就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産の恐怖や痛みとその壮絶さ。子どもを産むママの痛みを理解しよう

出産の恐怖や痛みとその壮絶さ。子どもを産むママの痛みを理解しよう

これから出産に臨むママは、期待と喜び以上に、未知の陣痛に不安を感じているのではないでしょうか。出産は痛みをともなうもの。平気だった、耐えられたというママは少ないでしょう。陣痛の時間や痛みの感じ方は人によって違います。先輩ママたちの経験を聞き、知識を身につけ、不安を少しでも減らしてほしいと思います。

出産直前は痛みのつらさと恐怖との闘い

隣から聞こえる絶叫にまず恐怖

病院によって、分娩室が個室のところとカーテンで仕切られているだけのところがあります。個室ですと部屋の外の音はほとんど聞こえませんが、カーテンの仕切りでは同じタイミングで分娩室を使う場合、隣の声が聞こえます。

看護師、助産師、先生の声はもちろん、陣痛の痛みで叫ぶ妊婦さんの声が聞こえることもあります。妊婦さんによっては痛さに耐えられずに叫んでしまう人もいれば、うめくように耐える人、ほとんど声を出さない人もいて、陣痛の耐え方は人によってまったく異なります。

隣の妊婦さんが経産婦の場合、後から分娩室に入っても先に産まれてしまう場合があります。焦ってしまうかもしれませんが、隣は隣と落ち着いて、自分の出産に集中しましょう。

長い陣痛に耐えられるか不安に

初産婦の場合、陣痛は平均11時間~15時間、経産婦の場合平均6時間~8時間といわれていますが、これはあくまで目安で個人差があります。初産婦の方は15時間も陣痛に耐えるのかと想像すると怖くなりますよね。

陣痛が規則的になって病院に連絡すると、初産婦では10分間隔になってから来院と言われることが多いようです。初めての方はまだ陣痛の間隔が長いときでも不安になると思います。心配があれば何回でも病院に電話し、来院してもよいでしょう。まだ入院するには早いと言われても、診てもらえることで安心できますよね。

子宮口が開くまでは痛みと闘わなくてはなりません。可能ならパパや親につき添ってもらうとよいでしょう。家族がそばにいるだけで安心しますよ。

陣痛マックスはハンマーで叩かれる様な痛み

出産が近づくほど、陣痛はどんどん痛みを増していきます。陣痛が遠のくと少し落ち着く時間もありますが、その時間はほとんどなくなってきます。出産は、「スイカを鼻から出すくらい辛い」とよく例えられますが、イメージしづらいですよね。

お腹の張りを強く感じ、お腹を中心に痛い人。骨盤が開くようなイメージで、腰が痛む人。さらにその下の尾てい骨が痛む人。人それぞれ痛みを感じる場所が違うようです。お腹を壊したときの激しい腹痛や、生理中の100倍の痛みと例える人もいます。

実施している病院は限られますが、無痛分娩という選択肢もあります。普通分娩より費用がかかりますが、痛みの軽減や産後の早期回復などのメリットがあり人気です。

出産中の痛みは重複した苦しさに変化

先生が手を入れ、出産介助

誘発剤や促進剤を使っても出産がなかなか進まない場合、先生が介助することがあります。

自然に破水することがほとんどですが、出産が進んでも破水しない場合、先生が人工的に破水させることがあります。人口破水と聞くと痛みを心配するかもしれませんが、陣痛中のためか、人口破水の感覚がわからなかったママが多いようです。破水後はどんどん出産が進み、すぐ産まれることもあります。

赤ちゃんが産道を降りてくるとき正常に回旋できないことを、回旋異常といいます。多くの場合出産が難しくなるので、先生が手を入れて介助をします。場合によっては帝王切開に切り替わることもあり、ママは焦ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんを第一に考えて受け入れることも必要です。

先生がお腹に馬乗りで押す苦しさ

上手にいきむことができない、赤ちゃんは降りてきているけれど出てこない。そんなとき、先生が馬乗りになってお腹を押す介助方法があります。

お腹を押されながらいきまなければならないので、ママは陣痛の痛さと圧迫の痛さで必死です。このような状態で冷静なママはあまりいないと思いますが、まずママがしっかり呼吸をしましょう。必死になり過ぎて呼吸を忘れてしまうママは多いようですよ。

お腹を押されるのと同時に、吸引分娩をするケースもあります。分娩が長引くとママも赤ちゃんも弱ってきますので、吸引分娩で出産を介助します。また吸引分娩でも困難な場合は、鉗子分娩(かんしぶんべん)という、器具を使って介助する場合もあります。

胎盤が出ない…後産が困難な場合も

無事出産を終えて、ほっとできたのもつかの間、最後に後産が残っています。後産とは、赤ちゃんが産まれた後、胎盤などを体内から排出することです。軽くいきんだだけで後産が終わる場合もあれば、後産のほうが辛いと思う場合もあるようです。

後産の陣痛もあり、かなり痛みを感じるママもいます。後産で胎盤などが出ないと、先生や看護師が上から押したり、先生が手を入れて出したりすることもあり、出産以上の痛みを感じることもあるようです。きれいにすべて排出できなかった場合、出血量が多くなったり、その後内服や通院の可能性もあります。

帝王切開では、赤ちゃんを取り上げた後に、付属物もすべてきれいに取り除いてから縫うので、後産陣痛はありません。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版