就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳の言葉の成長について知ろう!言葉が遅れたり乱れる原因と対応法

4歳の言葉の成長について知ろう!言葉が遅れたり乱れる原因と対応法

4歳児は大人のような話し方をする子がいたり、まだ赤ちゃん言葉を使う子もいたり、言葉の成長に個人差を感じるときです。一体、4歳児は平均してどの程度お話できるのでしょうか。言葉が遅れていると感じたらどうしたらよいのでしょうか。4歳の言葉の成長を知って、親子のコミュニケーションを楽しみましょう。

4歳の子どもの言葉はどれだけ成長する?

言葉を理解し日常生活の会話が上達する

4歳児の言葉は発展途上で使用する言葉数がどんどん増え、話し方も流暢になってきます。「えっ、こんな言葉も知っているの」とママも思うような言葉を使って話すこともあるでしょう。

1枚の絵から想像力を膨らませて話を作ることもでき、絵本が読めなくても絵から自分でお話を作って話してくれることもあるでしょう。空想することも大好きですから、空想か現実か分からないような話をすることもあるかもしれません。

こうした話ができるのも、多くの言葉の理解ができているからこそできることですね。自分がしたことや感じたことを上手に話せ、質問したら「だって…」と理由を話せるようにもなりますので、ママもだいぶコミュニケーションしやすくなります。

記憶力がつき過去、未来について話す

4歳児は言葉の成長が著しいだけでなく、記憶力も養われる時期です。自分が昨日何をしたのか、今何をしているのか、これから何をする予定なのか、過去、現在、未来という概念ができてくるのです。

ママとお話ししていても「昨日、幼稚園で滑り台して遊んで楽しかったから、今日もするの」と昨日したことと連動してこれからの話もできるようになるのです。

ただし、時系列を整理して話をするのはまだまだ未熟ですので、話を聞いている人が混乱してしまうことがあるかもしれません。そんなときは、少しずつ整理しながら聞いてあげましょう。

「何をいっているか分からないじゃない」などといってしまうと、怒られたと勘違いして話をしてくれなくなっては困りますから。

言葉に興味を持ちわるい言葉をまねることも

子どもは面白いことが大好きです。面白いと感じた言葉はすぐに覚えてしまいます。大人にとってはわるい言葉だと思うものが、子どもにとっては面白い言葉になるのですね。

「うんち」「おしっこ」「バカ」などをいっては楽しそうに笑っている我が子の姿をみたママも多いのではないでしょうか。こうしたわるい言葉をいったときのママの反応が面白くて、さらにいうようになることもあります。ママもあまり反応をしすぎず、さらっと流すような対応をすることでいわなくなることもありますよ。

4歳児という言葉に興味がある時期ですから、色々な言葉の意味を尋ねてくることもあるでしょう。面倒くさいと思わずに、意味を教えてあげると新しい言葉をさらに覚えることができますね。

4歳の子どもの言葉が遅れる原因と対処法

言葉の遅れの原因と確かめ方

4歳児になっても単語のみ話したり、2語文しか出てこない場合は言葉の発達が遅れている可能性があります。言葉の遅れには「成長が遅いだけ」か「聴覚や発達に障害があって言葉に遅れがでている」場合があります。

「成長が遅いだけ」の場合、言葉の意味は理解しているのに言葉が出るのが遅いパターンです。脳の言葉を話す部分の成熟が遅いだけですので、しばらくしたら言葉が出てくるでしょう。

難聴や脳に障害がある場合も言葉が遅れる可能性があります。音に対する反応のわるさを感じるようであれば、病院で耳の検査をしてもらいましょう。オウム返しを繰り返したり、会話が成立しない場合は発達の障害が考えられますので、保健センターや医療機関に相談してみましょう。

自分で判断するのが難しいと思ったときは

4歳という言葉が流暢になる時期になっても、話す言葉の量が少なかったり、独り言が多かったりする場合など、言葉に関することで気になることがあるときは早めに専門の機関に相談することをおすすめします。

ママが焦らないことは大事ですが、もし何か障害があるようであれば、早めに対応すれば解決することもありますので、早めに相談してみましょう。かかりつけ医の小児科があれば相談してみるのもよいですし、乳幼児健診を行っている保健センターに相談してみるのもよいですね。

地域の発達支援センター、幼児の発達支援を行っているNPO法人でも構いませんよ。ママが相談しやすいところに相談したら、子どもの状況を判断して必要なところにつなげてくれますので、安心です。

言葉を育む環境作りを心がけよう

子どもはママやパパの言葉がけをたくさん聞いて、言葉を覚え、それを真似して話をするようになります。2番目の子が1番目の子より発語が早いといわれるのは、2番目の子の方がママやパパだけでなく1番目の子の話しかけの影響も受けているからでしょう。言葉はそれだけ家族の影響を受けるのです。

ママが早口でたくさん話しかけるよりも、ゆっくりと分かりやすく正しい発音で話しかけてあげるようにしましょう。言葉を聞くのがよいからといってテレビを見せてばかりなのはよくありませんよ。

子どもの目を見て「今日は暑いね」などと生活に密着した内容を話した方が、言葉を覚えて話をしてくれるでしょう。ママやパパが言葉を育む環境作りを心がけることが大切なのですね。

4歳の子どもの言葉が達者な原因と対応

子どもの言葉が乱れてしまう原因

4歳児は幼稚園や保育園で過ごすようになり、お友達の影響を受けることが多くなります。幼稚園や保育園に行ったら言葉が汚くなったと感じるママも多いようです。お友達が汚い言葉やわるい言葉を使っていると、すぐに覚えて使ってしまうのです。

同時に、子ども番組を見ることが中心だったのが、4歳になる頃には色々な番組を見るようになってきます。そうしたテレビの影響も大きいのでしょう。

周りの大人も汚い言葉を使ったら、すぐに覚えて使ってしまいますよ。子どもはわるい言葉だと意識していないかもしれませんが。

子どもが汚い言葉を使ったら、どうして使ってはだめなのか、正しい言葉を教え、本当に使ってほしくない言葉をいったときには真剣にいけないことを伝えましょう。

大人の対応と言葉遣いを直すゲーム

子どもが汚い言葉を使った場合は、頭ごなしに怒るのではなく、子どもが楽しみながら言葉遣いを直すゲームをしてみませんか?このゲームは、家族全員が参加する必要があります。もちろん、ママやパパも参加するのです。

家族全員で使ってはいけない言葉を決めます。例えば「バカ」「うざい」などですね。もしいってしまった場合は、罰ゲームが待っています。

ママやパパがいってしまっても罰ゲームをするのですよ。罰ゲームも家族みんなで決めたらよいですね。

使ってはいけない言葉を使ったら、罰ゲームとして、例えばマスクを一日中つける。みんなの前で10回大声で謝る。ゲームですが、わるい言葉は使わないと意識することを継続することで次第に使わなくなってくるでしょう。

まずは大人から!自分がお手本になろう

子どもの言葉は周りの環境の影響を受ける話をしましたが、やはり子どもは大人の様子をきちんと見ています。子どもが見たり聞いたりしていないと思っても、子どもはしっかりと聞いているのです。

ですから、ママやパパは自分がお手本になって、正しい日本語を使う努力をしましょう。丁寧すぎる言葉はかえって不自然になりますので、汚い言葉は使わず、不快にならない言葉を使うのです。

「でっかい」ではなく「大きい」、「むかつく」ではなく「イヤな気持ちになるね」など、ママも使っている言葉を意識してみましょう。きれいな言葉を使うと自然と優しく接するようになるかもしれませんね。

子どもにやってほしいことや、変えてほしいことは、まずはママとパパからお手本を示すのです。

まとめ

4歳という言葉が流暢になる時期に、言葉が遅れていたり、乱れた言葉を使うようになると心配ですね。かなりの遅れを感じたら、まずは相談してみましょう。

周囲の環境から色々なことを吸収する4歳という年齢だからこそ、ママやパパも自分の使っている言葉には気をつけたいものです。ママやパパがお手本になりつつ、子どもとたくさんお話ししましょう。

4歳だからたくさん話すべきと思わずに、子どもとたくさん話して、会話を楽しみましょう。ママも子どもも楽しければ、きっと言葉もたくさんでてくるようになりますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018