就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】童話の世界を楽しむ!「おかざき世界子ども美術博物館」

【愛知】童話の世界を楽しむ!「おかざき世界子ども美術博物館」

まるで童話の世界に迷い込んだようなメルヘンな雰囲気の遊具がある「おかざき世界子ども美術博物館」を紹介。子ども達が気軽にアートに親しめる場所として、多くの子連れで賑わっており、遊具と一緒に、様々な体験が楽しめる施設です。

おかざき世界子ども美術博物館って?

日本初の子どものための美術博物館

「おかざき世界子ども美術博物館」は、世界の子どもの絵を中心に、有名美術家の子ども時代の作品や世界の民芸品の展示、おもちゃ、絵本などを常設している、日本ではじめての子どもの美術博物館です。

施設内では、大きく「THINK(考える)」「SEE(見る)」「DO(作る)」の3つの体験ができるようになっています。特に、親子で様々な創作活動ができる「親子造形センター」は、多くの子連れで賑わう人気のスポットとなっています。

今回は、そんな「おかざき世界子ども美術博物館」にある面白いモチーフ遊具を紹介します。

美術館にある面白いモチーフの遊具とは?

その遊具は、美術博物館の外にある「岡崎地域文化広場」の中にあります。

駐車場から博物館を目指して歩いていく道中に、道案内の標識を発見しました。

行き先は「妖精の棲む浮かぶ島」です。

標識に従って目線を左へと動かしてみると…

どこからどう見てもアレ!

毒を持っていそうなカラフルなきのこの姿が、遠くからでもはっきり確認できます!あれが、今回めざす「妖精の住む浮かぶ島」です。

近づいてみると、島の横側にありましたよ、入り口。

さっそく、島内に入ってみようと思います!

妖精が棲んでいそうなメルヘン世界

入り口にある階段を上っていくと、階段の横は壁がドーンとあり、木の幹のような模様があり、まるで森の木々のような鬱蒼とした雰囲気を感じます。

階段を上りきると、広くなったスペースが現れます。

そこには、さっそく

大きな「木の精」が鎮座していました。

子どもの頃見ていた教育番組に出てくるようなキャラクターを思い出すビジュアル!とても懐かしい気持ちになります。
すぐ近くの壁に「妖精の棲む浮かぶ島」のマップがあります。

薄くなっているようで見えにくくなっていますが、どうやら島の全体がちょっとした遊べるスペースになっており、それぞれに遊べる仕掛けがあるようです。
65 件

ライター紹介

南 朝子

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC