就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

男の子の子育ては楽しい!楽しくなるコツや疲れたときの対処法

男の子の子育ては楽しい!楽しくなるコツや疲れたときの対処法

男の子はママが大好き。ママの小さな恋人と呼ばれることもありますね。ママも男の子を可愛く思える反面、元気すぎる態度に困ってしまうこともあるでしょう。男の子の子育てが楽しくなるコツと、子育てに疲れたときの対処法をまとめてみました。ママも楽しみながら男の子の子育てをしましょう。

ママが感じる男の子の子育ての楽しさ

男の子はママの小さい恋人になってくれる

男の子はママにどんなに怒られても、ママが大好きなのは変わりません。

男の子は「ママ、抱っこ」と甘えてみたり、「ママ、大丈夫?」と心配してくれたり、「大きくなったらママと結婚する」と愛を告白してくれたり、ママはそのたびにメロメロになっていませんか?パパでもいってくれないようなことをいってくれます。

もちろん、嬉しいことをいってくれるだけではなく優しくもしてくれます。子どもながらに荷物を持ってくれようとしたり、ママの頭をなでてくれたり…。

男の子の言動に無条件の愛が感じられて、どんなに子育てが大変でも頑張ろうという元気をママにくれるのです。ママにとって、男の子はまるで小さい恋人のような存在ですね。

ママの理想の男性に育てることができる

子ども時代の育ち方で、大人になってからの考え方や行動パターンはかなり決まってきます。子ども時代にママのお手伝いをして家事をしていた子は、大きくなってからも自然に家事ができるようになるでしょう。

ですから、子育ての仕方で、ママが考える理想の男性に育てることができるかもしれません。もちろん、完璧に理想通りというのは難しいと思います。

ママが思いやりのある男性になってほしいと思ったら、子どものときからどんな行為をするとよいのか教えて育ててみましょう。大きくなったら、ママにも思いやりのある対応をしてくれそうですね。

ママの理想を押し付けるのではなく、子どもの幸せを考えて、どんな男性になってほしいかを考えることが大事ですね。

ママが未体験の男の子の世界を経験できる

ママにとっては異性になる男の子。自分を基準にしたら分からないことや、自分が体験してきていないことをすることがあるかもしれません。ママは理解不能で戸惑ってしまいますよね。

そんなときは、「今まで体験してこなかったことを体験できるのは面白い」と思えば、ママも楽しめますよ。男の子の好きなものは女の子と違ってきます。

車や電車、昆虫、恐竜、戦隊ものなど、ママにとってはよく分からないものが大好きです。男の子が好きなものは、ママも自然と詳しくなれますよ。一緒に楽しんでしまいましょう。

きっと男の子がいなかったら、知らないであろう世界を知ることができるのです。そんな新しい世界を知ることは、とても楽しいことですね。男の子に感謝です。

男の子の子育てが楽しくなるコツ

人の迷惑になる行為以外は大目に見よう

男の子は元気がありすぎて、お店の中を走り回ったり、ご飯を食べている途中にウロウロしたり、大きな声を出したりと、ママが困ってしまう行為をすることがあります。個人差もありますが、男の子は女の子よりもふざけることが好きで、乱暴に見える遊びも大好きです。

そんな行為をするたびに、ママは怒ったり、やめさせようとしたりして大変ではないでしょうか。周囲の迷惑になっていなければ「人の迷惑になるわけでないから」と少し大らかな気持ちで捉えると楽になりますよ。

人の迷惑になる行為であれば注意してすぐにやめさせましょう。周りが困らないことであれば見守るようにしたら、迷惑をかける行為は自然としなくなるでしょう。男の子は大きくなると少しずつ落ち着きますよ。

ママは男の子の特性を理解しよう

男の子と女の子の脳の構造が違うと知っていますか?

脳の基本的な生命維持活動に関連することを司る部分を「古脳」といいます。男の子の古脳は、攻撃性が強いといわれていますが、攻撃性が強いというよりも、活発によく動くという方が適しているでしょう。

ですから、男の子の方がよく動くし、落ち着きがないし、戦闘ものが好きだし、乱暴だったりするのかもしれませんね。

男の子が成長するとともに、脳の中の社会環境に適応するように発達して古脳を制御する「新脳」が発達してきます。新脳が発達すると、男の子は社会環境に適応するようになってきますから、落ち着いてくるのです。

ほかにも、男の子には、競争が好き、ルールは苦手、話をきかないなどの特性があります。

男の子は乗せて褒める子育てをしよう

男の子は素直で単純な子が多いですよね。言葉を理解し話すまでは男の子は扱いにくいかもしれませんが、話ができるようになれば、ママがいったことを素直に聞いてくれるようになるでしょう。

単純ですし、ママが大好きですから、大好きなママに褒められたらすごく喜びます。自分がしたことやいったことを褒めてもらうと嬉しくて、今度も褒められようと頑張るのです。自分から頑張って成長していくのですから、ママもうれしいですね。

ママに怒られて怖いからいうことをきく、というのではなく、褒められてうれしいからさらに頑張る方が男の子は成長してくれるでしょう。ママも、怒りたくなるときは多々あると思いますが、自分を落ち着かせて褒める子育てができるとよいですね。

男の子の子育てで疲れたときの対処法

男の子と遊ぶときは頑張りすぎない

男の子は体を使って遊ぶこと大好き。もちろん、静かな遊びを好む子もいますが、だんぜん体を使って遊ぶのが好きな子の方が多いでしょう。

追いかけて走りまわること、ボールを投げあうこと、棒をもって振り回すこと、など目的もなく体を動かして遊ぶこともあります。そんなときに、ママにも「一緒にやろう」といってくることもありますね。

ママに余裕があれば付き合ってあげたいところですが、家事や育児で忙しいですから、無理をして毎回付き合わなくても大丈夫でしょう。一緒にするのが難しいときは「ごめんね。今日は疲れているからお休みしていていい?」などと素直にいいましょう。きっと男の子は受け入れてくれますよ。なんといっても優しいですから。

パパに相談して男の子の世界を理解しよう

ママにとっては理解できないことをする男の子。男の子がしていることで、理解するのが難しい場合には、昔に男の子だったパパに話を聞いてみましょう。

パパに「男の子はどうしてあんなことするの?」と聞いてみたら、パパも子どものときに同じことをしていたということもあるかもしれません。ママには理解しがたくても、パパなら笑って「それはね…」と簡単に答えてくれることもあるでしょう。

ママが1人で悩んだり、困ったりすることはありませんよ。身近に男の子の気持ちをよくわかっているパパがいるのですから。相談したら、行動の説明やアドバイスの仕方、適した対応の仕方などを具体的に答えてくれるでしょう。夫婦で子育てできるとよいですね。

子育てで疲れたら全部辞めることも大切

どんなに男の子がママのことが好きでも、イヤイヤ期や反抗期など対応が大変な時期はあります。子どもへの対応がどんなに大変でも、子どもの身の回りのことをして、家事もして…。ママもパンクしてしまいそうなときがあるでしょう。

そんなときは、一旦家事は全部やめてみましょう。例えば、食事をレトルトにする、お惣菜を買ってくる、掃除や洗濯はしない、など一旦辞めてみるのです。

家事を辞めて時間ができた分だけ、子どもに接するときは笑顔でいるようにしてみましょう。子どもにとって、ママの笑顔が一番ですから。

何もしないことに抵抗があるママもいると思いますが、ママが倒れてしまってはみんなが困ります。休憩をとることもとても大事なことなのです。

まとめ

男の子は脳の構造から女の子とは違います。男の子はママとは違っていて当然と思って、自分との違いを楽しみながら子育てできるとよいですね。

ママの知らない世界を持っている男の子の世界に触れることは、ママにとっても新鮮で楽しいことでしょう。楽しいからといって無理をするのはダメですよ。

活動的な男の子の遊びに付き合うのが大変なときは、頑張りすぎず休みましょう。しっかり休んでからママの笑顔を見せることが男の子にとっては何よりうれしいことでしょう。ママも自分を大事にしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018