就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがストローに興味を持つには?飲ませ方の方法とポイント

赤ちゃんがストローに興味を持つには?飲ませ方の方法とポイント

離乳食を始めるころに、ストローの練習を始めようかなと考えるママも多いのではないでしょうか。ストローに興味を持ってもらうにはどうすればよいか、ストローを使った飲ませ方にはどういう方法があるのか、ストロー練習をするときに気をつけたいことなどについてご紹介します。

ストローに興味を持たせるには?

パパとママがストローを使って見せる

まず、ストローは飲み物を飲むときに使うものということを、赤ちゃんに理解してもらう必要があります。パパやママがストローを使っている姿を見せることで、赤ちゃんは「これは何だろう」とストローに興味を持ちます。透明なストローを使うと、飲み物が動くようすが見れるので、より興味をそそるそうですよ。

パパやママが楽しそうにストローを使うようすを見た赤ちゃんは、「自分も使ってみたいな」と手を伸ばしてくるかもしれません。赤ちゃんが興味をもったら、ストローを口元にもっていってみましょう。上手にストローを咥えることもありますよ。

ストローを咥えずに噛んでしまうかもしれませんが、ストローの感触を覚えることからはじめていくことが大切です。

ストローを使う赤ちゃんの映像を見せる

赤ちゃんはまねっこ遊びが大好きです。ストローを使って飲み物を飲んでいる同い年くらいの赤ちゃんの映像を見ることで、まねをすることがあります。

NHKの教育テレビでやっている小さい子向けの番組のなかでも、食事をしたりするシーンが出てくるときがあります。そのときにストローを使って飲んでいる姿を見れることもあるでしょう。

ストローを使う姿が気になって、テレビ画面を指さしするかもしれません。画面の向こうにいるお友だちを見て、興味を示しているようであれば、ストローを見せてみてください。

テレビでなくても、「ストローを使う赤ちゃん 動画」などで検索をすれば、インターネット上でたくさんの動画を見つけることもできますよ。

実際に使っている赤ちゃん仲間に会おう

テレビを見せたり、パソコンやスマートフォンの画面を見せることに抵抗があるママもいらっしゃるでしょう。そんなときは画面で見せるのではなく、実際に見せてみるとよいですよ。

支援センターや児童館に行くと、たくさんの子どもが遊んでいますよね。その中にストローを使っている子はいませんか。ストローを使っている子がいたら、近くで「上手に使っているね」と子どもに話しかけながら様子を見せてみましょう。

テレビなどの画面を通して見るよりも、実際に目の前でストローを使っている様子を見る方が、興味も持てるでしょう。お友だちの飲み物に手を伸ばすことがあれば、「〇〇くん/〇〇ちゃんのはこれだよ」と持参のストローを取り出して渡してみてもよいかもしれませんね。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

飲ませ方にはどんな方法があるか

ストローマグを使ってみる

ストローマグとは、ストローを使って飲む練習をするために便利な入れ物です。多くのものはストロー部分が柔らかい素材でできています。

最初はどうしてよいか分からず、ストロー部分を咥えるだけだったり、噛んで遊んだりしてしまうかもしれません。自分でマグを触ったり、ストローを口に含んだりすることを繰り返すことで、ストローマグにも慣れていきますよ。

哺乳瓶と違いなかなか中の飲み物が口の中に入ってくることがないので、途中で諦める子もいるかもしれません。しかし何度も繰り返すことで「吸うと飲むことができる」という感覚をつかむようになりますよ。

持ち運びができるので、お友だちと一緒に遊ぶときなどに持っていって、一緒に飲んでみるとよいかもしれませんね。

紙パックの飲み物を飲ませてみる

ストローの一番難しい部分は、自分で吸う感覚を覚えることだといわれています。吸う感覚を練習するのによいのが、紙パックの飲み物を使う方法です。

小さいサイズの紙パック飲料に差したストローを、赤ちゃんの口元に持っていきます。ストローを咥えたら、紙パックの真ん中を少し押してみてください。そうすると飲み物がストローに上がり、口の中に飲み物を運ぶことができます。

最初は飲み込むことができず、口からこぼしてしまうこともありますが、「ストローからは飲み物が出てくるんだ」ということを徐々に理解していきます。何度か繰り返すことで、いつの間にか1人で飲めるようになっていたというママの体験談がブログなどでもたくさん書かれていますよ。

コップにストローを挿して飲ませてみる

直接コップにストローを差して飲ませてみる方法もあります。そのときは穴が小さいものや、先が曲がったもの、短めのストローのほうが飲みやすいようです。長いストローしかないときは、ハサミで適度な長さにカットするとよいでしょう。

コップにふたがない場合、こぼれやすいので、コップとストローが安定するようにしっかりと持ってあげるようにしてくださいね。

コップに飲みものを入れストローを挿した状態で、ストローの飲み口側を指で塞ぎ、ストローの中に少し飲み物が入った状態にします。それを赤ちゃんの口に持っていきスポイトのように使ってみてください。これはストローは飲み物を飲むためのものと理解する一つの方法になりますよ。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版