就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児の子育ては不安がいっぱい。成長や友達関係、親の接し方を紹介

4歳児の子育ては不安がいっぱい。成長や友達関係、親の接し方を紹介

4歳になって体も成長し、身の回りのこともだいぶできるようになってきたと思ったら、お友達の輪に入れなかったり、汚い言葉を使ったり、また新たな心配が出てきますね。4歳児の成長の特徴やお友達の作り方、親はどのように接したらいいのかをまとめて紹介します。

4歳児の体はどのくらい大きくなる?

4歳児の体の発達、発育の特徴

生まれた頃は頭が大きくバランスが悪かった体型も、4歳になる頃には身長が伸びて筋肉もついてきてバランスのとれた体型になってきます。体が成長しているということですね。

体の成長にあわせて、体力も次第についてきます。今までお昼寝をしてエネルギーを補充していたのが、4歳頃にお昼寝をしている子はほとんどいなくなります。これも体力がついてきたからでしょうね。

体も丈夫になってきていますから、病気にかかることも少なくなってきます。活動量も増えて行動範囲も広がり、より体力もついてくるのです。

自分が思うように体を動かせるようになってきますので、スキップなどの難しい動きや、ハサミを上手に使うなど手先の細かな作業も得意になってきます。

4歳児の体重の伸びの変化

4歳児の体重は、男の子で平均16.6kg、女の子で平均16.3kgになります。男の子の方が少し体重が重いようですね。

この時期は身長はどんどんと伸びていきますが、体重はあまり変化せず1年で1kgほどしか増えません。子どもの成長は体重が増えてから身長が伸びるといわれていますから、4歳は身長が伸びる時期なのかもしれませんね。

だからといって、体重が極端に減ってしまったり、極端に増えている場合は栄養不足や食べすぎということもありますので、食生活が大丈夫か振り返りをしてみましょう。

4歳の体重が14kgほどしかない場合は、極端な栄養不足や病気の可能性も出てきますから、病院で診てもらいましょう。定期的に体重をはかることは大切ですね。

4歳児の身長の伸びの変化

4歳の男の子の身長は、平均100.2cmから4歳11カ月で106.2cmと1年で6.6cm伸びるようです。女の子は4歳で平均99.5cmから4歳11カ月で105.6cmと6.7cm伸びます。4歳になって平均身長が100cmを超えるわけですね。

4歳で身長が90cmにみたない場合は、極端に背が伸びていないですから、病気の可能性が出てきます。成長ホルモン不足や甲状腺ホルモン不足が考えられますので、一度病院にいって診てもらいましょう。早めに治療をすれば、平均身長まで成長する可能性があるようです。

幼稚園や保育園でも月に1回は身体検査をしますので、その結果を毎回確認してみましょう。その結果を成長曲線につけてみると伸び率が分かりますね。

4歳児の言葉の成長はどのくらい?

言葉が増え、理由も説明できるようになる

4歳になると「今日はすべり台してあそんだの」「雨は何からできてるの?」など、今日あったことや分からないことなど話すことが嬉しくてたくさん話をしてくれます。

汚い言葉をいってきて、びっくりすることもあるかもしれません。これは、聞いた言葉で面白いと思ったことを真似るようになることが関係します。良い言葉か悪い言葉かの判断は難しいですから、何でも真似してしまうんですね。

単語数が増えているのも驚きますね。脳が色々なことを吸収する時期であり、色々なことに興味が出てきて知りたい気持ちが言葉数を増やしているのでしょう。

親に怒られると「だって…」といって理由を話し始めるのも4歳になります。言い訳していると思わず、きいてあげてくださいね。

現在と未来の時間の区別がつくようになる

4歳になる頃までは、話の中心は今現在のことが中心でした。「車、通ったね」「お菓子、おいしい」など自分が見たことやきいたこと、自分がしたことや感じたことなどを話してくれていましたね。

それが、次第に「これから、お庭であそびたい」「今度パパと公園に行きたい」などの未来のことを話すようになります。これは、未来という時間の感覚ができてきているためです。

「昨日もこうだったから、明日もこうだろう」と過去、現在、未来という時間軸を理解しながら、先の予測ができるようになるのです。ですから、この時期の話は未来を予測して話をするようになります。

これから先にしたいことを話してくれるようになると、話の内容も広がりますね。

現在と過去の時間の区別がつくようになる

4歳になると記憶力もよくなりますので、体験したことや行った場所、通った道などを覚えるようになります。「ここ、ママと一緒にきたね」「これであそんだことあるね」などという会話を楽しんだことはありませんか。

これは、今現在と過去の時間の区別がつくようになるためであり、会話にもそれが反映するためです。この会話をするためには「過去のことを記憶する」「過去のことを思い出す」「過去のことを考えて言葉にする」という過程が必要になります。

この必要なことすべてができるようになってくるのが、4歳児なのです。それでもまだ時々混乱して過去と現在が混在することもありますが、正しい言い方に直そうとせずしっかりときいてあげましょう。

4歳児の心と脳の成長と変化とは?

自分の気持ちを抑え我慢ができるようになる

4歳になると幼稚園や保育園などの集団に入る子がほとんどになります。同じ年齢の子どもと接することも多くなり、お友達と一緒に遊ぶことが多くなります。

お友達と過ごすなかで、相手の気持ちを推し量ることもできるようになります。4歳児が動物をお世話したり、小さい子の面倒をみることがみられるようになるのもそのためです。

自分の気持ちだけを押し通すのではなく、自分の気持ちを抑えて我慢ができるようにもなります。もちろん、個人差はありますが、すごい心の成長ですね。

外で我慢することが増えると、甘えられる親には今まで以上にわがままになることもありますよ。それでバランスをとっているのですから、受け入れてあげてくださいね。

自分と他人の区別がつくようになる

生まれたときは自分という感覚はありませんが、6カ月になる頃から「自我」が芽生え始めます。それから自己主張するイヤイヤ期の2歳を経て、自分という感覚ができてくるわけですね。

自分が意識でき始めた状態で、お友達のたくさんいる集団の中に入り、お友達と接するうちに次第に自分と他人は違う、自分の気持ちと他人の気持ちは違うと分かってくるようになるのです。

「私は滑り台したいけど、○○ちゃんは砂遊びしたいんだね」「なんで泣いているの?転んだの?」などと相手にも気持ちがあることを理解して、相手の気持ちも考えないといけないと思うようになるのです。この気持ちが芽生えると人を思いやったり、人に謝ることもできますね。

心や脳の発達の変化に戸惑うことがある

4歳になると体も心も脳も急速に発達します。自分中心、現在中心であったのが、この時期から他者を理解し、過去や未来まで区別ができるようになるのです。

こうした変化に4歳児自身もついていけず、戸惑ってしまうことがあります。言葉でもうまく表現できないと、大泣きしてしまったり、ぐずってしまったり、一見逆戻りしたような反応をすることがあるのです。

できることも増えますし、話すこともしっかりとしてきますので、親も安心してしまい、今までとは違った対応をしてはいませんか?今までだったらすぐに抱きしめていたのが、「大丈夫だよね」と少し上の子に対する態度をしたり…。

そんな親の対応の変化に戸惑うこともあるのです。対応は急に変えないでくださいね。

4歳児に対して親が抱える悩みとは?

オムツがなかなかとれない悩み

4歳といえば年中組さんですから、周りではオムツがとれ、夜のオムツもとれている子がいるのではないでしょうか。幼稚園や保育園に通い始めたり、周囲の子のオムツがとれたときくたびに、自分の子がとれていないと焦ったり、心配になったりしますね。

オムツは体が発達して、自分の意志を伝えられないとなかなかとることができませんし、その子のタイミングがあります。無理やりオムツをとろうとすると、逆効果になることもありますから気をつけましょう。

4歳になったら、だいぶ自分の気持ちが話せるようになっていますので、本人にどうしてトイレでしないのかきいてみるのも1つですね。オムツをとる年齢が遅くなった分、失敗が少なくてとれるようになることもありますよ。

4歳の反抗期、イヤイヤへの対応

4歳の反抗期やイヤイヤ期は2、3歳のときとは違って、体も大きくなり、言葉も巧みになっています。「この服はイヤ」「行きたくない」などと親のいうことに反抗することがみられます。

口答えしてきたときは、適当な返事や嘘はつかず「どうしてイヤなの?」「なぜかな?」などと子どもの言い分はきちんときいてあげましょう。できるだけ子どもの希望をきいてあげ、こちらも冷静になって話しましょう。

言葉で反抗してくるだけでなく、思いっきり泣き叫んだり、暴れたりすることもあるでしょう。そんなときは、怒っても興奮しているので何も入っていきませんから、ママもぎゅーと抱っこしたり、暴れるのを止めたりして、落ち着くのを待ちましょう。親も体力と忍耐がいりますね。

4歳児のしつけの難しさ

4歳の反抗期と重なり、自分の主張を通そうとするこだわりも強くなりますから、しつけをするのも難しくなってきます。親がイライラとすることも増えると思いますが、感情的に怒っても子どもには伝わりません。

親も一呼吸おいてから、怒らずに冷静に対応しましょう。子どもが色々なことをきいてきても、面倒くさがらずに、自分がわかる範囲内で構いませんから答えてあげましょう。色々なことをきいてくるのは、興味がある証拠でもありますので、親に答えてもらった内容は覚えていますよ。

できないことに目を向けず、子どもはできるだけ褒めてあげましょう。褒めてもらうことで子どもは自己肯定感が養われ、それが自信や自分や人を大切にすることにもつながるのです。

4歳児の成長に必要な生活習慣とは?

 バランスのとれた食事を心がける

4歳児は体が成長して活動量も増えますので、エネルギーもたくさん消費します。エネルギー補給をしっかりとするためにも、バランスのとれた食事が大切になります。

「好き嫌い」がはっきりして好きなものだけを食べようとしたり、ほかのことに集中して食事がすすまなかったり、バランスのとれた食事をとるのが難しい年齢でもあります。

できるだけ食事に集中できる環境を作ることや、苦手なものを食べたら褒めること、食べる量が少なければおやつを工夫するなど、できることを少しずつしてみましょう。子どもと一緒に料理をしたらすんなり食べてくれるということもありますよ。

あわせて食事のルールや、箸の持ち方など、4歳で学んでおきたい食事でのしつけも心がけましょう。

規則正しい生活で睡眠を確保する

4歳児は11時間から12時間の睡眠が必要といわれています。眠っている間に、成長ホルモンが分泌され、成長を促してくれますので、十分な睡眠は大切になってくるのです。

成長ホルモンは21時から23時に作られるといわれていますので、21時までには眠りにつくのが理想的です。理想的な睡眠をとるためにも、まずは朝早く起きて規則正しい生活を目指しましょう。

夜眠るのが遅い子の場合は、朝起きる時間を早くすると体の体内時計がリセットされて、自然と早めに眠りたくなります。朝の起きる時間が大切なのですね。

年齢で必要な睡眠時間を確保したうえで、日中は元気によく遊び、できるだけ日光をよく浴びて、バランスよく食べ、健康な体を作りましょう。

あいさつや片付けなど小さなことの積み重ね

4歳児は行動範囲やかかわる人の範囲が広がり、社会的ルールや人とかかわるうえで必要なしつけが必要になります。なかなかしつけが難しいという話は先ほど話しましたが、まったく身についていかないというわけではありません。

幼稚園の先生にあいさつするようにいっても、恥ずかしがっていわない子でも、少しずつできるようになってきます。少しでもできたら、きちんと褒めてあげてくださいね。最初は褒めてもらうのが嬉しくてあいさつしていても、次第にあいさつすることが身についてきます。

片付けも苦手な子が多いですが、片付ける場所を分かりやすくし、片付けたら褒めるを繰り返すうちにできるようになってきます。小さいことが積み重なっていくのは大人も子どもも一緒です。

 4歳児の成長を促してあげる接し方とは?

過剰に反応したり、がみがみ怒らない

4歳児になると体も心も発達して大人顔負けのことをいったり、やったりします。自分がしたことの反応を楽しむようにもなりますので、親が怒るのを楽しむのも4歳です。

親はイライラしたり、カッと怒ってしまいそうですが、そこは一呼吸おいてください。過剰に反応したり、怒ったりすると、子どもは予想通りの反応だと喜び、さらに発言や行動をエスカレートさせることもあります。

これも成長するうえで必要だと思って、大らかに見守りましょう。イライラしたストレスは、子どもに向けるのではなく、ほかのことではらしましょう。

ママ同士で話してストレス発散もよいですよ。「うちもそうよ」ときくだけで、自分の子だけでない安心感と罪悪感なく子どもへの文句も言えますよ。

おしゃべりにはきちんと耳をかたむける

色々な言葉を覚えたり、自分の気持ちを表現できるようになった4歳児はおしゃべりが大好き。今日何があったのか、お友達と何して遊んだのか、など色々な話をしてきます。

ママも色々と忙しいかもしれませんが、子どものお話はきちんときいてあげましょう。子どもは話をきいてもらうだけで安心しますし、自分は大切にしてもらっていると感じることができます。

話をさえぎられたり、聞き流しているのが分かると「自分は受けいられていない」などと思ってしまうこともあります。何を話してもきいてもらえないと思ったら、今度は必要なことも話してくれませんし、きいても答えてくれなくなることもあるでしょう。

できるだけ丁寧に話をきいて、質問をしてきたらきちんと答えてくださいね。

自分で取り組んだことを褒めてあげる

4歳児はできることが増えてきて、色々なことに挑戦したくなる歳でもあります。自分の力を過信して難しいことに挑戦して、泣いて怒ったりなどという反応がみられることもありますね。

そんなときは、「自分でしようとした気持ち」をきちんと褒めてあげましょう。例えできなかったとしても、結果だけをみていてはいけません。

取り組んだという意志と、頑張ったという経過を認めて、褒めてあげることが子どもの自信につながり、「次も頑張ろう」という気持ちになるのです。その気持ちがあれば子どもはチャレンジ精神のある頑張れる子になるでしょう。

「やっぱり失敗した」「そんなことしちゃだめじゃない」などと否定的なことをいうと、前向きに取り組まなくなってしまいますよ。

4歳児の友達との関係の作り方は?

 4歳は友達と過ごす喜びや楽しさを知る時期

4歳になるまでは、大勢で過ごしていても一緒に遊ばず、1人ずつで遊んでいるのが多かったですが、少しずつお友達と一緒に遊ぶようになってくる姿が3歳から4歳でみられるようになります。

ママと一緒に過ごしているのが一番だったのが、お友達と一緒に遊ぶ楽しさを知るようになるのですね。大勢お友達がいるなかで、自分と気の合うお友達ができて、一緒に遊ぶようになるのです。

家に帰ってきて「今日はね、○○ちゃんと遊んだよ」と報告もしてくれるようになります。遊んでいたらトラブルもあるかもしれませんが、トラブルを避けようとするよりも、トラブルをうまく生かしていくかかわりをしましょう。トラブルから学ぶことも多く、大事なこともありますよ。

我が子がトラブルメーカータイプの場合

幼稚園の先生に「お子さんがお友達を叩いてケガさせてしまって…」といわれたら、困ってしまいますよね。元気のよい子の場合、悪気はないのにトラブルメーカーになってしまう可能性があります。

お友達が順番を代わってくれなくて叩いたり、鬼ごっこをして強く押したり、色々な場合があります。我が子がトラブルを起こした場合、押したらどうなるのか、けがをしたら痛いことなどをきちんと話しましょう。

本当に危ないことをしたら真剣に叱ることも必要ですが、話すときは人前を避けて叱るようにしましょう。子どもの自尊心を尊重するためです。

叱りながらもどうしてそんなことをしたのか理由もきちんときいてあげてくださいね。時には親が謝る姿をみせるのも1つですね。

我が子がいじめられっ子タイプの場合

子どもがけがをしてきたり、「○○ちゃんが意地悪する」と言ってくると心配ですよね。まずは子どもにどんな状況だったのか、どんな気持ちがしたのかきちんときいてあげましょう。

そして「嫌なことは嫌といおうね」「嫌なことされそうになったら逃げてよいんだよ」「嫌なことされたら先生に言おう」など子どもができそうな対処の仕方を話してみましょう。自分で対処できるようになったら、それもまた一つ成長です。

4歳にもなると特定の子を仲間外れにする子も出てきます。我が子が仲間外れにされたらほかの子と遊ぶよう話してみましょう。

それが難しそうであれば、園の先生に状況を話しておく方法もあります。先生が注意してみてくれるだけでいじわるが止まる場合もあります。

4歳児に適した楽しめる習い事とは?

4歳児が習い事をはじめるメリット

3歳から4歳で習い事を始める人が多く、4歳の7割は習い事を体験しているそうです。4歳で習い事をはじめるメリットには何があるのでしょうか?

まず、子どものさまざまな可能性を探せるということがあります。親が気付かなかった才能に気付き、才能を伸ばすことができるかもしれません。

自分が興味のあることを習うことで、楽しい時間を過ごすこともできます。楽しいと感じることができれば継続できますね。継続することで達成感も自信も持つことができるでしょう。

楽しみながらのびのびと個性を伸ばすことができるのもうれしいですね。習い事はしなくてはならないということはありませんが、体験した分だけ吸収する4歳児にとってはメリットが十分にあるようです。

4歳児におすすめの習い事

4歳児におすすめの習い事は何があるでしょうか?まずは、体を使ってする習い事の「水泳」や「体操」があります。

両方とも基礎体力がつくスポーツになりますので、体を鍛えることができます。体を動かしたい子や元気がありすぎて困っている子には、スポーツで発散してもらうのもよいですね。

最近小学校の必須科目にもなった「英語」は幼児期からすると、英語を勉強としてとらえず楽しいこととして認識しやすいそうです。すんなりと英語に慣れ親しんでくれるのがうれしいですね。

「幼児教室」も日常的に必要な文字、数、社会性などを教えてくれるので人気があります。「そろばん」「習字」も計算力や字をきれいに書けるようになるなどの具体的な能力を養うことができます。

習い事を決めるときに大事にしたいこと

子どもが習いたいといったものをすべて習わせるのは難しいですし、お金もかかることですので、習い事を決めるときはきちんと考えて決めたいですね。

まずは、子どもが興味のある習い事から考えましょう。親の希望もあるでしょうが、まずは見学や体験をして子どもが興味のあるものをしてみましょう。

また、4歳児ですから習い事は送り迎えが必然になります。ですから、親が負担のない距離と時間で通える習い事から決めましょう。

金銭的にも負担のない範囲ですることも大切です。家計に響いてしまうと継続するのが難しくなり、長期間行うことができません。お金をかけて習っている分、親も欲目がでてきやすいですが、子ども中心で無理しないことが大事です。

まとめ

4歳は心身共に著しく成長する時期で、体重よりも身長が伸び、全体的にバランスのとれた体型に成長し、認知能力も発達が著しい時期です。今までよりも話す言葉が増え、時系列で話をすることもでき、生意気なことも言ってくるでしょう。

成長とともに、お友達とトラブルがあったり、習い事をしようかと迷ったり、今までとは違った悩みが出てくるかもしれませんが、子どもの話をよく聞き、きちんと褒めてあげることで、子どもものびのびと成長してくれるでしょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018