就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

高知でのびのび子育て!温暖な気候と自然のなかで育児を楽しもう

高知でのびのび子育て!温暖な気候と自然のなかで育児を楽しもう

四国の南部にある高知県は海・山・川の自然があり、気候が温暖で子育てがしやすいところです。親子で自然を満喫できる遊び場がたくさんあるので、のびのびした子育てができるでしょう。この記事では、高知県の子育て環境や子ども連れで遊びたい人気のスポット、高知市の子育て支援情報を紹介していきます。

気になる!高知県の子育てをとりまく環境

海・山・川。自然に触れる子育てができる!

高知県の環境は自然の中でのびのび子育てをしたいと思うパパやママにぴったりです。太平洋に面した海岸では、夏になると海水浴やサーフィンを楽しむ家族の姿が多くみられます。

日本最後の清流といわれる四万十川も大自然を感じられる場所です。観光地として全国からファンが訪れるだけでなく、地元の人からも愛され子どもたちの遊び場にもなっています。

高知県での生活は、都会とは違ったゆったりとした時間の流れが感じられるはずです。都会の公園では走り回ることやボール遊びも周りの迷惑にならないかと気をつかいますよね。

高知県では家の前に自然があることがほとんどです。子どもがやりたい遊びを納得するまで楽しむことができるため、心の成長にもよい効果が期待できるでしょう。

人当たりのいい県民性で子連れにも優しい

高知県の魅力は県民性にもあります。高知県でのプロジェクトで「高知家」という表現がよく使われていますが、高知県内にいるとまるで家族のように話しかけられることがあります。

ママ友Aさんは、高知県のスーパーで買い物をしていると、初対面の女性が「このお菓子、今日安いき、あんたも買いや(お菓子が安いから、あなたも買ったらどう?)」とお買い得商品を教えてくれたそうです。

このほか、ママ友Aさんは「子ども連れで外出していると、行く先々で親族のように温かい声をかけられることが多いのよ」と嬉しそうに話してくれました。「暑苦しいほどあたたかい」ともいわれる高知の県民性は、核家族で子育て中のママにとって安心で心強いことかもしれませんね。

こうち子育て家庭応援事業でお得に買い物を

高知では子どもがいる家庭や妊娠中のママが買い物をする場合、お出かけ中に受けられるサービスが充実していて、子育てを応援してくれる仕組みが整っています。「こうち子育て家庭応援事業」もその一つです。

協賛店はイオンのような大型スーパーから地域のコンビニまでさまざまで、パンダの絵が目印の「こうち子育て応援の店」というステッカーが貼られています。優待券の提示でベビー・子ども用品の割引などのサービスが受けられる場合もあります。

出産前はベビーカーやチャイルドシート、ベビー服など準備品にお金がかかります。産後は粉ミルクやおむつなどの買物が増えるでしょう。こうち子育て家庭応援事業を使って、通常より安くベビー用品を揃えるのもよいですね。

不安いっぱい…赤ちゃんのウイルス対策。安心できるウイルス対策とは

PR

好奇心旺盛な赤ちゃんの近くにはウイルスや菌がいっぱい。赤ちゃんのお世話をしながら、ウイルスや菌の対策をしてても「本当にこれで大丈夫かな…」と不安が募るもの。昨今、ウイルス対策グッズの多さに、どれを選べばいいか迷ってしまうママも多いのでは?あったらイイナ!を兼ね備えた次世代の除菌・消臭ミストです。

子育て中に高知県内を遊びたいスポット

高知で子連れで楽しむ観光地

高知の桂浜には水族館があり、子ども連れで楽しめる観光地として有名です。高知県の南側に広がる土佐湾の中心にあり、JR高知駅からはバスで約30分と近くて便利なところにあります。

桂浜の入口に大きな坂本竜馬像があるので、その大きさに子どももびっくりすることでしょう。水族館までの道のりを、一面に広がる太平洋を見ながら歩くのも親子で楽しい散歩になります。途中で名物のアイスクリンを食べるのも喜びますね。

水族館では、イルカやアシカショーを見るだけでなく、カメやペンギン、カワウソなどのごはんタイムにエサやり体験もできるようになっています。いつもは、見るだけの水に住む生き物と触れ合えることは、親子で貴重な体験になりそうですね。

無料が嬉しい高知県内の人気公園

高知市内にある「わんぱーくこうち」は、入場料無料で一日遊べると人気の公園です。アニマルランドとプレイランドやアスレチック、水辺散策広場に分かれていて、子どもがのびのび遊ぶことができるようになっています。

アニマルランドでは約100種類の動物がいて、ふれあいコーナーがあるので動物たちを身近に感じることができるでしょう。チンパンジーやマントヒヒは、館内のガラスの中にいるのですが、愛嬌いっぱいの表情で近くに寄って来てくれることもあります。

水辺広場では、人口の滝があり、夏の暑い日には水遊びが楽しめるようになっています。プレイランドの観覧車やメリーゴーランドは有料のものもありますが、広い公園なので無料の範囲でも十分楽しめるでしょう。

室内遊びにおすすめな施設

高知では晴れの日のアウトドアだけでなく、雨の日に親子で楽しめる施設も整っています。

高岡郡四万十町にある「海洋堂ホビー館四万十」は、フィギュアコレクションの展示があり、館内いっぱいに並んでいる作品は見ごたえがあります。子どもが知っているようなお菓子のおまけや、パパ世代のアニメのキャラクターも多く家族の会話も盛り上がるでしょう。

香美市香北町にある「アンパンマンミュージアム」はアンパンマンの生みの親、やなせたかしさんんの故郷です。館内には、アンパンマンと仲間たちの仕掛けがあり、子どもの目線で楽しめるようになっています。アンパンマンシアターではアニメシアターの上映をしているので、何歳の子でも気軽に映画を楽しむことができ喜ぶでしょう。

県庁所在地の高知市の子育て事情

まずは「子育てガイドぱむ」をゲット!

「こうちし子育てガイドぱむ」は、高知市で子育てをすることになったら一番に読んでおきたい情報誌です。妊娠中から活用できる情報が産後の不安も解消できると思います。

子育てサポートの情報は、妊娠期から赤ちゃんの月齢別に予定が記されているので、子育ての見通しが立てやすいです。子育て中のパパやママが情報交換や交流できる場について、遊びに行くときの注意事項やスケジュールまでわかりやすく書かれているので親切です。

休日や夜間の救急ダイヤルをまとめたページもあるので、赤ちゃんの体調がわるくなったときでも慌てずに済み、便利です。子育てガイド「ぱむ」は、高知市のホームページからダウンロードできるので活用してみてくださいね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND