就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

再始動後の初ミーティング!テニテオ商品開発部「teo's(テオズ)」#2

再始動後の初ミーティング!テニテオ商品開発部「teo's(テオズ)」#2

ママに役立つ商品を、一緒に開発したいという想いから始まった、ママとテニテオでオリジナル商品を作るテニテオ商品開発部「teo’s」。現在オリジナルスタイ作りのプロジェクトが進行中です。第2回目は先日行われたミーティング内容と進捗内容をご報告します!

一緒に製作してくれるメーカーが決まりました!

ベビー雑貨ブランド「banana latte」

まずは今回ご協力いただけることになりました、banana latteさんのご紹介から。banana latteさんは2016年に愛知県で誕生したベビー雑貨のブランドです。企画・デザインを社内で行い、縫製は職人さんにお願いをして、ハンドメイドで制作を行われています。

従来のやり方にとらわれずに、自由に発想することや製品に責任を持つことを大切に活動されており、サンプル品のレンタルやお客様の質問にできる限り答える真摯な対応をされています。

以前からテニテオショップではビブやマルチクリップ、ベビーカーシートのお取り扱いをしています。ビブは、子どもすぎないおしゃれなデザインで、フリンジを使った大ぶりのモチーフや柄が特徴です。ショップではおしゃれなパパさんからの人気が非常に高いです。そんなbanana latteさんに今回はご協力いただけることになりました!

再始動後、初のミーティングを開催!

メンバーにも参加していただきました!

8月某日、猛暑の中teo’sメンバーとbanana latteさんにご参加いただき、初めてのミーティングが開催されました。この日のミーティングでは、前回までに話が進んでいたスタイの形と生地決めを行いました。また、事前にteo'sメール会員にアンケートを実施。スタイの形や価格に関して意見を集めていたので、こちらのアンケートも参考にさせていただきました。

まずはスタイの形を決めました!

前回までに形と使用方法について決まっていたことは次の通りです。

・四角のスタイとクリップの組み合わせ・四角のスタイを折って三角のバンダナスタイとして使う・クリップでサイズを調整させる・スタイとして使わないときはハンカチとして使えるサイズ

バンダナ型って使いづらい?

事前に行ったアンケートで、バンダナスタイについて聞いてみたところ…

・おしゃれだけど、三角だと生地が小さくてよだれをキャッチできない・首回りがもたつく・スタイであごや口が隠れてしまう・男の子用のイメージが強い

意外にも、決めていたバンダナ型スタイは実用面で問題があるのかも…?ということで、実際に布を使いながら形や大きさを試してみました。やはり問題になったのは首回りのもたつきと生地の小ささ。そこでバナナラテさんにもアドバイスをいただきながら、あれやこれやと議論を重ね、たどり着いたのが下図のような形です。

・首部分にラウンドを設けてもたつかないように・角を丸くすることで、形のシャープさをなくし、女の子も使いやすく・大きさを25~30cmの大きめに設定・クリップをセットすることで、好きな形に折って使用もできるという点をポイントに、試作品を作っていただくことになりました。

生地の見本を見せてもらいました!

banana latteさんに事前にお願いし、生地の見本を準備していただきました。どれも個性的でちょっとレトロな感じがする素敵な柄。皆さんの意見を聞いてみると「どれも可愛くてまよっっちゃう!」「柄はこれが好きだけど、触り心地はこちらが…」と様々な意見が飛び交いました。

そして決まったことはこちら!

・柄生地(表面)と無地生地(裏面)を組み合わせる・クリップ生地はメインとなる柄生地と合わせる・生地は候補の4柄の中から、実際にサンプルを作ってみて決める

いよいよサンプル製作へ

今後は試作品で何パターンか出していただき、最終候補を決めていきます。

少しづつ形になってきたオリジナルスタイ。実際に生地を見ながら進めていると、商品を作る実感が湧いてきます。そして、みなさんと集まってお話をしていると、思いがけない意見やひらめきが生まれて、話しながらもワクワクしてしまいます。試作品が出来上がるのが楽しみです!

次回は試作品が完成後2回目の会議を予定しております!進捗は随時こちらで報告していきますので、お楽しみに!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018