就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの冬に小物を編もう!初心者ママもできるかぎ編みのすすめ

赤ちゃんの冬に小物を編もう!初心者ママもできるかぎ編みのすすめ

生まれる赤ちゃんのために、手作りで何か作ってあげたいと思うママは多いのではないでしょうか?そんなママにおすすめするのが、初心者にも比較的簡単な「かぎ編み」での赤ちゃんグッズです。必要な道具や編み方、冬生まれの赤ちゃんにぴったりなグッズを紹介していきますので参考にしてみてください。

編み物に必要な道具は100均で揃えられる

初心者ママでもチャレンジしやすいかぎ編み

生まれる我が子のため「何か一つでもよいから、手作りのものを」と思うのは親心ですね。編み物は妊婦さんでも負担なく始められるので、ひと編みひと編み赤ちゃんへの思いを込めて編み進めましょう。

初めからいきなり赤ちゃんの物を作るのはハードルが高いようであれば、いくつか簡単なモチーフ作って練習してみるのもおすすめです。丸いコースターなどのモチーフが均等にできるようになれば、目を増やしていくだけで帽子が作れるようになるのです。

初心者の方には、2本の編み針を両手に持って編み進める棒針編みより、短いかぎ針を使うかぎ針編みの方が簡単にできるでしょう。手芸屋さんに行かれてもよいですが、100均で道具・毛糸・本が揃えることができますので、手軽に始めることができます。

かぎ編みに必要なグッズ

編み物が初めての方や久しぶりで忘れたという方に、「編み物キット」というものがあります。編みたいもののキットを購入で必要なパーツや編み方の説明がセット売りになっていて、定期購読で基本から徐々レベルアップできるものもあるのです。

いちから揃える場合、以下で必要な物を紹介していきますので参考にしてみてください。

・かぎ針(毛糸に合わせた号数)
・毛糸(力加減で寸法や見た目が変わるので多めに用意)
・はさみ(手芸用のものがあれば)
・メジャー(定規でも可)
・毛糸とじ針(編み始めと編み終わりの毛糸を処理するときに使う)
・段目リング(段数マーカーでも可、編み目にひっかけてつかい段などの目安になる)

でもまず始めは、毛糸、かぎ針、はさみがあれば大丈夫です!

毛糸は赤ちゃんの肌にやさしいものを選ぼう

毛糸は直接肌に触れるものなのでチクチクしないことが大切で、肌にやさしく柔らかいものを選ぶようにしましょう。刺激がアレルギーを起こす原因になることもあるのです。おすすめは、オーガニックコットン・オーガニックウール・日本製の毛糸です。

ベビー毛糸と表記していても使用されている素材はバラバラで、アクリルやナイロンは、化学繊維なので、優しいとはいえないかもしれません。ウールも中にはチクチクさせるものもあるので気を付け選ぶようにしましょう。

人気なものを少し紹介してみます。
【ハマナカ ポーム】
ピュアオーガニックの無垢綿(むくわた)は自然のままの色合いです。

【ハマナカ アルパカエクストラ】
生まれて初めて刈る一生に一度のベビーアルパカです。

かぎ編みの知っておきたい基礎知識

かぎ針の持ち方と基本の編み方

かぎ針の持ち方、基本の鎖編みについて紹介します(右利きの方の場合)。

【左手】
小指と薬指で糸を挟み人差し指にかけて糸端を親指と中指でつまみます

【右手】
お親指と人差し指で軽く持ち中指を添えます。ペンを持つようなイメージです。

基本の編み方

【最初の目の作り方】
1.かぎ針を糸の向こう側にあててかぎ針を一回転させ糸に巻き付けます
2.糸の交点をを親指と中指でおさえ手前の糸を絡ませて輪の中から糸を引き出します
3.糸を引き締めます。この引き締めが最初の目になり、目の数に含めません
4.針に目がかかっている状態から新たに糸を絡め、輪の中にひきぬきます。これで鎖編みができます
5.必要な目だけ繰り返していきます

毛糸の太さによってかぎ針を変える

かぎ針の号数と毛糸の太さは密に関係しています。毛糸の太さは7種類ほどあり太さがあり、かぎ針は2/0号~10/0号がありそれ以上はジャンボ針と呼ばれていて、毛糸の太さと合っていないと編むのが大変なだけでなく、触った感じが固すぎたり柔らかすぎたりします。

初心者の方は5/0号か6/0号が使いやすと思いますが、毛糸を購入するときラベルに何号のかぎ針がおすすめか書いてあるので参考にするとよいでしょう。

好みなどもあると思いますが標準的にはこちらになりますので合わせて参考にしてください。

(毛糸の太さ:かぎ針号数)
・極細:2/0号
・中細:3/0号
・合太:4/0号
・並太:5/0~7/0号
・極太8/0~10/0号・超極太:ジャンボ7~15号

記号を知って編み図を理解する

編み図はどの編み方で何針編むかを示す設計図ですが、編み方で記号が決まっています。

【鎖編み】
記号は楕円形。基本の編み方です。

【細編み】
記号はXの形。鎖編みの目に針を刺したら新たな糸をかけて抜き、今度はそのまま新たな糸とかぎ針にかかっている2本の輪の中を引き抜きます。

【中長編み】
記号はTの形。針に糸をかけ鎖編みの目に針を刺し、新たな糸をかけ鎖編みから引きだし、もう一度新たな糸をかけかぎ針にかかっている三つの輪をすべて引き抜きます。

【長編み】
記号はTにななめ線が一つの形。針に糸をかけ鎖編みに針を刺し、新たな糸をかけ長めに引き出したら針先から二つ目の輪を新たな糸で引き抜きます。そして新たな糸で残りの二つの輪をすべて引き抜きます。 

かぎ編みで作れる赤ちゃんの冬小物

意外と簡単にできる「帽子」

短いかぎ針を使うかぎ針編みはやってみると意外と簡単にできますよ。帽子はカーブがあるけど作りやすく、お花やくま耳つけてみたりポンポンつけたりとアレンジができます。手作りのよいところは色や形を自由に決められるところです。

どんぐり帽子は知っていますか?てっぺんにちょこんと飛び出た部分があるニット帽のことで、本物のどんぐりに似ているから、そう呼ばれています。時々どんぐり帽子をかぶっている子どもの姿を見かけますがとてもかわいいですね!親子でお揃いでというのも手作りのよいところです。

編み方は鎖編み・細編み・長編みを使って繰り返し編んでいくだけなので、慣れればとても簡単に作ることができるのです。できあがりにお花やリボンのモチーフをつけてもかわいいですね。

長く愛用できる「おくるみ」

赤ちゃんを優しく包み込むおくるみは出産前に用意しておきたいベビーアイテムの一つです。新生児からすぐ使えて大きくなってもベビーブランケットとしてお昼寝用にしたり、ひざ掛けにしたりと長く愛用できますよ。

かぎ編みの鎖編み・細編み・中長編み・長編みが理解できれば組み合わせで編むことができ、あとは続ける気持ちをもつだけです。どのくらいの大きさにすればよいかは、編み図を見ながら自分で決めることができ、正方形でも長方形でも好みで編むことができるでしょう。

いろいろとデザインも変えられて2~3色の毛糸を順番に途中で変えて編んでみたり、四角いモチーフを何枚も作り、それを組み合わせて大きな形にしたりと、楽しみながら根気強く編んであげたいですね。

チャレンジしたい「ベビーシューズ」

小さな小さな赤ちゃんのシューズは、とてもかわいくて見ているだけで幸せな気分になりますよね。フローリングのおうちでツルッとすべる心配もあるかと思いますが、まだ歩くことができない赤ちゃんが履くのは防寒対策のためです。ベビーカーでのお出かけのときにも使えて便利でかわいいです。

立体的に編んでいくので少し難しく感じるかもしれませんが編み図などを確認しながら編み進めていくと大丈夫です。ストラップ付に仕上げたり、お花やボタンを付けたりとアイデア次第でいろいろできますね。

最近はベビースニーカーも流行っていて、編むのは少し難しく中級~上級者さん向けになるかもしれませんがオシャレで素敵です!星のワッペンをつけてコンバース風にされる方もいらっしゃいます。

まとめ

寒い時期に生まれる赤ちゃんのために温かいかわいい小物を揃えてあげたいですよね。素材でもちろん温まりますが、ママの心のこもったプレゼントでもっと温かくなりますね。

今は100均がとても充実しているので、初心者の方も気軽に始めやすかと思います。まずは小さなモチーフを作っていきましょう。いろいろ作っていくと毛糸の違いも分かってくると思いますので、さぁ、赤ちゃんの小物作ってみましょう。帽子・おくるみ・ベビーシューズなど挑戦してみてくださいね!

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR