就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳なのに会話が噛み合わない!語彙力、会話力を伸ばす関わり方

4歳なのに会話が噛み合わない!語彙力、会話力を伸ばす関わり方

4歳ごろは言葉の幅も広がり、おしゃべりが上手になってくる年齢ですね。でも、スムーズに言葉が出てこなかったり、子どもとの会話が噛み合っていないのでは?と感じると、どうすればよいか悩むこともあるでしょう。この記事では、4歳児の一般的な会話レベルや、子どもの語彙力や会話力を伸ばす方法について紹介します。

4歳児の会話レベルはどのくらい?

自分の気持ちや経験を話せるようになる

4歳児は、体験したことや自分の考えを文章で伝えることができるようになってきます。周りの人に話を聞いてもらいたいという気持ちが先走り、言葉がうまく繋がらないときや、違う話題がごちゃごちゃに混ざることも珍しくありません。

また、いろいろなことに疑問を持ち、「ねぇ、どうして?」と問いかけてくることが多くなります。女の子なら大人びた口調になり、男の子なら「うんち」や「うるさいなー」などママからすれば「使ってほしくない」と感じるメディアの言葉をまねすることもあるでしょう。

子どもはよくない言葉を楽しんで使うことがあります。「そんな言葉は、使っちゃダメ!」と頭ごなしに叱るのではなく、使わないほうがよい言葉だよ、と落ち着いて伝えるように心がけましょう。

時系列に沿って過去と未来も話せるように

4歳児は現在のことだけでなく、未来や過去の区別ができるようになってきます。できごとを時系列に沿って伝えることも上手になってきます。

保育園などに通っている子どもなら、その日のできごとを順序だてて話してくれることもあるでしょう。しかし最初は現実の話をしていても、途中から空想の話に変わっていくこともよくあります。現実にあったことを伝えたい想いはあっても、話しているうちに目的を見失ってしまうのです。

ママが「それでどうしたの?」や「明日は何をするの?」と時系列に沿って会話をリードしてあげると、自然に過去と未来を順序だてて話せるようになってくるでしょう。ただ、会話には個人差があるので、子どものペースで焦らず話を聞くように心がけましょう。

語彙力が増え、多語文で話せるようになる

1歳のころは、犬を見ても「ワンワン」と言って指をさすだけだったのが、2歳になると「ワンワン いた!」と二語文が話せるようになります。4歳児は、「そとにワンワンがいた!」など文章で伝えることもできるため、話したい内容が理解しやすくなってきますね。

しかし、4歳児はまだまだ言葉が発達している途中です。頭では理解していても、うまく言葉にできないことも多いものです。伝えたいことがあっても子どもが言葉につまってしまう場合は、無理にいわせようとしたり、早くしゃべるように急かすのは控えたほうがよいでしょう。

ほかの子どもと比べられると、子どもも不安になってしまいますよね。言葉は個人差があるので、無理やりしゃべらせようとせず見守ることが大切です。

子どもの語彙力、会話力を伸ばす関わり方

子どもの話をよく聞いてすぐに返事する

会話力を伸ばすには、相手の話をよく聞くことが大切です。真剣に話を聞いていると自然に疑問や続きが気になり、相槌をうつことや「それからどうなったの?」など話が広がっていくでしょう。

パパやママが子どもの話をよく聞いてすぐに返事をしている家庭は、それが当たり前として成長するため、子どもの会話力も身についてくるでしょう。また、パパやママが率先して挨拶をする姿を見せることも大切です。挨拶ができる子は褒められることが多く、それが自信につながり、ポジティブな考え方ができるようになるでしょう。

子どもに話しかけられても、用事の途中で返事をしなかったり、スマホを触りながらうわの空で聞いていると、子どもの語彙力や会話力に影響する場合があるので注意してくださいね。

体幹を鍛えて話を聞ける体勢づくり

「人の話は目見てよい姿勢で聞くことが大切」と小学生のときに教えられたパパやママも多いのではないでしょうか?人の目を見ることは、相手の方向に体を向けているということにもなりますね。

背筋をピンと伸ばしよい姿勢で話を聞くと内容を理解しやすく、会話力が身についていくでしょう。背筋をまっすぐ伸ばすためには、体幹を鍛えることが大切です。30分程度のお散歩でも、子どもにとってはよい運動になり効果的です。スイミングや公園の遊具で遊ぶとバランス感覚が身につきよい体幹トレーニングになるでしょう。

会話力とは縁遠いと思われるかもしれませんが、赤ちゃんの頃、ハイハイをしっかりしたことも、体感を鍛えることにつながり、話が聞ける体勢づくりに役立っているのです。

だんだんと難しい質問をして返答を促す

子どもの語彙力や会話力を伸ばしたい場合は、パパやママから質問を投げかけてみることも一つの方法です。最初は簡単な質問からだんだんと難しい質問に変えていくことがポイントです。

幼稚園の面接のように、自分の名前や年齢など簡単に答えられる質問から始めるのがよいですね。パパやママの表情が恐く、お行儀よく座らせての改まった質問は精神的に与えるダメージも大きくなってしまうかもしれません。なるべく自然体で優しい口調で問いかけてくださいね。

身の回りや家族のことなど質問の内容を少しずつレベルアップさせ、「〇〇の場合はどうする?」など未来や空想の考えを聞いてみるのもよいですね。一問一答を心がけると、話が噛み合わないと感じることも少なくなるでしょう。

気になるなら抱え込まず専門家に相談しよう

理解はできているようなのに答えられない

ママがいうことは理解できても、子どもから適切な言葉を発しないという場合もあるかもしれません。「ジュース飲む?」と聞くと「うん!」と元気よく返事や、うなずいてジュースを飲むのに、ジュースの種類や量など具体的なことを話さなければ心配になってしまいますね。

こだわりが強くない子どももいるので、ママに「〇〇する?」と聞かれても「うん!」だけしか答えないこともあるでしょう。言葉が出ないからという理由で、障害を疑うことは控えたいものです。言葉が出るのが遅れているために、会話力がない場合もあるので心配し過ぎることはありません。

しかし、年齢が高くなってきても物事について詳しいことを話さないようなら、専門家に診てもらうようにしたいですね。

コミュニケーションが取れない

4歳でも落ち着きがなく、同じ場所にじっと座っていることが苦手な子もいます。話しかけても会話ができず、コミュニケーション不足を感じてしまうときは発達障害では?と疑ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、子どもをよく観察してみましょう。落ち着きなく歩き回る理由が、好奇心旺盛な性格によるものなのか、それとも障害を疑ってしまうものなのか、区別できる場合もあります。

言葉が出てこないときだけでなく単語の順番がバラバラで文章になっていないとき、落ち着いて会話できない場合は、専門医に相談してみたほうがよいかもしれません。障害ではなく年齢的な場合も多いのですが、念のための相談してみることも大切です。

質問がちゃんと聞き取れているか不安

子どもに質問しても違う内容の違う答えが返ってきたり、会話ではないタイミングで返事が返ってくることもあるでしょう。4歳ごろは発達の差も大きい年齢ですが、ママの質問が聞こえにくい、またはまったく聞こえていない障害の場合もあるかもしれません。

聴覚障害では、周りの音がまったく聞こえないことを全聾(ぜんろう)、音が聞こえにくいことを難聴といい、後天性のものと生まれつきの先天性のものがあります。生まれつき障害がある場合も多いため、新生児のときにスクリーニング検査で聴覚障害を調べることもできるそうです。

遺伝や妊娠中に風疹などの病気にかかった場合は、聴覚障害になる確率が高いため検査を受けたり、専門医に診てもらいましょう。

まとめ

4歳になると言葉の幅が広がり、コミュニケーション能力も高くなってきます。でも言葉が出てこなかったり、出てきても順番がバラバラで会話になっていないと不安になってしまいますね。そんなときは、なんらかの障害をすぐに疑う前に、子どもをよく観察してみることが大切ですよ。4歳ころは成長の個人差がまだ大きい時期です。

周りの音がまったく聞こえない、または聞こえにくいのでは?と感じたら専門医に相談してみるとよいですね。個人差によるものがほとんどですが、聴覚障害が発見されることもあるので検査を受けるようにしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018