就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児の子育ては不安がいっぱい。成長や友達関係、親の接し方を紹介

4歳児の子育ては不安がいっぱい。成長や友達関係、親の接し方を紹介

4歳児に対して親が抱える悩みとは?

オムツがなかなかとれない悩み

4歳といえば年中組さんですから、周りではオムツがとれ、夜のオムツもとれている子がいるのではないでしょうか。幼稚園や保育園に通い始めたり、周囲の子のオムツがとれたときくたびに、自分の子がとれていないと焦ったり、心配になったりしますね。

オムツは体が発達して、自分の意志を伝えられないとなかなかとることができませんし、その子のタイミングがあります。無理やりオムツをとろうとすると、逆効果になることもありますから気をつけましょう。

4歳になったら、だいぶ自分の気持ちが話せるようになっていますので、本人にどうしてトイレでしないのかきいてみるのも1つですね。オムツをとる年齢が遅くなった分、失敗が少なくてとれるようになることもありますよ。

4歳の反抗期、イヤイヤへの対応

4歳の反抗期やイヤイヤ期は2、3歳のときとは違って、体も大きくなり、言葉も巧みになっています。「この服はイヤ」「行きたくない」などと親のいうことに反抗することがみられます。

口答えしてきたときは、適当な返事や嘘はつかず「どうしてイヤなの?」「なぜかな?」などと子どもの言い分はきちんときいてあげましょう。できるだけ子どもの希望をきいてあげ、こちらも冷静になって話しましょう。

言葉で反抗してくるだけでなく、思いっきり泣き叫んだり、暴れたりすることもあるでしょう。そんなときは、怒っても興奮しているので何も入っていきませんから、ママもぎゅーと抱っこしたり、暴れるのを止めたりして、落ち着くのを待ちましょう。親も体力と忍耐がいりますね。

4歳児のしつけの難しさ

4歳の反抗期と重なり、自分の主張を通そうとするこだわりも強くなりますから、しつけをするのも難しくなってきます。親がイライラとすることも増えると思いますが、感情的に怒っても子どもには伝わりません。

親も一呼吸おいてから、怒らずに冷静に対応しましょう。子どもが色々なことをきいてきても、面倒くさがらずに、自分がわかる範囲内で構いませんから答えてあげましょう。色々なことをきいてくるのは、興味がある証拠でもありますので、親に答えてもらった内容は覚えていますよ。

できないことに目を向けず、子どもはできるだけ褒めてあげましょう。褒めてもらうことで子どもは自己肯定感が養われ、それが自信や自分や人を大切にすることにもつながるのです。

4歳児の成長に必要な生活習慣とは?

 バランスのとれた食事を心がける

4歳児は体が成長して活動量も増えますので、エネルギーもたくさん消費します。エネルギー補給をしっかりとするためにも、バランスのとれた食事が大切になります。

「好き嫌い」がはっきりして好きなものだけを食べようとしたり、ほかのことに集中して食事がすすまなかったり、バランスのとれた食事をとるのが難しい年齢でもあります。

できるだけ食事に集中できる環境を作ることや、苦手なものを食べたら褒めること、食べる量が少なければおやつを工夫するなど、できることを少しずつしてみましょう。子どもと一緒に料理をしたらすんなり食べてくれるということもありますよ。

あわせて食事のルールや、箸の持ち方など、4歳で学んでおきたい食事でのしつけも心がけましょう。

規則正しい生活で睡眠を確保する

4歳児は11時間から12時間の睡眠が必要といわれています。眠っている間に、成長ホルモンが分泌され、成長を促してくれますので、十分な睡眠は大切になってくるのです。

成長ホルモンは21時から23時に作られるといわれていますので、21時までには眠りにつくのが理想的です。理想的な睡眠をとるためにも、まずは朝早く起きて規則正しい生活を目指しましょう。

夜眠るのが遅い子の場合は、朝起きる時間を早くすると体の体内時計がリセットされて、自然と早めに眠りたくなります。朝の起きる時間が大切なのですね。

年齢で必要な睡眠時間を確保したうえで、日中は元気によく遊び、できるだけ日光をよく浴びて、バランスよく食べ、健康な体を作りましょう。

あいさつや片付けなど小さなことの積み重ね

4歳児は行動範囲やかかわる人の範囲が広がり、社会的ルールや人とかかわるうえで必要なしつけが必要になります。なかなかしつけが難しいという話は先ほど話しましたが、まったく身についていかないというわけではありません。

幼稚園の先生にあいさつするようにいっても、恥ずかしがっていわない子でも、少しずつできるようになってきます。少しでもできたら、きちんと褒めてあげてくださいね。最初は褒めてもらうのが嬉しくてあいさつしていても、次第にあいさつすることが身についてきます。

片付けも苦手な子が多いですが、片付ける場所を分かりやすくし、片付けたら褒めるを繰り返すうちにできるようになってきます。小さいことが積み重なっていくのは大人も子どもも一緒です。

 4歳児の成長を促してあげる接し方とは?

過剰に反応したり、がみがみ怒らない

4歳児になると体も心も発達して大人顔負けのことをいったり、やったりします。自分がしたことの反応を楽しむようにもなりますので、親が怒るのを楽しむのも4歳です。

親はイライラしたり、カッと怒ってしまいそうですが、そこは一呼吸おいてください。過剰に反応したり、怒ったりすると、子どもは予想通りの反応だと喜び、さらに発言や行動をエスカレートさせることもあります。

これも成長するうえで必要だと思って、大らかに見守りましょう。イライラしたストレスは、子どもに向けるのではなく、ほかのことではらしましょう。

ママ同士で話してストレス発散もよいですよ。「うちもそうよ」ときくだけで、自分の子だけでない安心感と罪悪感なく子どもへの文句も言えますよ。

おしゃべりにはきちんと耳をかたむける

色々な言葉を覚えたり、自分の気持ちを表現できるようになった4歳児はおしゃべりが大好き。今日何があったのか、お友達と何して遊んだのか、など色々な話をしてきます。

ママも色々と忙しいかもしれませんが、子どものお話はきちんときいてあげましょう。子どもは話をきいてもらうだけで安心しますし、自分は大切にしてもらっていると感じることができます。

話をさえぎられたり、聞き流しているのが分かると「自分は受けいられていない」などと思ってしまうこともあります。何を話してもきいてもらえないと思ったら、今度は必要なことも話してくれませんし、きいても答えてくれなくなることもあるでしょう。

できるだけ丁寧に話をきいて、質問をしてきたらきちんと答えてくださいね。

自分で取り組んだことを褒めてあげる

4歳児はできることが増えてきて、色々なことに挑戦したくなる歳でもあります。自分の力を過信して難しいことに挑戦して、泣いて怒ったりなどという反応がみられることもありますね。

そんなときは、「自分でしようとした気持ち」をきちんと褒めてあげましょう。例えできなかったとしても、結果だけをみていてはいけません。

取り組んだという意志と、頑張ったという経過を認めて、褒めてあげることが子どもの自信につながり、「次も頑張ろう」という気持ちになるのです。その気持ちがあれば子どもはチャレンジ精神のある頑張れる子になるでしょう。

「やっぱり失敗した」「そんなことしちゃだめじゃない」などと否定的なことをいうと、前向きに取り組まなくなってしまいますよ。
90 件

関連記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND