就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乱れがちな4歳の生活リズムの改善法。生活リズムを整え元気な毎日を

乱れがちな4歳の生活リズムの改善法。生活リズムを整え元気な毎日を

子どもが4歳になると、幼稚園への入園という大きなイベントが待っています。それまで自宅でママと過ごしていた子どもの場合、生活リズムがなかなか整わず、不規則になりがちということもあるでしょう。そこで今回は、乱れがちな4歳の生活リズムの改善法についてお話しします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

幼稚園に入園し変化する生活リズム

毎日早起きし登園準備をし登園する

幼稚園が始まると、毎日早起きをし、登園準備を済ませてから登園しなければなりません。いままで、朝起きる時間がはっきりと決まっていなかった子どもは、入園前までに決まった時間に起きられるよう練習をしておく必要があります。

朝は早めに起きるようにし、きちんと朝食をとり、子どもが身支度を整える間ママが焦らずに済むぐらいの時間を確保するように心がけましょう。朝ぎりぎりに起きていると、朝食をとる時間もなくなりますし、のろのろと支度をする子どもを急かすのにママも疲れてしまいます。

慣れるまで、朝の登園前の時間は慌ただしくてママと子どもにとっても大変だと思いますが、頑張って乗り切るようにしましょう。慣れてくれば子どもも手際よく動けるようになりますよ。

お昼寝の時間がなくなりグズグズに

幼稚園が始まると、お昼寝の時間がなくなってしまいます。それまで、自宅もしくは保育園でお昼寝の習慣が身についていた子どもには慣れるまではちょっと辛いかもしれません。

昼寝ができないことにより、降園後は疲れと眠たさで機嫌がわるくなり、グズグズしてしまうこともあるでしょう。帰宅して、しばらく静かに遊んでいると思ったら、寝てしまったということもあります。

しかし夕方に昼寝をしてしまうと、夜寝なければいけない時間に目が覚めて眠れなくなってしまうということがあるので、できるだけ夕方の昼寝は避けるようにしたいですね。ぐずる子どもの相手はママにとって大変だと思いますが、夕方はできるだけ早くお風呂や夕食、歯磨きを済ませるようにすると安心です。

4歳でもストレスを感じる

子どもは大人に比べ、環境への適応能力が高く、ストレスとは無縁のような気がしているママもいると思います。大人と違い、子どもには「精神的に疲れた」という感覚はありませんが、やはり新しい環境に入ると大人と同じように疲れてしまうこともあります。

先生の話すことを集中して聞いたり、まだ慣れないクラスメイトと仲よく遊べるように頑張ってみたりなど、子どもなりに幼稚園という新しい環境の中で馴染もうと頑張っています。ときにそれがストレスとなって機嫌がわるくなってしまうこともあるでしょう。

家に帰ってきても、幼稚園でなにをして過ごしたのか話してくれない場合は、要注意です。ママはあまり詮索せず、子どもの気持ちを優しく受け止めてあげるようにしましょう。

なぜ自宅での生活リズムが重要なの?

その後にも悪循環する生活リズム

幼稚園への入園をきっかけに、子どもの生活リズムをしっかり整えるようにしたいですね。幼児期に生活リズムが乱れていると、その後の長い学校生活にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

たとえば夜更かしをすると、睡眠時間が短くなり、朝の起床時間になってもなかなか起きられなくなってしまいます。朝の登園前ぎりぎりまで寝ていると、朝食をとる時間もなくなり、日中元気に体を動かすエネルギーもなくなってしまいます。

日中、体をあまり動かさないでいると、夜になっても肉体的疲労感がないため、なかなか眠たくならず再び夜更かしをしてしまうという悪循環になってしまうのです。このように、幼児期から生活リズムを整えることが子どものその後の生活にも大切なのです。

生活リズムの乱れは心身に悪影響を及ぼす

一度乱れた生活リズムは、できるだけ早いうちに正常なリズムに戻さないと、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。朝、家を出るぎりぎりに起きると、トイレに行って排便をする時間もなくなり、我慢することによって便秘がちになります。

さらに慌てて家を出るので、忘れ物も多くなりますよね。生活リズムの乱れによる寝不足は、自律神経の乱れを引き起こし、以下のような症状があらわれます。

・情緒不安定になり怒りっぽくなる。
・集中力にかけ、勉強に集中できない。
・無表情になってしまう。
・体温が平均より高くなる、もしくは低くなる。
・熟睡できないため、疲労感がとれない。

このように生活リズムの乱れは、子どもの日常生活に悪影響を与えてしまうので、注意しましょう。

睡眠が発育に与える影響

浅い睡眠の【レム睡眠】と深い睡眠の【ノンレム睡眠】について聞いたことのあるママもいると思います。夜眠っている間、人はレム睡眠とノンレム睡眠を5~6回ぐらい交互に繰り返しながら眠っています。

ノンレム睡眠でぐっすりと眠っている間に、人の体内では成長ホルモンが分泌され、疲労回復や筋肉の増強、骨の成長促進などの効果をもたらします。また成長ホルモンは脂肪を分解してエネルギーを作るなどの働きもあり、良質な睡眠が得られないとそれらがうまく働かないことになります。

睡眠不足で成長ホルモンが十分に分泌されないと、疲れが回復せず、骨や筋肉の成長も促進されず、病気に対する免疫力も落ちてしまいます。子どもの健やかな成長にとって良質な睡眠は欠かせない要素の一つなのです。
浅い睡眠の【レム睡眠】と深い睡眠の【ノンレム睡眠】について聞いたことのあるママもいると思います。夜眠っている間、人はレム睡眠とノンレム睡眠を5~6回ぐらい交互に繰り返しながら眠っています。

ノンレム睡眠でぐっすりと眠っている間に、人の体内では成長ホルモンが分泌され、疲労回復や筋肉の増強、骨の成長促進などの効果をもたらします。また脂肪を分解してエネルギーを作るなどの働きもあり、子どもの健やかな成長にとって良質な睡眠は欠かせない要素の1つです。

睡眠不足によって成長ホルモンが十分に分泌されないと、骨なども成長することができません。そればかりか、疲れが回復せず、病気に対する免疫力も落ちてしまいます。このように睡眠は子どもの発育にとってとても大切なのです。

どのように生活リズムを改善すればよいの?

4歳の生活リズムの理想

4歳の生活リズムを整えるといっても、どんなリズムが理想なのか、よくわからないというママもいることでしょう。ここでは理想的な4歳の生活リズムの一例をご紹介します。参考にして、入園までにできるだけ整えるようにしてくださいね。

・7:00 起床
・7:30 朝食
・8:00 登園前の身支度
・8:30 登園
・9:00~ 幼稚園で過ごす
・14:30 降園
・17:00 入浴
・18:00 夕食
・20:00 就寝

これはあくまでも一例です。自宅から幼稚園までの距離や実際に通う幼稚園によっても時間は多少前後してくるので、ママなりに子どもの生活リズムの理想プランを作って紙に書き出してみることをおすすめします。

早寝早起きの習慣をつけよう

子どもが小さいうちから早寝早起きの習慣を身につけるように心がけたいですね。すでにご紹介したように、良質の睡眠は子どもの成長に欠かせません。

夜は夜更かしをさせず、早寝の習慣を身につけるようにすれば、自然と朝も早起きできるようになるはずです。夜寝るときは、できるだけ部屋は暗くし、テレビの音などが部屋に入ってこないよう、静かで眠りやすい環境を整えるようにしましょう。

土日も、早寝早起きの習慣はできるだけ守るようにし、あまり夜更かしさせないように気をつけたいですね。特に春休みや夏休みなどの長い休み中に夜更かしや朝寝の習慣をつけてしまうと、また元の生活リズムに戻すのにママが大変になってしまいますよ。

逆算してスケジュールを組もう

子どもの生活リズムを整える場合、子どもの就寝時間を意識してスケジュールを組むと、動きやすいですよ。スケジュールがずれ込んでしまい、夜寝る時間が遅くなってしまうと睡眠不足を引き起こしてしまいます。

「起きられない」、「朝食を食べる時間やゆっくりトイレに行く時間がない」などは、ダイレクトに子どもの健康に影響を及ぼしてしまいます。就寝時間をしっかりと守るようにすれば、自然とそのほかのスケジュールも整ってくるでしょう。

なかなか寝てくれない子どもの場合、20:00にスマホの音楽が鳴るようにし「音楽が鳴ったらねんねだよ」と言い聞かせたり、部屋の時計の20:00の部分に印をつけて、「針がここに来たらベッドに行こうね」と教えてもよいですね。

まとめ

今回は、4歳の生活リズムの改善法についてのお話でしたが、いかがでしたか?4歳になると幼稚園が始まり、毎日きちんと時間を守って行動することが求められます。幼稚園生活に慣れるまで、朝の時間はママもばたばたとして大変だと思いますが、頑張って乗り切ってくださいね。

子どもの心身の成長にとっても、生活リズムを整え、良質の睡眠をとることはとても重要です。夜は子どもがぐっすり眠れるよう、環境を整え、夜更かしさせないように気をつけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018