポットとお土産についてのお話でしたが、いかがでしたか?子連れの海外旅行にはいろいろと不安があるかもしれませんが、事前にしっかりと準備しておけば心配する必要はありません。

あまり予定を詰め込むと子どもが疲れてしまったときなど大変なので、余裕をもったプランニングを心がけるようにしましょう。家族で楽しいイタリア旅行の思い出を作ってくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj