就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの服の臭いが取れない!取りにくい臭いの原因と対処法

赤ちゃんの服の臭いが取れない!取りにくい臭いの原因と対処法

赤ちゃんの服をきれいに洗ったつもりでも臭いが取れていないことはありませんか?くさい臭いがするときは困りますよね。赤ちゃんの服の臭いの原因と臭いの対処法をまとめて紹介します。臭いの取り方を知って、赤ちゃんが身に着けるものを清潔に保ちたいですね。

赤ちゃんの服のなかなか取れない臭い

よだれやミルク、母乳が臭いの原因

赤ちゃんはミルクや母乳を飲んでいますよね。うまく飲めないときや、飲んだ後にするげっぷで吐いてしまうことがあります。よだれがよく出る赤ちゃんもいますから、よだれにミルク、母乳で胸のあたりまで服がびっしょりの場合も多いでしょう。

ミルクや母乳にはタンパク質が含まれています。このタンパク質に微生物や雑菌がついて繁殖し、くさい臭いを発するのです。よだれにも母乳やミルクが含まれていますから、同じように雑菌や微生物が繁殖して臭いがするのですね。

よだれやミルク、母乳がついたらすぐに洗ってきれいにするのが理想的ですが、そうはいかないことが多いでしょう。そのままにして時間が経ってしまうので、臭いがするようになるのです。

脂肪成分やタンパク成分が原因

母乳やミルクに含まれている脂肪成分やタンパク成分などが、赤ちゃんの服の臭いの原因といわれています。それは、どうしてなのでしょうか。

脂肪は温度が低くなると固まりますよね。赤ちゃんの母乳やミルクが服に染み込み、時間が経つにつれて温度が低下しますので脂肪が服の中で固まってしまい、取れにくくなるのです。

タンパク成分も時間が経つと固くなる性質があります。ミルクや母乳がついたら、すぐに取り除かないと固くなってしまうのです。

服に残ってしまったミルクや母乳の成分であるタンパク成分や脂肪成分をえさにして雑菌が増え、くさい臭いがするというわけですね。服の中に染み込んでいるのですから、簡単には取れにくく、くさい臭いがし続けるのでしょう。

つけたままで繫殖してしまった雑菌が原因

細菌が繁殖するためには、栄養と水分、そして適度な温度が必要だといわれています。母乳やミルクがついた服は、その条件を満たしてしまっているのです。

母乳やミルクには脂肪成分やタンパク成分という栄養が含まれていますし、水分もありますよね。室温は赤ちゃんが過ごしやすいために心地よい温度に設定しているでしょうから、細菌が繁殖する条件がそろっているのです。

こうした条件を満たすことで、細菌が増えながら分解物が派生していくことで臭いを発するのです。細菌自体は臭いはしないようですが、分解物がよいにおいやくさい臭いを発するようです。

雑菌が繁殖する前に、服についた母乳やミルクを落とさないと、くさい臭いがしてくるわけです。

服についたミルクやよだれの簡単な臭い対策

首回りにはスタイやハンドタオルをつける

服が母乳やミルク、よだれなどで汚れるとくさい臭いがするのですから、できるだけ服につかないようにするのがよいですね。母乳やミルクやよだれは首回りにつきやすいので、スタイやハンドタオルなどをつけて、服につかないようにしてみましょう。

スタイは取り外しが簡単ですし、洗濯も簡単です。さまざまな素材のものがありますが、赤ちゃんの肌にやさしいものがよいですね。

スタイでなくても、ハンドタオルにクリップをつけてもよいですね。ハンドタオルは吸収性がよいですし、使い古したら雑巾にもできますから使いまわしができます。

よだれや飲みこぼしができるだけ服につかないように、スタイやハンドタオルを使うと一日に何度も服を着替えなくてよいですね。

汚れてしまったらすぐに洗濯かつけ置き

ミルクや母乳やよだれなどで汚れてしまったら、すぐに洗濯をするのが理想的です。汚れには脂肪成分やタンパク成分が含まれていますから、温度が低い水で洗っても服の中で固まってきれいに落とすことは難しいでしょう。

脂肪成分やタンパク成分を服の外に出やすいようにするには、ぬるま湯につけて温めてから洗うのも一つです。汚れたらすぐに洗うのが一番ですが、赤ちゃんのお世話をしていると大変ですよね。

そのようなときは、殺菌効果のあるクエン酸またはお酢につけておきます。クエン酸を溶かした水をバケツに入れておいて汚れたらとりあえずはそこに入れていくのです。あとはほかのものと一緒に洗濯すればよいので、洗濯物がたくさん出る時期には少し楽になるでしょう。

洗濯後干すときに除菌スプレーを

雑菌がくさい臭いの原因になりますから、雑菌をなくせばくさい臭いもなくなるというわけですね。洗濯物の臭いが心配なときは、洗濯を干すときに仕上げとして布用の除菌消臭スプレーをかけるのもよいですよ。

赤ちゃんにも大丈夫な除菌消臭スプレーがありますから、それを利用しましょう。洗濯物を干すときに除菌消臭スプレーを20~30cm離れた場所から約10回を目安にまんべんなくスプレーするのです。ママは家事、育児などとやることがたくさんありますから、少しでも簡単に嫌な臭いを防げればうれしいですね。

ただし、洗濯する前に臭いをごまかそうとして除菌消臭スプレーを汚れた部分にかけると、かえっておかしな臭いになることもありますから気を付けましょう。

それでもなかなか取れない臭いの対処法

タンパク汚れにはぬるま湯と酸素系漂白剤を

簡単な臭い対処法を試しても、なかなか臭いが取れないこともあるかもしれません。そのようなときにはぬるま湯と酸素系漂白剤で対処することもできます。

まずは、30℃ほどのぬるめのお湯につけてせっけんでもみ洗いしてみましょう。ここでタンパク成分や脂肪成分を固めずに服の外に出すわけです。

その後50℃ほどのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、その中にもみ洗いしたものを入れて、1~2時間ほどつけおきします。色落ちしやすいものは漂白剤を使わなくても大丈夫です。その後は普段どおりに洗濯をしたらよいのです。

普段の洗濯のほかに二つ作業が加わりますので、かなり手間がかかりますが、手間をかけた分きれいになりますので効果がありますね。

アイロンや熱湯、レンジで除菌

雑菌を増やさないようにするには、熱湯消毒するのも効果的です。ミルクの哺乳瓶を消毒するのに熱湯消毒することもありますよね。

哺乳瓶を熱湯消毒するように、汚れた服を煮洗いするのも一つです。ステンレスかホーロー製の鍋に水1Lほど入れて、小さじ2杯の粉せっけんをよく溶かしましょう。その中に汚れたものを入れて弱火で20~30分ほど煮るのです。

汚れたものを洗濯してから、まだ濡れている状態でアイロンをかけることも熱湯消毒と同様の効果があります。家庭でよく使っている電子レンジで温めるのも効果的です。服を洗濯をしてからまだ濡れている状態で、電子レンジに1~2分ほどかけましょう。ただし、服に金具がついているものは危険なので避けましょう。

塩素系漂白剤で除菌効果を長持ちさせる

最近は液体タイプ、粉末タイプ、スプレータイプなど様々な塩素系漂白剤が販売されています。色柄物にも使えますし、臭いも穏やかなものがありますし、しっかりとすすげば赤ちゃんのものも洗えますから安心です。

母乳やミルク、よだれがついて気になる服やスタイなどがあれば、スプレータイプの塩素系漂白剤を汚れた部分にスプレーしてから、普段どおりに洗濯機で洗ってみましょう。弱アルカリ性の洗剤がより効果的ですよ。

液体タイプはつけおき洗いに使いやすいですし、粉末タイプは普段の洗濯洗剤と一緒に洗濯機に入れて使えるので便利ですよ。どのような使い方をしたいかで、どのタイプを使うかを決めたらよいですね。

塩素系漂白剤で除菌効果を長持ちさせ、くさい臭いの発生を抑えるのです。

まとめ

赤ちゃんは母乳やミルク、よだれなどで服を汚すものですね。母乳やミルクやよだれは、脂肪成分やタンパク成分が含まれていますからそのままにしておくと雑菌が繁殖してくさい臭いがすることがあるのです。

そのようなくさい臭いがしないように、汚れたらすぐにぬるま湯で洗うとよいでしょう。雑菌は熱に弱いですから、熱湯消毒して洗ったり、塩素系漂白剤を利用してきれいにしてもよいですね。アイロンや電子レンジを活用する方法もありますよ。

赤ちゃんが身に着けるものは清潔に、気持ちのよい服を着せてあげたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018