就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

うちの子は離乳食を食べ過ぎ?食事量の目安や食べ過ぎを防ぐコツ

うちの子は離乳食を食べ過ぎ?食事量の目安や食べ過ぎを防ぐコツ

よく食べる子は元気になると聞くこともありますが、赤ちゃんがたくさん離乳食を欲しがるとママは「食べすぎではないか?」と心配になりますよね。今回は月齢によって変わる離乳食の分量や、離乳食を食べすぎている場合の離乳食の作り方の工夫などを、分かりやすくご紹介します。

食べ過ぎってどれくらい?離乳食の目安  

どれくらい与えればいい?離乳食の目安  

離乳食は赤ちゃんが欲しがる分だけあげてよいというわけではありません。赤ちゃんの成長と共に少しずつ量を増やします。

離乳食は生後5、6カ月の頃に開始するのがよいとされています。離乳食を始めるときは、まだ栄養のほとんどを母乳やミルクから摂取しています。ですから、1日に1回1さじから始めて少しずつ増やしていきましょう。

離乳食を開始してから1カ月後の分量の目安は、約70g前後です。メニューはつぶし粥と野菜のペースト、豆腐などの柔らかい物をあげましょう。

生後8カ月頃に離乳食を2回食に増やします。分量は約150g前後です。生後10カ月頃には離乳食を3回食に増やし、分量も約170g前後になります。離乳食の硬さは子どもの成長を見ながら徐々に硬くしましょう。

体重で確認!食べすぎの目安   

離乳食は少しぐらい食べすぎていても、栄養バランスのよいメニューにしていれば、赤ちゃんが肥満になることはあまり無いといわれています。しかし、食事の時間をきっちり決めず、赤ちゃんが食べ物を欲しがるたびにあげてしまったり、ご飯やパンばかりあげるなど、栄養バランスに偏りがあったりすると、少し改善しなければいけませんね。

赤ちゃんが離乳食を食べすぎているのかが簡単に分かるのが、体重を計ることです。「うちの子は食べすぎではないか?」と心配な方は、毎日赤ちゃんの体重を計ってみるとよいかもしれませんね。

母子手帳には赤ちゃんの月齢別に、平均体重と身長のグラフが載っています。そのようなグラフを参考にすると、平均よりも太っているのかが分かりやすいのでよいですね。

食べすぎの原因や注意点

赤ちゃんが離乳食を食べすぎてしまう原因は、先ほどご紹介したように一度の離乳食のあげる分量を決めずに、赤ちゃんが欲しがる分だけ与えてしまうことです。赤ちゃんはまだ満腹中枢が未発達で、大人のように自分で食事を制限することができません。パパやママがたくさん食べてくれるからといってあげすぎてしまうと、あげた分だけ食べてしまう子もいます。

また、ご飯の時間ではないのに、赤ちゃんが泣いていると泣き止ませたい一心で、赤ちゃん用のおやつやジュースを与えるのも、食べすぎの原因になります。泣いているときにおやつをあげてしまうと、赤ちゃんは「泣いたらおやつをもらえるんだ」と思うので、おやつがもらえるまで泣き続けることもあります。パパやママは注意が必要ですね。

知りたい!食べ過ぎを防ぐポイント  

汁物や野菜を増やしてかさまししてみる   

赤ちゃんが離乳食を食べすぎている場合、量を減らしてしまうと満腹感が得られないのでもっと欲しがります。大人がダイエットするときと同じで、汁物の量を増やしたり野菜を増やしたりすると、カロリーを抑えることができますよ。

また、離乳食を与えるときの順番も大切です。汁物から先に食べさせると、満腹感が得られることが多いです。汁物の後に野菜を食べさせて、その後にご飯とお肉やお魚の順番にすると、食べる量が減ったりカロリーを抑えられたりできますね。

汁物や野菜の料理も味付けが濃いとカロリーが高いので、薄味にすることをおすすめします。野菜は、さつまいもなどの味がある物は味付けをしなくてもよいですね。薄味にすると、赤ちゃんがたくさん食べても安心ですよ。


離乳食の硬さや大きさを変えてみる

離乳食の硬さや大きさを工夫してみるのも、よいかもしれません。離乳食がやわらかすぎると噛まずに飲み込むことができるので、どんどん食べてしまいます。そのようなときは、離乳食を少し硬めにするとモグモグ噛まないと飲み込めず、一口を食べる時間が長くなり満腹感が得られるかもしれません。

また、離乳食の一口の大きさを少し小さくすると、離乳食を食べ終えるために何口も食べないといけないので満腹になりやすく、よいかもしれないですね。しかし、あまり小さすぎると噛まずに飲み込む可能性があるので、注意が必要です。

友人Aさんの話では、子どもが8カ月の頃にやわらかい食事ばかり与えていたそうです。しかし、食べ終わっても欲しがるので、少し硬めにすると量が減ったそうですよ。

ゆっくり食べさせてみる

離乳食を食べすぎてしまう子には、与えるスピードをゆっくりにしてみるとよいかもしれません。赤ちゃんの口の中に離乳食が入っているのに、次々にあげてしまうとすぐに食べ終わります。食べるスピードが早いと満腹感があまり得られずにもっと欲しがる子が多いので、ゆっくりあげてみましょう。

友人Bさんの話では、ご飯の時間になると子どもが離乳食を手掴みで食べてすぐに食べ終わってしまい、お腹いっぱいにならないので、いつも泣いていたそうです。そこで、ママがお皿を持ってスプーンで少しずつあげるようにして、ゆっくり食べさせるよう工夫したそうです。

食べるスピードがゆっくりになると離乳食をよく噛むようになり、もっと欲しがって泣くこともなくなったと話してくれました。

どうすればいい?食べ過ぎの疑問  

食べたがって泣いているとき

赤ちゃんが離乳食を食べたがって泣いていると、かわいそうに思えてあげてしまうママは多いです。しかし、そのようなことを繰り返していると、赤ちゃんが食べすぎによる肥満になる可能性が高くなり、健康状態も心配です。

赤ちゃんが離乳食を食べた後でも、泣いてまだ食べたそうにしている場合は、赤ちゃんの気分を変えてあげることをおすすめします。たとえば、日中であれば外にお散歩に行くのもよいですよ。外には刺激がたくさんあるので、色々なものに興味をもって夢中になることが多いです。

夜や外に出られないときは、おもちゃや絵本などで赤ちゃんの気がそちらに向くようにすると、食べたい気持ちも減るかもしれませんね。また、お部屋を移動するのも気分転換になるのでおすすめです。


離乳食の後のミルクや母乳の与え方   

離乳食後の授乳の仕方は、月齢によって与え方を変えてみるとよいでしょう。離乳食を開始する生後5、6カ月頃は1回食で、栄養のほとんどをミルクや母乳から吸収しています。ですから、離乳食後もいつもの授乳と同じ量のミルクや母乳を与えて大丈夫です。

離乳食中期の生後7、8カ月頃もまだ授乳が必要な時期なので、離乳食後に赤ちゃんがミルクや母乳を欲しがれば欲しがる分だけあげても問題ないです。離乳食後期になってくると食事の量が増えてくるので、赤ちゃんによっては離乳食でお腹がいっぱいになる子もいます。

離乳食後期になると3回食になるので、授乳の回数も徐々に減ることが多いです。離乳食をしっかり食べているのに欲しがる場合は、ミルクは分量を減らすなどして工夫してみましょう。

食べ過ぎで吐いてしまうとき

離乳食を食べすぎてしまうと食べた後に吐くこともあり、ママは「どうしよう」と焦りますよね。赤ちゃんは自分で食べる量をセーブすることが難しいので、食べるのが好きな子はママが与えた分だけ食べてしまいます。胃腸もまだ未発達なのでうまく消化できずに吐いてしまいます。

食べすぎて吐いてしまった場合は、少しゆっくりさせてあげて様子をみるとよいですよ。離乳食後の授乳も、すぐには与えず時間を空けてからにしましょう。

赤ちゃんが食後に吐いてしまうのは、離乳食の量を多く与えすぎている場合が多いので、離乳食の分量を少なめにして様子をみながらゆっくり食べさせてあげるとよいですね。吐いた後でも離乳食を欲しがる場合は、お茶などの水分を与える方がよいでしょう。

まとめ

赤ちゃんは大人のように、自分で食べる量を調整することができないので、パパやママが月齢や赤ちゃんの成長に合った離乳食の分量を与えることが大切です。おいしそうに食べてくれると親も嬉しくなり、つい欲しがる分だけあげてしまいがちですが、赤ちゃんの健康のためにも離乳食の与えすぎには注意が必要です。

食べすぎは赤ちゃんの肥満の原因にもなりますので、離乳食の量に注意しながら硬さや味付けなどを工夫して、赤ちゃんが食べる楽しさを学べるとよいですね。


ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR