就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【宮城】気仙沼の魅力を知る!元気をもらえるカフェ「K-port」

【宮城】気仙沼の魅力を知る!元気をもらえるカフェ「K-port」

気仙沼港の目の前に佇む「K-port」。オーナーが俳優の渡辺謙さんであることでも有名なカフェです。海を眺めながら、気仙沼の味を楽しむ…。メニューひとつひとつが地元に寄り添ったこだわりの品です。子どもとゆっくり食事をしたいというママの気持ちに寄り添った「K-port」をご紹介いたします。

「K-port」ってどんなとこ?

『心の港』というプレゼント

東日本大震災発生後、ボランティアで気仙沼を訪れた渡辺謙さんが地元の復興に力を注ぐ多くの友人たちと生み出したプレゼント…それが「K-port」です。人々の心を温かくし、勇気づけ、夢を与えられる”心の港(port)”。”kesennuma""ken""kizuna311""kokoro"…その頭文字をとって「K-port」と名付けられました。

「K-port」のコンセプトは「つなぐ」。カフェとして、イベントスペースとして、ギャラリーとして、気仙沼に暮らす人々同士をつなぐ、また、気仙沼と他の地域をつなぐ場所でありたい…気仙沼が良い街だと知ってもらいたい…そんな想いが込められています。

渡辺謙さんからは可能な限り毎日、お店にいらっしゃる方に向けてメッセージが届くそうです。遠く離れていてもつながりを感じられる…とても温かいプレゼントですね。

エンターテイメントな小屋をイメージ

「あそこに行けば、みんなとつながることができる、そして楽しいことがある!」。そんな存在として、いつもはカフェとして気仙沼の人々が集う安らぎの場であり、そして時にはイベントスペースとして大きな賑わいを見せる「K-port」。

この五角形の建物は、芝居小屋をイメージしているそうです。プロジェクターや音響設備も完備されており、貸切営業も行っているので、パーティーやライブ、結婚式の二次会などで利用されることも多々。プロジェクターを映し出す白い大きな壁では、時には写真展や絵画展をも行っているそうで、さまざまなエンターテイメントの場として利用されています。

今後はシェアオフィスや子ども向けワークショップなど、交流の場を積極的に設けていきたいとのことでした。

店内ではK-portオリジナルグッズの販売もされています。”K"を形取られた灯台のシンボルマークには、『気仙沼の未来を、気仙沼に暮らす人々の心を明るく照らす灯台のような役割を果たしたい』という願いが込められています。

Tシャツは子供用サイズもあります!エネルギッシュな原色カラーのTシャツは、いつも好奇心旺盛で活動的な子どものイメージにも合ってとても可愛いですね。

窓から見えるのは、気仙沼港と気仙沼大島をつなぐ遊覧船。大きな船に子どもたちも大喜び!

イベントも数々開催されています

「K-port」では、ライブやトークショー、ワークショップなどオリジナルの企画も数多く開催されています。また、年に何回かオーナーである渡辺謙さんが自らお店に立つこともあるそうです。

過去にはミュージシャンやエンターテイナーの方がスペシャルライブを行ったこともあるそうです。カフェの安らぎだけではなく、笑いや感動も運んでくれる優しい場所ですね。

地元に寄り添ったこだわりのメニュー

親子でのシェアに大人気のピッツァ

「K-port」のピッツァの名前はちょっと変わっています。

”マルゲリータ”や”マリナーラ”など、聞き馴染みのある品名の横に書いてあるのは、”ケープタウン””ケセンヌマ”…?

これは実は、気仙沼港から出航する遠洋マグロ船が立ち寄る、世界の港の名前なんだそうです!美味しいピッツァを食べながら、港の名前も覚えられて、ちょっとだけ物知り博士になれちゃいます!お料理が運ばれてくるまでの間も、お子さんとクイズの出し合いっこなんてできたら楽しいですよね!

こちらは、ケープタウン(1,080円)。トマトソースにモッツァレラチーズが溶け込んだバジルの香り際立つ、いわゆるマルゲリータです。鮮やかな色合いがとてもきれい!

ケープタウン港は南アフリカ共和国の港で、日本のマグロ船が多く立ち寄ることでも有名だそうです。

こちらは、ラスパルマス(1,480円)。4種のチーズがのった、いわゆるクワトロフォルマッジです。特におとなの方に大人気の一品です。

ラスパルマス港はスペインの港で、漁を控えた日本のマグロ船が給油や修理のために立ち寄る港だそうですよ!

この他にも、甘酸っぱい特製トマトソースのミックスピッツァ(1,280円)やツナマヨコーン(1.080円)も子どもに大人気なメニューで、親子でシェアして食べてる方が多いそうです。

中には渡辺謙さん考案のレシピも!

渡辺謙さんの思い出のパンケーキなんだそうです。昔ながらのしっとりとしたパンケーキ。小豆屋さんのあずきとホイップとバニラアイスが添えられており、お好みでメープルシロップをかけていただきます。

「K-port」のお隣には磯屋水産さんがあり、新鮮な魚介類が届けられるそうです。温かいご飯の上に乗った旬の海鮮に特製のタレをかけて食べる磯屋のまかない丼も気仙沼を堪能できる一品ですよ!

ママたちの交流の場としても大人気!

おもちゃに囲まれたキッズスペース

店内の一角にはたくさんのおもちゃに囲まれたキッズスペースがあります。もともとは水曜日と木曜日に『ママport』というイベントで店内にカーペットを敷き、おもちゃを並べ、小さい子どもも過ごしやすい日としていたそうですが、とても利用が多かったため常設されるようになりました!

ふかふかのカーペットが敷いてあるので、まだ歩き始める前の小さな子どもでも安心です。赤ちゃんが遊べるおもちゃから、体を動かしたい盛りの子どもが楽しめるすべり台まで、幅広い年齢の子どもが喜ぶ空間となっていました。

お子さま連れ優先のソファー席も

キッズスペース横のテラスが見えるソファー席は、ママに嬉しいお子様連れの方優先のお席となっております。

「K-port」さんは入り口で靴を脱ぎ、スリッパを履いて入店するお店ですが、ベビーカーなどの乗り入れも可能だそうです。なので、来店途中にベビーカーに揺られてお子様が寝てしまった!なんてときでも、お子様を寝かせてあげた状態のままテーブルにベビーカーを付けることもできますよ。

おすわりが上手になり一緒にお食事を楽しめるようになったお子さまとは、こちらの子ども椅子をお借りしましょう!

カラフルなお子さま用食器もお借りできます。子ども用のごはんや離乳食、アレルギー食の持ち込みも可能で、ご要望があれば温めもしてくださるとのことでした!

カラフルといえば、入り口で見つけたお子さま用スリッパ。

こちらもオリジナルTシャツ同様、エネルギッシュな原色カラーです!「K-port」には落ち着きの中にも元気になれるカラーが至る所に使われており、なんだかパワーをもらえますね!

気になるお子さま向けの設備は?

お手洗いにはおむつ交換台があります。多目的トイレで広々としているため、ベビーカーごと入っても大丈夫そうでした!

私がお伺いしたのは10月中旬だったため、お手洗いの中もハロウィン仕様に。なんにも知らずにガラッとドアを開けたら、小さい子どもはびっくりしちゃうかも!?

また、ブランケットもお借りできるそうです!

私も身をもって体験していますが、産後は体が冷えやすいですよね。体が冷えると、疲れやすいなあとか、あまり夜眠れないなあ、と感じることも多かったですし、血流が悪くなるせいか母乳もあまり出ないような気がしました。また、ママにとってだけではなく、ブランケットは子どもが寝たときの掛け布団代わりにもなるのでとても役立つアイテムです。

平日は地元の方やお仕事で気仙沼に来てる方の利用が多く、土日は観光客やご家族3世代で賑わうことが多いそうです。小さな子ども連れのママさんは、数組のママ友さんとグループで訪れることもあるそうで、店内は保育園のように賑やかになる日もあるとか…!

K-portはJR気仙沼線「南気仙沼駅」から徒歩20分、JR大船渡線「鹿折唐桑駅」から徒歩16分の場所にあります。車で行く際は、東北自動車道「一関I.C.」で降りてからしばらく走りますので、お子さまのおトイレ休憩はしっかりとってあげてくださいね!

まとめ

海に浮かぶ船を見ながらお食事を楽しめるカフェは、私にとってとても新鮮なものでした。子連れのママさんは常連の方もいらっしゃるんですとのお話をお聞きし、ここなら子どももママもゆっくりできますし、何よりも店員さんが子どもやママに対してとてもご理解を示してくださり、くつろぎやすい雰囲気を作ってくださってるからだろうな、と納得です。

たまに”地元愛”に触れることで、改めて「やっぱり地元っていいな」なんて思ったりします。「K-port」そんな地元愛にあふれたお店でした!

K-port(けいぽーと)

宮城県気仙沼市港町1-3

0226-25-9915

10:00~19:00 日祝9:00~18:00

無休

0歳〜

メニューによる

https://www.k-port-kesennuma.org/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

佐藤 かおり

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018