就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃん誕生後の挨拶はアパートでもする?円滑な近所付き合いのコツ

赤ちゃん誕生後の挨拶はアパートでもする?円滑な近所付き合いのコツ

アパートなどに引っ越しをしたときは、近所の方に挨拶をしますよね。では、赤ちゃんが生まれたあとは近所の方に改めて挨拶をしたほうがよいのでしょうか。ここでは、赤ちゃんが生まれてからも近所付き合いがうまくいくように、どのように挨拶をすればよいのかをご紹介します。

赤ちゃんが生まれたときの挨拶のポイント

トラブルを避けるためにも挨拶に行こう

一般的には引っ越しをした際に、近所の方に挨拶をしますが、赤ちゃんが生まれたときの挨拶には行かないママも多いでしょう。しかし、ご近所の方とよい関係を続けていくためにも、赤ちゃんが生まれたら挨拶に行くことをおすすめします。

赤ちゃんは時間に関係なく、お腹が空いたときやおむつが汚れて気持ちが悪いとき、眠いときなど、さまざまな理由で泣きますよね。赤ちゃんが泣くのは仕方のないことですが、赤ちゃんの泣き声を「うるさい」と感じる方がいるということを忘れてはいけません。

赤ちゃんの泣き声によってご近所トラブルが起きることも少なくないので、トラブルを避けるためにも挨拶に行き、赤ちゃんの泣き声で迷惑をかけるかもしれないことを事前に伝えておきましょう。

明るく挨拶し騒音についてきちんと伝えよう

新しく家族が増えることは、とても幸せなことです。ご近所の方に挨拶に行くときは、「赤ちゃんがいることで周りの方に迷惑をかけるかも」などとマイナス思考に考えず、明るく挨拶するようにしましょう。

明るく挨拶をされたほうが、ご近所の方も嬉しいですよね。これから赤ちゃんはご近所の方々に見守られながら成長していくので、可愛がってもらえるように、まずはママが笑顔で挨拶することを心がけるのが大切ですよ。

挨拶したあとは、赤ちゃんの泣き声などの騒音についてもしっかり伝えておきましょう。子育て経験のある方の場合は分かってくれるかもしれませんが、赤ちゃんが身近にいないと赤ちゃんの泣き声などをうるさく感じる方もいるかもしれないので、あらかじめ伝えておくことが重要です。

挨拶の際は手土産を持っていこう

ご近所に赤ちゃんが生まれたあとの挨拶に行く場合は、引っ越しの挨拶と同様、手土産を持って行くとよいでしょう。赤ちゃんがいる生活は夫婦2人のときと比べると何倍もにぎやかになり、ご近所の方に騒音で迷惑をかけることもあるかもしれません。

ご近所付き合いがうまくいっていると赤ちゃんの声が聞こえても「元気に泣いているな」などと、赤ちゃんの声や音なども大めにみてもらえることが多いです。

赤ちゃんが元気にのびのびと成長できるように、手土産を持って挨拶に行き「赤ちゃんの泣き声などでご迷惑をおかけするかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします」と、きちんと挨拶しましょう。

手土産には、もらっても困らない洗剤などがよいでしょう。

アパートでの出産の挨拶はどこまでする?

両隣上下のお宅と大家さんには挨拶に行こう

アパートといっても住んでいる世帯の数は、アパートの大きさによって違いますよね。「赤ちゃん誕生後の挨拶は、どの範囲まで行けばよいのか分からない」というママも多いでしょう。

まずは、大家さんへの挨拶を忘れてはいけません。大家さんは、貸しているお宅にどのような人が住んでいるのかを知っておく必要があります。知らない間に赤ちゃんも生活していると知ると印象が悪いので、なるべく早く挨拶に行きましょう。

両隣と上下のお宅も、赤ちゃんの声が響きやすいですよね。赤ちゃんは夜中でも関係なく泣くので、迷惑をかける前に挨拶に行き赤ちゃんの誕生を伝えておくことが大切ですよ。下の階の方には赤ちゃんが成長したときに足音が響く可能性も高いので、騒音について伝えておくと安心ですよ。

挨拶する時間帯は訪問先の都合を考えよう

赤ちゃんが生まれたあとに挨拶に行きたいときは、挨拶するお宅の都合のよい時間帯を考えて行きましょう。夫婦2人とも働いている方だと仕事に行く前の朝はバタバタしている可能性があるので、仕事から帰宅後の夜に訪問したほうがよいですよ。

奥様が専業主婦の家庭の場合は、午前中(10:00~11:30くらい)か、午後(13:00~16:00くらい)がよいでしょう。訪問先の生活リズムにもよりますが、一般的にご飯の準備などで忙しい時間帯は避けるようにします。

また、朝早い時間や夜ご飯の時間帯は家事などでバタバタしていることも多いので、「挨拶はすぐに終わるから」と、忙しい時間帯に行かないように気をつけましょう。挨拶される側のことも考えて行くことが大切ですよ。

不在時にはポストにお手紙を入れよう

ご近所の方に挨拶に行っても、お家にいないこともありますよね。とくに、仕事をしている方はお家にいる時間が少ないので、何度訪ねても不在が続くこともあるでしょう。

不在時には、ポストにお手紙と手土産も入れておくとよいでしょう。

「お家にいらっしゃらなかったので一筆ご挨拶させていただきます。このたび子どもが誕生し家族が増えました。これから子どもの泣き声などでご迷惑をかけることがあると思いますが、これからもよろしくお願いします」というような、簡単なお手紙を書くとよいですよ。

あまり長い文章になると相手に気を遣わせてしまうこともあるので、短く文章をまとめるようにしましょう。また、手紙を入れたあとに会う機会があれば、改めて挨拶しておくとよいですよ。

ご近所とうまくお付き合いするコツとは

外でご近所の方に会ったときには挨拶しよう

夫婦2人だけで生活していると、ご近所付き合いのことは気にしないママも多いかもしれませんね。しかし、子どもが生まれるとご近所の方に騒音などで迷惑をかけることがあるので、ご近所付き合いは多少しておいたほうがよいですよ。

ご近所付き合いをうまくこなすためには、ご近所さんに会ったときに挨拶をすることが大切です。

ゴミ出しや買い物などで外に出たときに、ご近所さんに会うこともあるでしょう。そのようなときに、「どこのお宅の方か知らないから」と挨拶せずにいるよりも、どこのお宅の方か分からなくても明るく挨拶をするママのほうが印象がよいですよね。

ご近所の方によく思われているとトラブルになることも少ないので、明るく笑顔で挨拶することを心がけましょう。

ゴミ出しや駐輪場などの地域ルールを守ろう

ご近所付き合いは挨拶が大切ですが、ゴミ出しや駐輪場などの地域のルールを守ることも重要なことですよね。

ゴミ出しは地域によって分別の仕方や、出す曜日なども違いますよね。地域のルールを守らないのは親としても子どもに悪影響が出るので、「今まであまり守れていなかった」というママは、赤ちゃんのためにもルールを守るようにしましょう。

駐輪場も自分だけが使うものではありません。住んでいる方々が気持ちよく使えるように、自転車の置き方などにも注意が必要です。

ほかにも、回覧板が回ってきたときは早めに次の方に回す、駐車場がある場合は駐輪場と同様に周りの方のことも考えて使うなど、大人として常識ある行動を心がけましょう。

地域の行事に参加してみよう

子どもが生まれるまでは、地域の行事に興味がなかったというママも多いでしょう。地域の行事は、ご近所の方と仲よくなれるチャンスです。赤ちゃんがこれからこの地域で楽しく育っていけるように、地域の行事に参加してみるのもよいですよ。

地域では主に、夏祭りや秋祭り、地域の運動会、おもちつき大会など、1年をとおしてさまざまなイベントが開催されています。行事は住んでいる地域によって違いますが、回覧板などに行事が載っていることが多いので確認してみましょう。

地域のイベントは子どもが参加しやすいように土日に行っているところが多いので、パパや赤ちゃんと一緒に参加するとよいですよ。積極的にご近所の方とお話して、仲を深めてみてくださいね。

まとめ

近年はご近所付き合いをしている方が減ってきているので、ご近所の方とコミュニケーションがとれておらず、騒音などでトラブルになることも多いです。赤ちゃんがいると泣き声などがご近所に聞こえることがあるので、トラブルにならないように事前に挨拶をしておきましょう。

地域やアパートのルールをしっかり守り、会ったときには自分から明るく挨拶することを心がけると、自然と相手も心を開いてくれるはずです。ご近所の方と良好な関係を築いて、赤ちゃんと一緒に楽しい生活を送りたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018