就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

あまのじゃくな4歳児にどう接する?子どもに寄り添った対応の仕方

あまのじゃくな4歳児にどう接する?子どもに寄り添った対応の仕方

あまのじゃくにはどう対応するのがよい?

【発言】からみる対応の仕方

ママが子どもから誘われて遊んでいるときに「楽しい?」ときいたら「楽しくない」といわれたらイラっときますよね。そのまま「あなたが遊ぼうっていったんでしょう」って怒らないでくださいね。

怒るのではなく「どうして楽しくないの」ときいてあげてください。子どもが「だって楽しくないんだもん」といったら楽しいと恥ずかしくていえないか、わるぶっていっているのでしょう。子どもが「思ったよりもゲームが難しかった」などとはっきりした理由をいったら「そう、難しかったのね」と共感してあげましょう。

まずはあまのじゃくの発言の背景にある子どもの気持ちを知ろうとしてみましょう。子どもはママに受け入れてもらえたと感じれば、あまのじゃくの態度も落ち着きますよ。

【行動】からみる対応の仕方

あまのじゃくが行動にあらわれる場合も、背景にある部分は同じです。「ボール遊びは家の中ではしないで」とママがいってもボールを投げをやめない場合などは、だめなことはきちんとやめさせる必要があります。子どもの背景にある気持ちは理解しつつも、よいこと・悪いことをきちんと理解してもらうのです。

してはいけないことをやめさせたうえで、どうしてするのか理由をきいてみましょう。ママもどうしていけないのか理由をきちんと話しましょう。4歳であれば話せばわかってくれるでしょう。

そのうえで、ほかにすることを提案するのも一つの手です。静かにしてもらうために、本をみるのか、ボール投げをするために外に行くのか、子どもの気持ちを受け入れたうえで対応しましょう。

対応するときに気をつけたいこと

4歳はまだまだ未熟で自分で自分の気持ちや行動をどうしたらいいのか分からない年齢でもあります。そんな自分に困って、どうしたらいいかわからず、一番甘えられるママにその気持ちをぶつけるのでしょう。

ぶつけられるママも大変ですが、子どもの甘えのあらわれだと思って対応してあげてください。ママもイライラするのも仕方がないことですし、怒ってしまうこともあるでしょう。

このあまのじゃくの時期は一生続くものではありません。今だけのことだと思って、子どもの言葉や行動の背景にある気持ちを汲み取り、子どもの本心を理解してあげましょう。

自分がどんな対応をしてもママは受け入れてくれると感じたら、子どもは安心して自己表現できる子になれるでしょう。

まとめ

あまのじゃくの言動は、子どもが自分の意見を持ちはじめた証拠であり、子どもの発達にとって重要なことなのですね。ママもあまのじゃくの言動ばかりされたら大変ですが、理由をきくことをまずは試してみましょう。

ママが理由をきくだけで子どもが落ち着くこともあるでしょう。あまのじゃくの言動をしてしまう子どもの心理がわかれば、ママも少しは冷静に対応できますね。

あまりにもあまのじゃくの言動がひどく心配になったら、健診や育児相談の機関に相談してみるのも一つです。抱え込まないことも大事ですよ。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND