就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

裁縫が苦手なママでも大丈夫!画用紙でできる簡単パペットの作り方

裁縫が苦手なママでも大丈夫!画用紙でできる簡単パペットの作り方

⑧最後に顔のパーツをつければ出来上がりです。

パクパクさせて遊んでみましょう。

画用紙パペットの嬉しいポイント

親子のコミュニケーションツールになる

パペットの使い方は様々です。もちろんオーソドックスな人形劇として遊んでもよいですし、歯ブラシやハンカチなどの小道具と合わせて生活習慣を伝えてもよいでしょう。

ときには、ママの気持ちを代弁する仲介人にもなりますよ。ママの言葉ではあまり効果がなくても、大好きな動物やキャラクターのパペットならすんなり聞いてくれることもあります。親子のコミュニケーションツールの一つとして、ぜひ活用してみてくださいね。

お金をかけずに想像力を養うことができる

絵本は雑誌や漫画に比べると値段が張ってしまうので、教育によいとはわかっていてもあまり買えないという家庭もありますよね。ですが、この画用紙パペットなら、費用もあまりかからず、絵本がなくてもストーリーを作ることができます。

ウサギやクマなどの動物を作って掛け合いをしてもよいですし、桃太郎と鬼を作れば、昔話「桃太郎」の世界だって簡単に作れます。子ども自身がパペットでお話しを作っても、想像力を養うことができますよ。

まとめ

画用紙パペットは基本となる作り方さえ覚えれば、想像力次第でどんな動物やキャラクターにも変身します。私もクリスマスの時期にはサンタさん、節分の時期には鬼を作って、よく子どもたちと遊びました。

簡単なものであっても、ママが一生懸命作ってくれたおもちゃなら、子どもにとってもママにとっても愛着が湧くものです。親子でサイズ違いで作って遊んでも楽しそうです。子どもの好きな動物やキャラクター、絵本などを参考にしながら、パペット作りに挑戦してみてくださいね。
51 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版