就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 離乳食初期の進め方!準備することや注意点とおすすめレシピ

離乳食初期の進め方!準備することや注意点とおすすめレシピ

育児をしていると分からないことが多いですが、特に離乳食は赤ちゃんの体の中に入るものなので、どのようにあげればよいのかと、神経を使うママは多いですよね。今回は離乳食を始める時期や、気をつけなければいけないこと、様々な食材を使った離乳食のレシピなどをいくつかご紹介します。

離乳食を始める前に確認しておこう

いつから始めればいい?開始のサイン

離乳食は生後5~6カ月の頃に始めるとよいとされていますが、 赤ちゃんの成長は個人差も大きいので具体的にいつ始めればよいのか悩むママは多いです。

離乳食を開始する時期は…

1.赤ちゃんの首がしっかり据わっていること
2.自分でお座りができるまたは支えてあげると座れる
3.大人が食事していると、じっと見つめてよだれが出てくる、口をパクパクさせる
4.スプーンを赤ちゃんの口に入れても、舌で押し返したり嫌がったりしないなどの、いくつかのサインがあります。

地域の4カ月健診やママ友などに離乳食の話を聞くと、「早く始めないと」と焦ってしまう方もいますが、月齢だけにこだわって始めるのではなく、赤ちゃんの成長や様子を見ながら焦らずに始めることが大切ですね。

初期のスケジュール をイメージしよう!

離乳食を開始するにあたって、1日のスケジュールをイメージしながら「いつ離乳食をあげるのか?」を考える必要があります。離乳食の初期の頃は1日に1回食です。この時期はまだまだ母乳やミルクからほとんどの栄養を吸収しているので、離乳食をしっかり食べさせることが大切なことではなく、食べることの楽しさや、口から食事をする練習をすることがメインになります。

赤ちゃんに「食事をするのが楽しい。もっと食べたい」と思ってもらえるように、離乳食をあげる時間帯にも気をつけてあげるとよいでしょう。離乳食はなるべく、同じ時間帯にあげることをおすすめします。大人も朝・昼・夜と大体食事する時間は決まっていますよね。赤ちゃんも同じで時間帯がバラバラだと、リズムが狂ってしまいます。

事前に用意すると楽になる?必要な器具

赤ちゃんが食べる離乳食の量は大人と違って少量で、赤ちゃんの分だけ別に調理する必要があります。ですから、離乳食開始前にいくつか離乳食用に器具を揃えておくとよいかもしれません。

1.小さな鍋
おかゆ作りや野菜を茹でたり煮たりするのに大活躍します。量が少ないので小さな鍋のほうが調理しやすいです。離乳食初期の頃から使えるので便利ですね。

2.すり鉢・すりこぎ・裏ごし器
離乳食を開始から赤ちゃんの歯が生えるぐらいまでは、うまく食べ物を噛めないので食べやすいように、野菜やおかゆをすりつぶしたり裏ごししたりして与える必要があります。

3.小分けできる保存容器など
赤ちゃんが食べる離乳食の量は少ないので、1度に何回分かの離乳食を作り冷凍保存すると便利です。

離乳食初期に気をつけてほしいこと

まだまだ胃腸が未熟。与える量に注意

離乳食を始める生後5~6カ月頃の赤ちゃんは、まだまだ胃腸が未熟なので赤ちゃんの様子を見ながら離乳食を与える必要があります。赤ちゃんによっては離乳食を始めてから下痢や便秘をする子も多いので、作った分すべてを食べさせようとせずゆっくり進めていきましょう。

離乳食を始めてから赤ちゃんが下痢や便秘になった場合は、1度離乳食をお休みすることをおすすめします。離乳食初期の頃は、食べる楽しさを学んだり食べる練習をする時期なので、赤ちゃんのうんちが正常に戻るまでは、母乳やミルクをあげたほうがよいでしょう。

また、赤ちゃんの成長は個人差が大きいので離乳食を再開しても、また赤ちゃんの調子が悪くなってしまった場合は、離乳食を始める時期を1カ月程遅くしても問題ないですよ。

全てがはじめての食材。アレルギーに注意

離乳食を始めるときに、特にママが注意が必要なのがアレルギーです。離乳食を始めた赤ちゃんが口にする食べ物は、すべてがはじめて口にする食材ですよね。アレルギーは実際に食べてから分かる物が多いので、離乳食をあげているときや食べた後しばらくの間は、赤ちゃんの様子をしっかりみるようにしましょう。

アレルギーが出やすい食べ物は、25品目(特定原材料等)あると厚生労働省が発表しています。その中でも表示義務のある食べ物は、卵・小麦・えび・かに・落花生・そば・乳です。他にも通知で表示を奨励する物が、オレンジ・牛肉・さば・大豆などたくさんの食べ物がアレルギー物質を含んでいます。

アレルギーは個人差だけではなく、体調によっても発症する場合があるので注意が必要です。

あまり食べてくれない時はどうする?

「離乳食をせっかく作ったのに、赤ちゃんが全然食べてくれない」と悩むママは多いですよね。生まれてからミルクや母乳を飲んでいた赤ちゃんにとって、離乳食を食べることは大人が思っている以上に大変なことです。赤ちゃんがあまり食べてくれないと、焦ったりイライラしたりする方は多いですが、気長に進めていくことが大切です。

赤ちゃんがあまり離乳食を食べない場合、味などを工夫するとよいかもしれません。たとえば、離乳食初期はお粥をあげるのが一般的ですが、赤ちゃんによってはお粥を全然食べてくれない子もいます。そのようなときは、1度野菜のペーストなどを与えてみて、味に変化をつけてみましょう。味を工夫したことで、食べてくれると嬉しいですよね。

まずはお粥から!基本の10倍粥の作り方

おいしいお粥を食べさせたい!お鍋で炊く

離乳食を始めるときに、一般的に最初に赤ちゃんに与えるのがお粥ですよね。離乳食初期の頃は10倍粥からスタートします。

「赤ちゃんにおいしいお粥を食べさせたい 」という方はお鍋で炊く方法を選ぶとおいしくお粥が作れますよ。10倍粥はお米1に対してお水が10の割合が基本です。

1.お米の分量を計り洗ってから、お水(お米の分量の10倍)に30分ほど浸します。
2.小鍋に1のお米とお水を入れて強火で炊いていきます。このとき蓋はしなくて大丈夫です。
3.沸騰したら弱火にし、蓋をして30分ほど炊いていきます。(吹きこぼれに注意)
4.火を止めたら10分ほど蒸らしていきます。
5.粗熱がとれてから、裏ごししてペースト状にしましょう。

スイッチ1つで簡単!炊飯器で作る方法   

「毎日小鍋で炊くのは時間もないし面倒くさい」という方に、炊飯器で作るお粥ならスイッチ1つで簡単に作れます。専用カップや湯呑みを使うと、大人のご飯と一緒に炊飯器で炊けて便利です。

10倍粥だけを作る場合はお米の量に対してお水を10倍入れましょう。

1.お米を洗って炊飯器にお水と一緒に入れ、30分~1時間ほど浸しておきます。
2.炊飯器で炊きます。
3.炊きあがったら10分ほど蒸らして粗熱をとり、裏ごししてペースト状にします。

ご飯と一緒に炊いていく場合、たとえば、お米の量が大さじ1使うとすると、お水は150mlいれましょう。

1.先程と同じです。
2.お米とお水を入れた専用カップや湯呑みを、炊飯器の中央にセットして炊きます。
3.先程と同じです。

さらにお手軽に!レンジで1食分作る方法

炊飯器で作るお粥よりもさらにお手軽に作れる方法が電子レンジを使うことです。昨日の残りのご飯を活用したいときや、忙しくて時間がないときに便利ですよ。

電子レンジで作る場合は炊けているご飯を使用するので、ご飯の量に対して5倍のお水を入れましょう。

1.耐熱器を用意しご飯とお水を入れて軽く混ぜます。混ぜたら端に少し隙間をあけてラップをふわっとかけましょう。
2.電子レンジで全体が沸騰するまで約1分加熱します。
3.レンジから出しラップをしたままの状態で3分ほど蒸らします。
4.粗熱がとれてから裏ごししてペースト状にします。

沸騰するまでの時間は電子レンジによっても違いがあるので、様子をみて加熱時間を調整しましょう。

お粥に慣れたら挑戦!野菜や果物

どんな野菜や果物を食べていいの?

離乳食を開始後しばらくは、お粥だけを与えますよね。離乳食にも少しずつ慣れてきた頃に野菜や果物を与えますが、何を与えればよいのか悩む方は多いです。

赤ちゃんはアレルギー反応が起こりやすいので、できるだけアレルギーになりにくい食材を選ぶ必要があります。また、はじめて与える食材は1日に1種類にすると、食べたあとに体調を崩してもアレルギーの原因が分かりやすいですね。

離乳食初期の頃は、糖質が含まれている穀物類や芋類は比較的食べやすい食材です。野菜では人参やほうれん草、トマト、かぼちゃなどはアレルギーになりにくい食材になります。果物は、りんごやみかん、バナナ、いちごなどはアレルギー物質が少なく、甘みがあるので赤ちゃんも食べやすいかもしれませんね。

【レシピ】枝豆ミルク粥でカラフルな食卓

離乳食初期の頃から食べられて、いろどりもカラフルな枝豆ミルク粥の作り方をご紹介します。枝豆はいろどりがきれいですし、様々な野菜との相性もよいので離乳食にもたくさん活用できる野菜です。離乳食に使う量は少量なので、新鮮なうちに茹でておいて、ミキサーなどですりつぶしてから冷凍保存すると便利ですよ。

用意するものは、10倍粥、枝豆、粉ミルク、お家に野菜があれば野菜も入れるとおいしいですよ。

1.枝豆を熱湯で約5分茹でて冷まします。冷ましてから薄皮をむいてやわらかくなるまでさらに煮ます。
このときお水の量を増やしてください。
2.枝豆がやわらかくなったら、熱いうちにおかゆと粉ミルクと一緒にミキサーにかけたら出来上がりです。

【レシピ】あま~いりんごとさつまいも

あま~いりんごとさつまいものレシピは食後のデザートやおやつにピッタリの1品です。こちらのレシピは電子レンジだけで簡単に作ることができるので、「時間がないけど、おいしい離乳食を作ってあげたい」と悩むママにおすすめですよ。

1.りんごとさつまいもの皮を剥いて、電子レンジの時短のために、一口大に切っておきましょう。
2.一口大に切ったりんごとさつまいもを電子レンジでやわらかくします。さつまいものほうがやわらかくなるのに時間がかかるので、先に2分ほどさつまいもを加熱してからりんごを加えるとよいかもしれませんね。
3.やわらかくなったりんごはすりおろし、さつまいもは潰します。
4.りんごとさつまいもを混ぜたら出来上がりです。

豆腐はいつから?与える時期とレシピ

お豆腐は離乳食初期から食べていいの?

お豆腐は離乳食初期の頃から使用することができる食材です。値段が安く手に入りやすいものですし、調理も簡単なので使用する方も多いのではないでしょうか。

お豆腐は使いやすい食材ですが、決して離乳食1日目から使用できるというわけではありません。お豆腐を使用してもよいのは、離乳食を始めてから1週間以上経っていることと、10倍粥や野菜、果物が順調に進められていることが条件になります。

「お豆腐を与えても全然食べない」と悩む方もいるかもしれませんが、赤ちゃんはその日の体調や気分で食べないこともあるので、焦らずに気長に待ってあげましょう。離乳食を始めて1週間以上たっていても、あまり赤ちゃんがお粥や野菜も食べてくれない場合は、お豆腐を与えるのは待ちましょう。

木綿?絹ごし?下ごしらえの方法は?

お豆腐は離乳食を作るときに活躍する食材ですが、木綿豆腐と絹豆腐、どちらを使用するとよいか悩むママもいますよね。木綿豆腐は少し硬めの食感なので、離乳食初期の頃は絹ごし豆腐をおすすめします。絹ごし豆腐はなめらかな舌触りなので赤ちゃんでも食べやすいです。また、裏ごしもしやすいですよ。

お豆腐は必ず熱を通してから、はじめの頃は小さじ1杯の量を与えるようにしましょう。沸騰したお湯に30秒ほどお豆腐を入れるだけでよいですよ。加熱したお豆腐は裏ごししてから赤ちゃんに与えましょう。

また、アレルギー反応を起こす可能性もあるので、病院の開いている午前中に与えるほうがよいでしょう。赤ちゃんの様子が少しでもおかしいと感じたら、すぐに病院の先生に相談しましょう。

【レシピ】アレンジ可能!豆腐のポタージュ

離乳食スープは、野菜スープやかつおだしなどが定番ですが、いつも一緒だと赤ちゃんも飽きてしまいますよね。そこで、簡単にできてアレンジが可能な、豆腐のポタージュを作ってみてはいかがですか?材料は、絹豆腐、粉ミルク、水溶き片栗粉の3種類でできるのでおすすめですよ。

【作り方】
1.絹豆腐をなめらかになるまですりつぶします。
2.すりつぶした豆腐の中に、お湯で溶いた粉ミルクと、水溶き片栗粉を混ぜ合わせます。
3.電子レンジで30秒ほど加熱すれば出来上がりです。

出来上がりの味はやさしい甘さなので、野菜や果物を加えても相性バツグンですよ。また、水溶き片栗粉以外にベビーフードのとろみの素を使うと、温かいスープに入れるだけでとろみがつくので時短になりますね。

お魚にも挑戦!白身魚の与え方とレシピ

白身魚とは?具体的な魚の種類を知りたい

「はじめて赤ちゃんにたべさせる魚は白身魚がよいよ」と聞いたことがあるけど、白身魚といってもどの魚を食べさせればよいのかママは悩みますよね。離乳食初期の頃に食べさせてもよい魚は、ヒラメ、カレイ、鯛です。この3種類の魚は脂肪分が少なく、赤ちゃんでも食べやすいですよ。「骨が気になる」という方は、お刺身用の魚を調理すると安心かもしれませんね。

白身魚を食べてもよい時期は、離乳食をはじめてから1カ月ほど経った頃がおすすめです。しかし、白身魚も他の食材と同じように、赤ちゃんがお粥や野菜をしっかり食べられていることが与える条件になります。

与える量は小さじ1~3杯ほどが目安です。同じタンパク質のお豆腐を与える場合は、白身魚を与える必要はありません。

【レシピ】白身魚の野菜あんかけ  

他の食材を与えるときも同じですが、離乳食を作るときにとろみを少しつけてあげると、赤ちゃんが離乳食を飲み込みやすくなります。お魚をあまり食べてくれない赤ちゃんにも、おすすめのあんかけレシピです。

【作り方】
1.まず、野菜のあんかけを作ります。野菜をやわらかく煮て野菜スープを作ります。(人参やほうれん草など好きな野菜を使いましょう。)スープだけとってもよいですし、野菜をペースト状にしてスープと混ぜてもよいです。
2.野菜スープに水溶き片栗粉を入れて、とろみをつけます。
3.鯛のお刺身を電子レンジで約1分ほど加熱します。
4.加熱した鯛をすりつぶします。
5.すりつぶした鯛に、野菜のあんかけをかければ出来上がりです。

【レシピ】ヨーグルトと鯛の和え物

ヨーグルトはなめらかな食感なので、赤ちゃんの離乳食にも使いやすい食材の1つですよね。赤ちゃんによっては魚のパサつきや匂いが嫌で、なかなか魚を使った離乳食を食べてくれない子もいます。そこで、赤ちゃんでも食べやすいヨーグルトと鯛を使った和え物をご紹介します。用意する物は、鯛、トマトペースト、プレーンヨーグルトの3種類です。

【作り方】
1.鯛を茹でて骨と皮を取り除きます。このときに、お刺身用の鯛を使用すると、手間がはぶけて簡単ですよ。
2.茹でた鯛をすりつぶします。
3.すりつぶした鯛にトマトペーストを混ぜ合わせます。
4.3にプレーンヨーグルトを和えたら出来上がりです。

トマトペーストを使用することで、見た目がカラフルになりかわいいですね。

子どもは大好き!ヨーグルトについて  

ヨーグルトはいつから?与える時の注意点

ヨーグルトはお腹の調子を整える効果がありますし、カルシウムも豊富に含まれています。なめらかな食感なので赤ちゃんでもすぐに食べられそうに思うママは多いのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんに与える時期や与える量などには注意しなければならない食材でもあります。

全脂無糖のヨーグルトであれば、生後5~6カ月の時期に与えてもよいといわれています。しかし、与えてもよいのは離乳食を始めてから1カ月をすぎていることと、お粥や野菜などの離乳食を、しっかり進められている赤ちゃんに限られます。

ヨーグルトをはじめて与えるときは、小さじ1から始めるようにして、体調の変化などがなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

そのままあげていい?下ごしらえの方法

赤ちゃんの胃腸はまだまだ未熟なので、離乳食の基本は殺菌などの効果があるため必ず加熱しますよね。しかし、ヨーグルトの場合はどのような下ごしらえをすればよいのか悩むママは多いです。

ヨーグルトは加熱せずに赤ちゃんに与えることができます。しかし、赤ちゃんに離乳食としてヨーグルトを与える場合は、冷蔵庫から出して常温に戻してから与えるようにしましょう。冷たいヨーグルトにびっくりしたり、お腹をこわしたりする子もいるので注意しましょう。

ヨーグルトはそのまま使用することができますが、水切りをして使用すると他の食材ともよく絡まります。水切りの方法は、ヨーグルトを電子レンジでしばらく加熱し、キッチンペーパーなどで軽く絞るとできますよ。簡単なので挑戦しやすいですよね。

【レシピ】ハーフバースデーケーキでお祝い

生後6カ月をお祝いするハーフバースデーは大切なイベントですよね。そこで、赤ちゃんでも食べられるかわいいケーキの作り方をご紹介します。

用意するものは、ヨーグルト、かぼちゃ。さつまいもの3種類です。トッピングにいちごやりんごなど、フルーツを飾ると見た目もかわいいですよ。

【作り方】
1.かぼちゃとさつまいもをやわらかく茹でます。その後別々に裏ごしします。
2.カップに裏ごししたさつまいもを半分入れて、かぼちゃを入れます。
3.かぼちゃの上に残りの半分のさつまいもを入れます。
4.お皿にカップをのせ、カップをひっくり返して中身を出します。
5.その上にヨーグルトをのせて、フルーツなどをのせれば出来上がりです。

賢く使おう!初期から使えるベビーフード

お湯で簡単!コシヒカリの米粥   

時間がないときや、お出かけのときなどに大活躍するのがベビーフードです。「ベビーフードは離乳食後期のものしか売っていないのでは?」と思う方も多いかと思いますが、離乳食初期の頃から使えるベビーフードもたくさんありますよ。

お出かけのときは外で離乳食を食べさせなければならないので、手作りのものだと持ち運びが大変です。コシヒカリの米粥だと離乳食初期の頃から活用でき、お湯で簡単に作れるので便利ですよ。

離乳食初期の米粥の作り方は、ベビーフード小さじ1に対してお湯を小さじ4~5杯入れます。そして蓋をして3分ほど待てば米粥の出来上がりです。外出時は、水筒にお湯を入れて持ち運ぶか、外出先でお湯をいただけるか確認するとよいですね。

ぬるま湯にもとける!とろみのもと

赤ちゃんが離乳食を食べやすくするために、離乳食にとろみをつけてあげるとのどごしがよくなります。また、いつもの離乳食にとろみをつけることで、食感に変化ができるので「あまり食べなかった食材にとろみをつけると、食べてくれた」という方もいますよ。

水溶き片栗粉でもとろみをつけることはできますが、少し手間がかかり面倒くさくなることも多いですよね。そこで、とろみのもとを使えば簡単に離乳食にとろみをつけることができます。とろみのもとはお湯だけではなく、ぬるま湯にもとけるのですぐに作ることができます。

友人の赤ちゃんは、離乳食にとろみをつけるとよく食べてくれるそうです。ですから、とろみのもとを使うと時短になり便利だそうですよ。

固さの参考にもなる、瓶詰めお粥

ベビーフード売り場を見ていると、瓶詰めになっているお粥もよく見かけますよね。瓶詰めお粥は、対象月齢によってお粥の硬さがしっかり分けられています。ですから、離乳食が進み「お粥をどのくらいの硬さにすればよいのか分からない」と悩むママが、瓶詰めお粥を購入しお粥の硬さの参考にするのもよいですね。

瓶詰めお粥は、蓋を開けてそのまま食べることができます。お湯もいらないので、外出時でも簡単に離乳食を与えることができ便利です。また、食べ残したときも蓋を閉めておくと、後で食べることもできますよね。

友人は、赤ちゃんと実家に帰省するときに瓶詰めお粥を持ち運ぶそうです。新幹線などでもすぐに赤ちゃんに食べさせてあげられるので、助かっているそうですよ。

まとめ

離乳食を始めるときは、与え方やアレルギーなど心配なことが多く不安になるママは多いです。しかし、注意点をしっかり守れば、たくさんの食材を使ったおいしい離乳食が作れたり、見た目もかわいい離乳食が作れたりとアレンジがいろいろ楽しめます。

大切なのは赤ちゃんがすべて完食することではなく、食べることの楽しさを学んだりたくさんの食材に触れ合ったりすることです。赤ちゃんが食べなくても焦らずに、楽しみながら離乳食を進めていきましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR