就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目が産まれたら上の子の外遊びはどうする?安全に遊べる公園選び

2人目が産まれたら上の子の外遊びはどうする?安全に遊べる公園選び

2人目が生まれると、上の子は室内遊びが多くなってしまいますよね。上の子から「公園に連れて!」とおねだりされると、2人目をいつから外に連れて行ってよいかと悩んでしまうものです。今回は、赤ちゃんを外遊びに連れて行ける時期や注意点、子ども二人連れでも安全に遊べる公園の選び方などをお伝えします。

2人目と一緒の外遊びのポイント

生後1カ月をまってお散歩から

生まれてすぐの赤ちゃんは細菌やウィルスへの抵抗力が弱いため、外気に触れるのはよくありません。上の子が「公園で遊びたい!」といっても、砂ぼこりが立つ場所や動物がいるような公園への外出は控えた方が無難です。

どうしても公園へ行きたがるときは、庭やベランダに簡易的な砂場を置いたり室内遊具で遊んだりしてみてはいかがでしょうか。

せめて1カ月健診が終わるまでは外出を控えた方がよいですよ。順調に成長していることがわかれば、暖かい日を選んでお散歩から始めてください。外の空気を吸うとママも気分転換になりますね。

お散歩は人が少ない時間帯を選び、車や自転車の多い道路は避けましょう。安全な道なら、上の子のペースでお散歩を楽しめますよ。

体温管理や紫外線対策は万全に

寒い季節や曇りの日でも、紫外線は強いものです。お散歩は紫外線と防寒対策を万全にして出かけましょう。赤ちゃんの皮膚は薄いので紫外線に弱いですし、室内に慣れている赤ちゃんが突然外に出ると、体が気温の変化に順応できないこともあるので気をつけてくださいね。

抱っこひもで出かけるときは、ママが日傘をさしましょう。ベビーカーはサンシェイドを下ろしたり、日よけカバーをつけたりして紫外線を防ぎましょう。

また暖かい服装を心がけ体温が下がらないようにすることも大切です。厚手のカバーオールや足まで隠れるジャンプスーツは保温効果が高く体が冷えにくいでしょう。さらにフリースやダウン素材のブランケット、防寒ケープなどを持って出かけると、急に寒くなったときも安心です。

上の子と帰る時間のお約束をして

「ちょっとそこまで」と短時間のつもりで散歩に出かけても、上の子がどんどん先に歩いて行くと帰れなくなってしまいます。赤ちゃんが心配で、上の子に帰ろうと声をかけても「まだ帰りたくない!」「公園に行って遊びたい!」といわれると困ってしまうものです。

上の子と帰る時間を約束してから散歩に出かけましょう。赤ちゃんの授乳時間を伝えておいてもよいと思います。「赤ちゃんは〇時になるとお腹が空くから、その前には帰ってあげようね」と声をかけるとわかりやすいですよ。

また家に帰る楽しみを作るのも効果的でしょう。「おやつの時間までには帰ってこようね」「〇時からテレビ番組が始まるよ」などと伝えておくだけで、お散歩から帰りやすくなりますよ。

ママが上の子を見守りやすい公園の選び方

車があまり通らない所で出入り口が一つ

お散歩に慣れてくると、公園に行ってみたくなりますよね。でも、ママ一人で2人の子どもを公園へ連れて行くのはなかなか大変なものです。上の子は公園で思いっきり遊びたがっている活発な年齢で、下の子はなるべく室内で寝せたい赤ちゃんなのですから。

公園で上の子が走り出したら、2人目を連れて追いかけることは難しいものです。目を離した隙に上の子が公園の外へ出てしまうと危険なので、車があまり通らない所の公園を選びましょう。

また遊びに行くときは、出入り口が一つの公園がよいですよ。出入り口が多数あると、気づかないうちに上の子が外に飛び出してしまう危険があります。出入り口が一つの公園なら出てしまうリスクは少なくなるでしょう。

公園が小さめで全体が見渡せる

出入り口が一つの公園でも、敷地が広すぎると困ってしまいます。ちょっと目を離したすきに、上の子を見失しなってしまうと、探すのも一苦労です。2人目を連れて広い公園内を探し回るのは大変ですよね。

また敷地内のあちこちに遊具がある公園は、上の子の遊びについて回るのも大変なものです。上の子が見える場所で見守っていても、遊んでいるうちに遊具の陰に隠れて姿が見えなくなってしまうと、万が一のことを考えて怖くなってしまいます。

公園は、小さめでどこからでも全体が見渡せるところを選びましょう。日陰や安全な場所で赤ちゃんと待機しながら、上の子が遊んでいるのを見守ることができますよ。上の子も遊びながらママの姿が見えるのでお互いに安心できますね。

トイレがきれいで家から近い

公園選びでは、トイレも大切なポイントになります。上の子がトイレトレーニング中やおむつが外れているときは、公園遊びの途中でトイレに行きたくなることもあるでしょう。

公園のトイレがきれいなら家にいるときと同じように行くことができるでしょう。しかし、薄暗い雰囲気だったり虫がいたりすると、トイレに入れないかもしれません。赤ちゃんがいると、コンビニやスーパーなどほかのトイレまで急いで連れて行くことも難しいものです。

その点、家から近い公園ならトイレの悩みは少なくなります。家に戻る道もよく知っているので、急いで帰るのもスムーズでしょう。万が一、途中で漏らしてしまっても、家で着替えができるので安心ですね。

家族で協力!上の子の外遊びストレス対処法

パパの休みは大きな公園で思いっきり遊ぼう

2人目が生まれると上の子は制限が多くなり、ストレスがたまってしまうことも多いです。前にもお伝えしましたが、赤ちゃんの生活に合わせて室内遊びが増えることも原因の一つでしょう。

パパが休みの日には、大きな公園で思いっきり上の子を遊ばせてあげたいですね。2人目が生まれるころには、上の子も聞き訳ができる年だと思います。「大きい公園は、パパに連れて行ってもらおうね!」と伝えておきましょう。

「赤ちゃんが生まれたから行けない」という赤ちゃん中心の理由より、「広い公園は、パパと一緒の方が楽しいよ」と前向きに声をかけてみてくださいね。「パパがいるときに連れて行ってもらえる特別な公園なんだ」と理解してくれることでしょう。

ママを独占したい。上の子との時間も大切に

下の子が生まれると授乳やおむつ替えなど、赤ちゃんのお世話が忙しくなってしまいますね。ついつい上の子を我慢させてしまうこともあるでしょう。

習い事の送迎ができないのでしばらく休ませたり、ママ友から子ども連れで遊ぶお誘いも疎遠になったりしがちではありませんか?赤ちゃんの生活か、上の子の用事のどちらを優先すべきか迷ってしまうものです。

赤ちゃんはまだ状況がわかっていない年齢ですが、上の子は心の発達も著しい時期です。ママを独占したいという気持ちを、受け止めてあげることも大切だと思います。

たまにはパパや信頼できる人に赤ちゃんを預けて、上の子と二人だけでお出かけしたり遊びにつき合ったりする時間を持ちましょう。

サポート施設利用も。ママの体調を優先して

パパが仕事で忙しいときや、実家が遠く子育てを助けてくれる人が見つからないときは、地域のファミリーサポートなどを利用する方法があります。時間単位など気軽に子育てのサポートをお願いできるので、ちょっと見てもらいたいときに便利です。

前にもお話しましたが、2人目が生まれると赤ちゃんのお世話だけでなく、上の子の心のケアも大切になります。ママは家事や育児に大忙しで、自分のことを考える余裕がないこともあるでしょう。

2人目の育児は、1人目とは違った不安や悩みがあります。ママ1人で抱え込んで無理をしないようにしてくださいね。体や心の疲れを感じたときは、ファミリーサポートなどを利用してゆっくり休むことも大切ですよ。

まとめ

赤ちゃんは細菌やウィルスへの抵抗力が弱いため、外出は控えた方が無難です。上の子がお出かけしたがる場合は、赤ちゃんの1カ月健診後に散歩から始めてみましょう。外出するときは、気温に合った服装で紫外線対策も忘れないようにしてくださいね。

ママ1人で子ども2人を公園に連れて行くときは、出入り口が一つの公園が安全です。さらに小さめの公園なら全体が見渡せて安心です。

2人目の育児は、1人目のときと違った不安や悩みがあります。ファミリーサポートなどを利用しながら子育てを楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018