就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

イギリスは子育てに優しい?医療制度と日本と違う交通手段のルール

イギリスは子育てに優しい?医療制度と日本と違う交通手段のルール

パパの海外赴任、もしくはイギリス人との婚姻でこれからイギリスに移住する人もいるかもしれません。将来的にイギリスで子育てをする可能性のある人にとって、現地での子育て事情は気になりますよね。そこで今回は、イギリスの医療制度や日本とは違う交通機関でのルールについてお話しします。

イギリスの医療制度を知っておこう!

全額無料のNHSとは?悪名高いの?

子育ての際、特に知りたいのが現地の医療事情だと思います。イギリスには通称NHS(National Health Service)と呼ばれる国営医療保険制度があります。

NHSは国民の税金で成り立っているため基本的に医療費は無料ですが、NHSに登録するには、イギリスに1年以上滞在することが条件となります。病気になった際、まずNHSに登録している、通称GP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医に予約を取り、診察を受けます。

たまにNHSというシステムのせいで病気の発見、治療が遅れ、命を落としたという話も聞きますが、それはNHSの責任というより、GPの誤診が原因の場合がほとんどです。

全額負担のプライベートとは?高額なの?

イギリスには、NHSとは別に、通称プライベート(Private)と呼ばれる私立の医療機関もあります。会社が医療費を負担してくれる駐在員か、海外旅行保険で医療費がカバーされる外国人ではない限り、プライベートでかかる医療費は、患者が全額負担するようになっています。

NHSよりも高額にはなるものの、NHSと違い、プライベートの方が医者や看護師の質はよく、予約も取りやすいのが特徴です。ロンドンには、日本人医師や日本人看護師のいる病院もいくつかあり、ロンドン在住日本人には便利です。

プライベートはGPと違い、利用する際事前に保険制度に登録する必要もなく、GPの紹介状がなくとも直接自分で好きな専門医を選び、予約を取ることができるので安心です。

子育て家庭には必ずある!カルポルとは?

イギリスで子どものいる家庭に必ずひとつはあるといわれているのが、「カルポル」という解熱鎮痛薬です。カルポルの主成分はパラセタモールで、日本ではアセトアミノフェンと呼ばれています。

例えば、風邪やインフルエンザの場合、まずはカルポルで熱を下げて、薬が効いている間に食事をとらせたり、睡眠をとらせたりして、あとは子どもの自己治癒力で治すというスタンスの治療が多いようです。

イギリスでは子どもが痛がったり、熱が出るとすぐにカルポルが処方されるので、イギリスに住む際は子どもが一番お世話になる薬と言っても過言ではないでしょう。ちなみに子どもだけでなく、大人の場合もカルポルと同じパラセタモールがよく処方されるようです。

イギリスは子育てしやすい支援がいっぱい!

ママも子どもも英語を吸収!プレイグループ

イギリスには、プレイグループと呼ばれるものが街のあちらこちらで週に3~4回、定期的に開かれています。プレイグループは、子どもを持つ親がボランティアでほかの子ども達と一緒にグループを作り、教会もしくは公民館のような場所を借りて数時間遊ばせるといったもの。

子ども達や母親もしくは子どものシッターたちにとっては社交の場にもなります。子ども達が遊んでいる間、親もしくはシッターたちはボランティアが用意したお茶やクッキーをつまみながらおしゃべりします。

グループによっては、主催する親は当番制のところもあるようです。住んでいる地域のプレイグループに参加することによって、地域の子育て情報を得ることもでき、ママも子どもと一緒に英語を学ぶよい機会になります。

家計に優しい!保育園は週15時間無料

保育園はデイナーサリーと呼ばれ、公立の場合、各家庭の所得によって保育料が変わってきます。公立に限り、週15時間(1日当たり3時間)までは補助金がでます。

デイナーサリーの利用時間が16時間以上になると費用もかさむため、しばらくはパートタイムで働くイギリス人ママも多いようです。フルタイムで入れた場合、日本円にして25万円ぐらいかかるケースもあるようなので要注意です。

公立のデイナーサリーは日本の保育園と同様になかなか空きがなく、入るまでに半年待ちということもあるので、出産前からウェイティングリストに登録する人もいるようです。もし、子どもを保育園に入れたい場合は早めから情報収集した方がよいでしょう。

ママと一緒にカフェタイム!ベビチーノ

子どもと外出し、休憩したいときに子連れでカフェに行くママも多いイギリス。そこで日本にはないサービスとしてベビチーノというのがあります。

ベビチーノは、温めたミルクにココアパウダーをかけたものです。子ども用なので、熱々ではなくぬるめで出してくれるのもママにはありがたいです。

カフェによりけりですが、大概のカフェで無料もしくは1~2ポンドぐらいで提供していることが多いようです。ちなみにメニューには書いていないことがほとんどなので、ママが自分の飲み物をオーダーする際に、「ベビチーノありますか?」と聞いてみることをおすすめします。

子どもも自分用の飲み物があると喜びますし、子どもと一緒に気軽にカフェに入れそうですね。

日本と違う?イギリスのバスや地下鉄

バスに乗れるのはベビーカー2台まで

公共の交通機関では、日本と色々と勝手が違うので注意するようにしましょう。子どもが小さいうちは、ベビーカーで出かけることも多いと思いますが、そこで気をつけなければいけないのがバスです。

バスの車内にはベビーカーおよび車いすの利用客用の場所が設けられています。乗車の際はベビーカーを畳まずに、子どもをベビーカーに乗せたまま乗車することが可能です。

1台のバスにつき、ベビーカーは2台までしか乗れません。自分が乗ろうとしたバスに、もしすでに2台ベビーカーが乗っている場合は次のバスまで待たなければなりません。

法律で車いす優先と定められているので、すでに車いすの利用客がいて場所がない場合も、ベビーカーは乗車することができません。また、ママがベビーカーと一緒に乗っている場合に、後から車いすの利用客が来た場合はベビーカーを畳んで場所を空けるか、その場で下車しないといけません。

車内が混んでいる時など、運転手が「ベビーカーの乗車不可能」と判断した場合は、乗車拒否されることも普通にあるようです。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事