就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児はあまのじゃく?発言や行動などから心理と対応を考えよう

4歳児はあまのじゃく?発言や行動などから心理と対応を考えよう

子どもがママのいうことと反対のことばかりしてイライラッ。なんてことはありませんか?4歳頃にはあまのじゃくの発言や行動が多くなりますね。ママはイライラを抑えるのも大変です。あまのじゃくになる心理と、そんなときにどう対応したらよいのかを知ってみたら、ママも少し楽になるかもしれませんよ。

4歳児の成長・発達とあまのじゃくの関係

4歳児の成長と発達について

4歳になると体もしっかりとしてきて、両足でジャンプしたり、スキップしたり、全身を上手に動かすことができるようになってきます。手先の細かな作業もできるようになり、ハサミを器用に使うようになったり、上手に丸が書けたりするようにもなりますね。

ボタンの開閉や、服をたたむなどもできますので、身の回りのことも自分でできるようになってきます。話す言葉も多くなり、想像力が豊かになってきますので、頭で考えた空想を現実で起きたことのように話してしまうこともあります。

お友達と一緒に遊んだり、人の気持ちも理解できるようになります。4歳児は体も心も大きく成長して、できることも増え、「自分(自我)」ができてくる年齢なのです。

4歳児の成長とあまのじゃくの関係

4歳になると体つきがしっかりとしてきて、色々な話もするようになりますので、ママも子どもの成長を感じるときではないでしょうか。体つきがしっかりしてきても、話すことがしっかりとしてきても、まだまだ4歳は4歳です。まだ甘えたい年齢であり、自分に注目してほしい年齢なのです。

自分でできることが増え、ママが手伝ってくれることが少なくなることへの寂しさや、幼稚園や保育園でいい子で頑張っている分、ママには甘えたいという気持ちが、「ママのいうことと反対のことをいう」ことや、「だめといわれたことをわざとする」ことをさせてしまうのです。

4歳になって成長することで生じた周りの環境の変化から、あまのじゃくの態度になってしまうことがあるのですね。

4歳児の発達とあまのじゃくの関係

4歳児は色々なことが自分でできるようになってきますので、自分が一番、なんでもできると少し自信をもつようになってきます。自分で考えてなんでもしたい時期でもありますから、ママがいったことをするのではなく、自分が考えてしたいと思うようになります。

そのため、ママがいったことを否定して反対のことをするのです。「自分(自我)」ができ始めているからこそ、心が発達しているからこそ、あまのじゃくの態度になるのです。

まだ自分の気持ちを整理したり、言葉で表現したりするのが難しいですから、表現の仕方は未熟ですが、発達するうえで重要な時期でもあるのです。あまのじゃくの態度をとることで、自分の考えを表現しているのですね。

あまのじゃくになる子どもの心理とは?

発言からわかる心の働き

ママが「今日はハンバーグ作ろうね」と話しかけ、子どもが「うん、僕も作る」とニコニコ。そこでママが「ハンバーグこねてほしいから手を洗ってきて」といったとたん、子どもは「手を洗わないで作る」と。ママが「手を洗わなくちゃ汚いからだめよ」というと、「手を洗うのはイヤ」と大泣き。

ママとハンバーグを作るのは嬉しいことなのに、ママに手を洗うよういわれた途端、反対のことをいうのです。自分から「手を洗ってくる」といえばなにごともなかったのでしょうが、ママにいわれたことで「ママにいわれたからでなく自分が考えてしたい」と思っているからこんな反応になってしまったのでしょう。

4歳は「自分で」という意識が強いからこそ、あまのじゃくの発言をするのです。

心の有様が行動に表れる

子どもがどう思っているのかは、子どもの様子をみていたらたいていのママは気が付きますよね。ママが「ボール遊びしよう」といったときに、子どもが「イヤ」といったらママはどんな対応をしていますか?

ママも「それならいい」とすぐにいわずに、子どもの様子をみてみましょう。ボール遊びをイヤといいながらも、ボールを持って来ようとしたり、ボールをじっと見ていたりしていたら、ボール遊びをしたいという気持ちが表れてますよね。

心で思っていることと反対の言動をしてしまうから、子どもも大変なのです。本当に嫌がっているときはほかのことをしはじめるでしょう。

子どもの表情や行動を見ていれば、子どもの本心が分かります。言葉でなく本心に寄り添ってあげましょう。

状況によって変化する子どもの心理

4歳になると周囲の状況や空気を感じ取ることができるようになってきます。2歳児のイヤイヤ期も自分で色々なことをしたがり、しようとする時期でしたが、4歳になると周囲の状況を感じ取って自分の反応を変えることもできるのです。

お友達といて、ほかの子が「積み木で遊ぼう」といったとします。はじめはやらないといっていても、周りの子がするといい始めると「やっぱり私もする」といって積み木遊びを始めることがあります。

もし、周りの子で積み木遊びをしない子がいれば、それに便乗してしないこともあるのです。「自分で」という意識も強い4歳児ですが、周りの環境や相手の態度によって心の持ちようが違ってくるのです。状況をみられる4歳だからこそでしょう。

あまのじゃくにはどう対応するのがよい?

【発言】からみる対応の仕方

ママが子どもから誘われて遊んでいるときに「楽しい?」ときいたら「楽しくない」といわれたらイラっときますよね。そのまま「あなたが遊ぼうっていったんでしょう」って怒らないでくださいね。

怒るのではなく「どうして楽しくないの」ときいてあげてください。子どもが「だって楽しくないんだもん」といったら楽しいと恥ずかしくていえないか、わるぶっていっているのでしょう。子どもが「思ったよりもゲームが難しかった」などとはっきりした理由をいったら「そう、難しかったのね」と共感してあげましょう。

まずはあまのじゃくの発言の背景にある子どもの気持ちを知ろうとしてみましょう。子どもはママに受け入れてもらえたと感じれば、あまのじゃくの態度も落ち着きますよ。

【行動】からみる対応の仕方

あまのじゃくが行動にあらわれる場合も、背景にある部分は同じです。「ボール遊びは家の中ではしないで」とママがいってもボールを投げをやめない場合などは、だめなことはきちんとやめさせる必要があります。子どもの背景にある気持ちは理解しつつも、よいこと・悪いことをきちんと理解してもらうのです。

してはいけないことをやめさせたうえで、どうしてするのか理由をきいてみましょう。ママもどうしていけないのか理由をきちんと話しましょう。4歳であれば話せばわかってくれるでしょう。

そのうえで、ほかにすることを提案するのも一つの手です。静かにしてもらうために、本をみるのか、ボール投げをするために外に行くのか、子どもの気持ちを受け入れたうえで対応しましょう。

対応するときに気をつけたいこと

4歳はまだまだ未熟で自分で自分の気持ちや行動をどうしたらいいのか分からない年齢でもあります。そんな自分に困って、どうしたらいいかわからず、一番甘えられるママにその気持ちをぶつけるのでしょう。

ぶつけられるママも大変ですが、子どもの甘えのあらわれだと思って対応してあげてください。ママもイライラするのも仕方がないことですし、怒ってしまうこともあるでしょう。

このあまのじゃくの時期は一生続くものではありません。今だけのことだと思って、子どもの言葉や行動の背景にある気持ちを汲み取り、子どもの本心を理解してあげましょう。

自分がどんな対応をしてもママは受け入れてくれると感じたら、子どもは安心して自己表現できる子になれるでしょう。

まとめ

あまのじゃくの言動は、子どもが自分の意見を持ちはじめた証拠であり、子どもの発達にとって重要なことなのですね。ママもあまのじゃくの言動ばかりされたら大変ですが、理由をきくことをまずは試してみましょう。

ママが理由をきくだけで子どもが落ち着くこともあるでしょう。あまのじゃくの言動をしてしまう子どもの心理がわかれば、ママも少しは冷静に対応できますね。

あまりにもあまのじゃくの言動がひどく心配になったら、健診や育児相談の機関に相談してみるのも一つです。抱え込まないことも大事ですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018