就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

安産型の体型やメリットとは?特徴とママに似合うお出かけコーデ

安産型の体型やメリットとは?特徴とママに似合うお出かけコーデ

安産型の体型だと言われると、褒め言葉なのか気になるママもいますよね。安産型の体型のよい所は、大きなお尻で女性らしい所ですよ。この記事では、安産型の体型の特徴やメリット、似合うコーデについてご紹介していきます。安産型の体型を活かしたコーデを取り入れてみてはいかがでしょうか。

安産型の体型やメリットについて知ろう

そもそも安産ってどんな出産のこと?

安産祈願や安産体操など、妊娠すると安産という言葉を目にする機会が多いですよね。安産といえば、「出産にかかる時間が短い」「いきむ回数が少ない」「予定日どおりに産まれる」というようなイメージを持つママもいるでしょう。

実際は安産とは医学的な用語ではなく、はっきりとした定義はありません。それでは、どういった出産のことを安産と呼ぶのでしょうか。

一般的に安産とは、お産の一連の流れがスムーズに進んだ出産のことを指します。分娩時間が短かったり、陣痛の痛みが少なくても胎児に負担がかかっていれば、それは安産とは言い切れません。ママと赤ちゃんの両者への負担が少なく、無事に赤ちゃんが産まれてくることで、はじめて安産といえるのです。

安産型の体型のメリット

一般的に安産型の体型とは、お尻が大きかったり骨盤が広かったりする体型のことを指します。実際に、パパやママの両親などから言われたことがあるママもいるのではないでしょうか。

安産型のメリットには、「骨盤が狭いママと比べると、安産になりやすい傾向がある」「お尻にボリュームがあるので、ウエストがくびれて見える」「骨盤が狭いママよりも自然分娩になる確率が高い」ということがあげられます。

安産型の体型だと他人に言われて、下半身やお尻のボリュームが気になる方もいるかもしれませんね。安産型だと分娩時に赤ちゃんが通る産道が開きやすいので、赤ちゃんがスムーズに産まれてくる可能性が高いです。このことから、母子ともにメリットのある体型だといえるでしょう。

安産型だからといって安産とは限らない

安産型とはお尻の大きな女性を指すことが多いですが、安産型のママが必ずしも安産になるとは限らないので注意が必要です。反対にお尻が小さくて安産型とはいえない体型であっても、骨盤の形が安産向きであれば安産で出産することが可能ですよ。

安産になりやすい方の特徴には、「冷え症でない」「適度に運動していて体が柔らかい」「痩せすぎたり、太りすぎたりしていない標準体型である」「赤ちゃんの丸い頭が通りやすい骨盤の形をしている」などがあげられます。

安産での出産を望む場合は、体型が違うからといって諦めずに、生活習慣や体重管理をしっかりと行うとよいでしょう。栄養バランスの整った食事を心がけて、妊娠中でも適度に体を動かすことが安産への近道です。

女性らしくて魅力的!安産型のママの特徴

骨盤が広くおしりが大きい

一般的に安産型の体型といえば、骨盤が広くお尻の大きな体型です。後ろから全身を見たときに、お尻が大きかったり丸かったりするスタイルだと、安産型だと認識されやすいようです。

お尻が大きいと、下半身の体型がはっきり分かるスキニージーンズやタイトスカートなどの着用を避けがちですよね。ですが、大きなお尻だと逆にウエストが細く見えますし、女性らしい体型に憧れをもつ女性も多くいるので、引け目を感じる必要はありませんよ。

また最近は、お尻に焦点を当てたボディメイクが流行していますよね。大きくてプリッと上がっているお尻は、男女ともに人気があるそうです。安産型の大きなお尻をコンプレックスと思わずに、ストレッチや軽い運動で美尻になるよう鍛えてみてはいかがでしょうか。

太りすぎず痩せすぎない標準体型

「安産型の体型=ぽっちゃり体型」ではありません。安産型の特徴として、痩せすぎでも太りすぎでもない標準体型ということがあげられます。筋肉と脂肪のバランスが取れた健康的な体型、というのが安産型のポイントになります。

脂肪がたくさんついている大きなお尻は、安産型とは言い切れません。妊娠中は体重管理が大切です。赤ちゃんに栄養を送ろうと思い、食べすぎたり飲みすぎたりすると、ママの体に脂肪がたくさんついてしまいます。肥満はむくみや妊娠高血圧症候群を引き起こすだけでなく、難産の原因にもなりかねません。

ママが肥満体型だと、赤ちゃんが通る産道にも脂肪がついてしまい、出産のときに赤ちゃんが苦しい思いをすることもあるそうですよ。日ごろから、標準体型をキープするよう心がけましょうね。

周りのママに比べ体力や筋力、柔軟性がある

安産型の体型のメリットは、体力や筋力、柔軟性があることがあげられます。女性の体には元々「赤ちゃんを産む力」が備わっていますが、最近は不規則な生活や食事の乱れなどが原因で、昔よりもその力が低下しているといわれています。

出産は体力勝負と謳われるように、体力や筋力がないと陣痛中に疲れ切ってしまい、うまく息めずに難産となってしまうケースもあります。日ごろから適度な運動をしている、もしくは無駄なぜい肉のない引きしまった体である場合は、安産型といえるでしょう。

また安産には柔軟性も大きく関わっています。分娩台にあがった際には、股関節に負担がかかる姿勢で息むので、柔軟性があると赤ちゃんの通る産道も開きやすいそうですよ。

安産型の体型のママに似合うお出かけコーデ

子どもと走り回れるスキニージーンズ

安産型の体型だと他人から指摘されると、お尻が大きいと遠まわしに言われているように感じて、素直に喜べないこともありますよね。大きなお尻が気になってしまい、お尻が目立たないようなコーディネートが増えることもあるでしょう。

そんなときは、あえてスキニージーンズを履いてみてはいかがでしょうか。最近はプチプラのジーンズも多いですし、ストレッチの効いたタイプであれば気兼ねなく子どもと走り回ることもできますよ。

お尻が強調されることが気になる場合は、お尻回りを隠すことができるゆったりめのトップスを選ぶとよいでしょう。大きなお尻が隠れますし、スキニーは足首に向かって細くなるデザインですので、脚のラインがきれいに見えておすすめですよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj