就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

布おむつ育児に気軽に挑戦しよう!準備するものやおすすめグッズ

布おむつ育児に気軽に挑戦しよう!準備するものやおすすめグッズ

これから産まれてくる赤ちゃんをできるだけ自然素材のもので育てたい、と思っているママには布おむつがおすすめです。洗って繰り返し使えるだけでなく、敏感な赤ちゃんのお肌でもかぶれにくいすぐれものです。布おむつを使うメリットや便利なおすすめグッズまで詳しく紹介していきます。

事前準備。布おむつの種類と必要なもの

輪おむつと成形おむつの違いは?

使い捨てタイプの紙おむつと違って、布おむつは準備が大変と感じる人も多いかもしれませんが使い方はとてもシンプルです。はじめに赤ちゃんのおしりに直接あてる布と、布がずれたりうんちやおしっこが漏れたりしないための、おむつカバーを準備します。

布の種類は大きく分けて2種類あり、1つは「輪おむつ」と呼ばれ、輪になっている布を折りたたんで使うものです。もう1つは「成形おむつ」と呼ばれ、すでにおむつの形になっているので、折りたたまずそのままおしりにあてることができます。

「輪おむつ」は、薄い生地でできているので洗濯後も乾きやすいというメリットがあります。「成形おむつ」は、折りたたむ手間がかからないので忙しい人にもおすすめです。

様々な形がある!おむつカバーの種類

使う布の種類が違っていても、おむつカバーは同じものが使えることが多くなっています。おむつカバーにはおもに3つの種類があります。赤ちゃんの月齢や体重によって、ぴったりのおむつカバーを選んでくださいね。

「外ベルトタイプ」は、ねんね期の赤ちゃんにも使いやすいおむつカバーです。おなかの部分に面ファスナーやスナップボタンがついていて止めるタイプです。

「内ベルトタイプ」は、おむつカバーを内側に折り込むようになっています。赤ちゃんが動き回るハイハイ期は、ずれにくいのでこちらがおすすめです。

「パンツタイプ」のおむつカバーは、あんよ期に便利です。ウエストがパンツと同じゴムになっているので、赤ちゃんが立ったままの交換も可能です。

おむつライナーってどういうもの?

布おむつは洗濯の時間がかかり、ただでさえ忙しい育児中には無理かもと悩んでいるママは、布おむつライナーを使ってみてはいかがでしょうか?布おむつライナーとは、布おむつの洗濯を楽にしてくれる便利グッズです。

薄い布で使い捨てのものと洗って利用できるものがあり、どちらも布おむつの上にのせて使います。産まれてから離乳食期頃の赤ちゃんはうんちがゆるゆるでと水っぽいことが多いので、布おむつに付くと取りづらく洗うのにも時間がかかってしまいます。

布おむつに薄い布を敷いておくだけでも手間が省けます。使い捨てライナーならうんちを簡単に取って処分することができますし、繰り返しタイプでも、おむつより薄いため簡単に汚れを取ることができて便利なのです。

布おむつにはこんなメリットがある!

赤ちゃんの肌に優しく、おむつかぶれが減る

布おむつは綿素材のため、おむつかぶれしにくいというメリットがあります。紙おむつはポリエステルなどの不織布が使われていることが多いのですが、綿はふんわりと優しく自然の風合いですから、赤ちゃんのデリケートなおしりにもぴったりなのです。

おしっこやうんちをしても、紙おむつは吸収されて不快感が少ないのに対して、布おむつはびしょびしょで気持ち悪く、赤ちゃんがぐずったり泣いたりします。そのため、気持ち悪く感じる布おむつの方が交換回数が多くなり、おしりを清潔に保てるということなのです。

布おむつでも乾きが悪く湿っているときはかぶれの原因になってしまうことがあるので、外干しで日光に当てるか、乾燥機やアイロンでしっかり乾かすように気を付けましょう。

おむつの卒業がはやくなりやすい

いつもは穏やかな赤ちゃんでも、不快感を泣いて訴えることがありますよね。「おしっこが出そう!」とはまだ言えなくても、出た後に「気持ち悪い!おむつ交換して!」とママに伝えることはできるようになってきます。

紙おむつは、おしっこやうんちをしても吸収してしまうため、さらっとして気持ちよさが続くように作られています。赤ちゃんが気持ち悪さを訴えることなくご機嫌なままなので、ママもおむつの汚れに気づかないことが多いのです。

布おむつを使うメリットは、赤ちゃんがおむつ交換のタイミングを訴えてくれることです。何度も繰り返し使っているうちに、おしっこやうんちが出る感覚がわかるようになり、おむつの卒業が早まるというわけなのです。

初期投資のみ!繰り返し使えて経済的

布おむつと紙おむつを比較したとき、差が出るのは準備にかかる費用です。布おむつは、多めに40枚とおむつカバー3~5枚、おむつ用洗剤やバケツなど必要なものが多いのですが、使い始めると水道代くらいで特に大きい出費はありません。

兄弟が増えると、布おむつは使い回しができるので2番目の子ども以降は初期費用がなく使い続けることができるので経済的です。それに対して紙おむつは、初めはにおいの出ないゴミ箱を購入するくらいでも使い捨てのため毎月の出費がかかってしまいます。

赤ちゃんを連れての買い物、大袋の紙おむつを持って帰るのは一苦労です。布おむつなら買い出しの必要もなく、赤ちゃんのお昼寝中などママの都合に合わせて洗濯できるので便利です。

状況に応じてたたみ方をかえよう!

布おむつの基本のたたみ方、つけ方

布おむつの折り方に決まった方法はありません。赤ちゃんに合わせて使いやすいように、難しく考えなくても大丈夫です。シンプルな布おむつは使い方も自由、ママのアイデアでいろいろな使い方ができます。

一般的な折り方としては、縦に三つ折りで細長くしたら、横に半分に折りおむつカバーに置いて使う方法があります。産まれたばかりで、へその緒がジクジクしてまだ乾いていない場合には、おむつがあたって傷つけないように布を折り返して使います。

赤ちゃんの成長は早いものです。初めは三つ折りでも横から漏れだしてきたら二つ折りに変えてみるのもおすすめです。赤ちゃんによっておしりの形や寝る向きも違うので、漏れないように折り方を調節してみましょう。

男の子と女の子の折り方の違い

同じねんね期でも、性別によっておむつの濡れる場所が違います。男の子はおなか側がよく濡れるのに対し、女の子は背中側が濡れてしまいます。そのため、濡れやすいところを1回多く折り重ねておくようにしましょう。

男の子は、おしっこのかかる向きが正面ではなく横向きなこともあり、赤ちゃんによって個性があります。おむつ交換のとき、カバーから漏れていないか、布のどこが濡れているか観察することも大切ですね。

よく濡れる部分には折り方を増やすなど加減して、赤ちゃんの性別や成長に合わせて折り方を変えれば漏れも少なくなります。洗濯の手間がかかってしまう布おむつですが、調整することでママのストレスも少なく使うことができるでしょう。

寝る時やお出かけするときの折り方

いっぱい遊んだ後のお昼寝中は、気づかない間におしっこをしている場合もあります。お昼寝中はママも静かにリラックスしたいし、おむつ交換中に赤ちゃんが起きて泣いてしまうのは避けたいですね。

そこで、お昼寝時間には特別な折り方がおすすめです。まず赤ちゃんの体に合わせて、縦に三つ折り、または二つ折りにします。そして、端を7cmほど折り返せば、あとは半分にたたむだけです。重なりの多い方を背中にあてればお昼寝の間に漏れることが少なくなります。

お出かけするときは2枚の布を使うことをおすすめします。縦に三つ折り、さらに小さく折りたたんだ布をもう1枚で包み込むように折っていきます。おむつカバーにぴったりの大きさまで折り込めば吸収力の高いおむつの完成です。

洗濯は意外とかんたん?必要なものと洗い方

布おむつを洗うのに用意した方がいいもの

おむつに付いたおしっこやうんちを洗うといっても、どうやって洗えばいいのか想像がつきにくいですよね。布おむつを洗うために、まずはバケツと洗剤を用意してください。バケツは、うんち用とおしっこ用に分けると衛生的です。洗剤は、おむつ洗い用の洗剤が汚れやにおいも取れやすいのでおすすめです。

赤ちゃんは1日に何回もおしっこやうんちを繰り返します。枚数が多くても、タオルハンガーやピンチハンガーがあれば一度に外で日光にあてるのも便利です。

においや黄ばみが気になるときのために、入浴剤としても使われているセスキ炭酸ソーダやクエン酸を準備しておくのもよいでしょう。バケツの水に溶かし数時間~半日くらいおむつをつけて置くだけです。

頻度が高い!おしっこの洗い方とポイント

おしっこのアンモニア臭が気になるときは、準備しておいたクエン酸の出番です。クエン酸小さじ1/2程度をバケツの水に溶かし、おしっこの付いたおむつをつけ置きます。1時間から3時間くらい経てばにおいも取れてくるはずです。

そのままバケツで手洗いしてもいいし、枚数が多く短時間で済ませたい場合は固くしぼってから洗濯機で回してしまうと簡単です。クエン酸でにおいは消えても汚れ自体は落ちないことが多いため、最後はおむつ洗いの洗剤を使って洗うことが大切です。

夏場は気温も高く、特に菌が繁殖しやすい季節ですね。使った布おむつをそのまま長時間バケツの中に入れておくことは不衛生です。布おむつはため過ぎないようにし、こまめに洗いましょう。

きれいにできる?うんちの洗い方とポイント

布おむつを迷っているママの中には、うんち洗いの方法がわからない人も多いのではないでしょうか?いくらかわいい赤ちゃんのうんちでも、手で触るのは抵抗を感じてしまいますね。意外と簡単に落とせる方法があるので紹介します。

おむつに付いたうんちを落としてからバケツにつけて置くのですが、うんちの落とし方がポイントです。産まれたばかりの赤ちゃんはうんちがやわらかく、こすり取ると布の繊維の中に入り込んでしまいます。シャワーで流す方法もありますが、うんちをどこに流したらよいか困ってしまいます。

布おむつ派のママ友Yさんは、手袋をして洋式トイレの水がたまっている場所でうんちを振り洗いし、うんちを落としてから洗剤を溶かしたバケツにつけ込んでいました。

布おむつ育児の必需品!オススメ布おむつ

 ほほえみ工房 成形プチおむつ大寸4枚組

布おむつを購入しようとお店に行くと、思っていた以上に種類が多く、どれを使ってよいかわからないというママも多いものです。布おむつを初めて購入するママには、成形された「ほほえみ工房の布おむつ」がおすすめです。

産まれたばかりでも赤ちゃんの動きは活発で、気づかないうちにおむつがずれていることがありますが、成形おむつならずれの心配もありません。通常のおむつより大きいサイズになっているので、漏れやすい部分を折り込んで使ったり足まわりにギャザーを寄せたりできるので便利です。

肌に優しい綿と汚れ落ちのよい素材でできているので洗濯も簡単です。4枚セットのため新生児のうちは洗い替えに、おしっこの量が増えてくると2枚重ねにするなど長く使うことができます。

イサム商会 ベビー布おむつ ドビー織 白

昔ながらの布おむつなので、店頭で見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか?ドビー織のイサム商会の布おむつは、仕立て済みのため、購入後すぐに使えて便利です。

薄く柔らかなのに生地はしっかりとしていて洗濯を繰り返しても痛みにくいため、兄弟で布おむつを使い回す人にもおすすめです。汚れが落ちやすい織り方なので、うんちにも安心して使うことができます。

たたむ手間はかかりますが、生地が薄く軽いので洗濯も簡単です。洗いやすく乾きが早いドビー織のおむつは産後の体に負担がかかりにくいこともおすすめの理由です。

真っ白な布おむつはうんちの色の変化が見やすいため、赤ちゃんの健康状態もわかりやすくなります。

エンゼル ラッキーオムツ

エンゼル社のラッキーオムツはとても使いやすいと評判です。特殊な加工によって表面にウェーブが作られているので、風合いがよいだけでなく吸収量が高いのが特長です。新生児のおしっこに対して2倍の吸収量があるため、安心して使うことができます。

表面のウェーブ加工により、おしりとおむつ間の通気性がよく蒸れにくいのも嬉しいことです。かぶれ予防で布おむつを使いたいと思っているママにも使ってほしい商品です。

成形おむつは、布が重なっているために乾きが遅くなるというデメリットがありますが、エンゼル社のラッキーオムツは乾きが早いのが特長です。おむつ交換の回数が増えても、洗濯がスムーズなら準備しておくおむつの枚数も減り、節約にもつながります。

 必ず準備しよう!オススメおむつカバー

Winningメッシュ素材おむつカバー

布おむつには地味なイメージがあるかもしれませんが、最近のおむつカバーはカラフルでかわいい模様が増えています。夏の暑い日には、おむつカバーのままで遊んでも大丈夫なくらい楽しめるものもあります。

Winningメッシュ素材おむつカバーは鮮やかな7色のセットです。赤ちゃんが自分ではずしにくいスナップボタンなのでママも安心。S~Lサイズまで成長に合わせて調節ができるため、初めに費用はかかっても新生児からトイレトレーニング期まで長く使うことができます。

メッシュ生地のため通気性がよく、おしりが蒸れにくくなっています。布おむつから漏れておむつカバーが汚れてしまうこともありますが、Winningメッシュ素材おむつカバーなら乾きも早く安心です。

chuckleパンツ式おむつカバー

布おむつは、赤ちゃんの動きが活発になってくるとずれやすいというデメリットがありますが、chuckleパンツ式おむつカバーならその悩みも解消してくれるでしょう。

面ファスナーやボタンが付いていないパンツ型のおむつカバーなので、着脱もスムーズです。ハイハイ~あんよ期は、寝転んでのおむつ替えを嫌がる子もいます。このおむつカバーなら、立ったままおむつ替えができるので嬉しいですね。

ウエスト部分がよく伸びる素材でできているので、寒いときには腹巻き代わりになり赤ちゃんのおなかを守ってくれます。トイレトレーニングからおむつ卒業まで、動き回る時期に布おむつを使いたいと思っているママにぴったりのおむつカバーといえそうです。

SUNNY BABY布おむつカバー

シンプルでカラフルなSUNNY BABYの布おむつカバーは「かわいい色合いで使い勝手もよい」と布おむつを使っているママたちに人気です。内側はメッシュで通気性がよく、おしりが蒸れないようになっていますが、外側は防水地のためおしっこの漏れを防いでくれます。

外側についたスナップボタンは、成長に合わせて長さが変えられるようになっているため、新生児から2~3歳まで長く使うことができます。おなか部分には面ファスナーが直線的に付いているので、赤ちゃんがおなかいっぱいのときでも調節することができて便利です。

カラフルな色合いのアイテムは、忙しい子育て期を明るくしてくれます。ママの好みの色や、赤ちゃんに似合いそうな色を選ぶのも楽しみですね。

あると便利!オススメ布おむつライナー

バンビーノミオ ミオライナー

布おむつライナーは、布おむつを洗う手間を省くための便利アイテムです。使い捨ての薄い紙や繰り返し使える布製の種類がありますが、バンビーノミオのミオライナーは水に流せるという特長があります。

紙や布に付いたうんちを取って流すのはどうしても大変で手間がかかってしまいます。このミオライナーを使えばおむつ替えが簡単で、ママのストレスも軽減できるはずです。

もともと、ミオライナーはバンビーノ用に作られたものなのですが、手持ちの布おむつに合うように折り込んで使うこともできるのです。便利なだけに価格が少し高めですが、うんちを落とす手間が省けるのでおすすめです。うんちの出そうな時間帯だけ、おむつにセットしておく方法もありかもしれませんね。

 ボーンベビー バンブー おむつライナー

赤ちゃんのおむつ替えで気になることの1つに「におい」がありますね。新生児のうちはにお
いが少なくても、離乳食がはじまるとにおいも感じるようになります。ボーンベビーのおむつライナーは、竹が原料の竹布を採用しています。

竹はもともと消臭効果が期待できるので、赤ちゃんのおむつにはぴったりの素材といえそうです。竹と聞くと硬くてあたると痛いイメージがありますが、竹布はそんなことはありません。赤ちゃんの肌にも優しいとても柔らかな風合いになっているのです。

竹には抗菌効果もあるといわれているので、菌の繁殖が気になるおむつには嬉しい素材ですね。普段から清潔を保ちつつ、抗菌効果のあるおむつライナーを使えばより高い効果が期待できそうです。

赤ちゃん本舗おしりも拭けるおむつライナー

赤ちゃんを育てるには、いろいろなアイテムと購入費用が必要になります。使い捨ての布おむつライナーは、汚れが少ないまま捨てるのをもったいないと感じるママも多いかもしれません。

赤ちゃん本舗のおむつライナーならおしり拭きとしても使えるので大変便利です。赤ちゃんはおしりの周りに汚れがべとべと付いているときもあります。おむつライナーの端で少しでもその汚れを落とすことができれば、後で使用するおしり拭きの枚数も少なくて済みます。

また、お出かけのときはただでさえ荷物が増えるのに、おしり拭きにおむつライナーと2種類持ち歩くのも大変なことです。お肌と同じ弱酸性でおしり拭きとしても使えるおむつライナーは、外出時の負担も軽減してくれることでしょう。

手作りしてあげよう!布おむつの作り方

おすすめの布。ドビー織とさらし

布おむつを使いたいと思っても、最初の準備物が多く負担に感じるママも多いと思います。できるかぎり手作りで節約したい、出産前の時間を利用して赤ちゃんのために手作りしたいなら布おむつを縫ってみるのもおすすめです。

布おむつに適した布には、ドビー織とさらしがあります。ドビー織は凹凸があり柔らかな通気性のよい布です。汚れが繊維の奥に入ってしまうというデメリットはありますが、洗っても痛みにくく丈夫なのでおむつによく用いられています。

さらしは、表面の凹凸がなくさらっとして洗いやすい素材です。汚れが落ちやすく洗いやすいだけに、おしっこやうんちが漏れやすいこともあります。何枚か重ねて折り方を工夫することが大切です。

古着など、余分な布で作って経費削減!

節約のために布おむつを使いたいと思っているママには、古着やタオルで作る布おむつがおすすめです。おしりにあてるものなら、傷んだTシャツや穴のあいてしまったトレーナーでも問題ありません。ループ素材の生地はうんちが絡まってしまう可能性があるので、薄い綿の布でおむつライナーを作るとよいですね。

何枚か重ねて縫うときは、マイクロファイバークロスなどを折りたたんで中に入れれば吸水性のよい成形おむつの完成です。おむつカバーの大きさに合わせて、赤ちゃんにぴったりのサイズに作ることができるのも手作りのメリットですね。

成形おむつは成長に合わせてサイズを作り替える必要があります。忙しく手間がかけられない人は長く使えるさらしやドビー織がおすすめです。

輪オムツがおすすめ!布おむつの縫い方

さらしやドビー織の布を使うときは、だいたい使いやすい長さがあるので紹介します。布おむつ1枚分は約140cmの布が必要です。二つ折りにして、袋縫いの縫い方で両端を閉じるように縫います。そうすると、約70cmのおむつができあがります。縦に三つ折りや二つ折りにして使うことができます。

不要な布で成形おむつを作るときは、約35cm×約15cmの布を何枚か重ねて縫っていきます。ミシンでも手縫いでも大丈夫ですが、布の角は丸く切っておくこと、赤ちゃんの肌にあたる部分はなるべく綿素材で柔らかい素材のものを使うことがポイントです。

どちらも布と裁縫セットがあれば、簡単に作ることができます。赤ちゃんのために手作りしたいママはぜひ作ってみてくださいね。

まとめ

布おむつは準備も大変で負担が大きいように感じるかもしれませんが、赤ちゃんの肌に優しく、布おむつライナーなどの便利アイテムを使えば手間がかからず使うことができます。さらに、着古したTシャツやタオルなどで手作りすることもできるので経済的です。

海外ブランドのおむつカバーは、カラフルでデザインもかわいいものがあります。ママと赤ちゃんのお気に入りのおむつカバーを見つけて、明るい気分で子育てを楽しみましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj