就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目の子育てについて知ろう!大変なことやメリット、補助金も紹介

3人目の子育てについて知ろう!大変なことやメリット、補助金も紹介

3人目の妊娠・出産は「3人目の壁」といわれるくらい大変なものだと考えるママも多いようです。子どもが増えると家事の負担が大きくなるだけでなく、経済的にも不安になってしまいますよね。子ども3人のママが大変だと感じることや子育てのメリット、3人目の子育てをサポートする補助金や制度について紹介します。

3人目の子育ては、こんなことが大変

家事がおろそかになる

子どもが3人になると洗濯物や食事の量が増え、ママだけでは家事が回らなくなってきます。小さい子どもは特に汗をかきやすいため、1日に何回も着替えをして洗濯物の量が増えてしまいます。

例えば、子どもが着ていたパジャマやTシャツと短パン、下着を3人分洗濯してもざっと10枚以上の洗濯物になりますね。洗面やお風呂あがりに使ったタオル、パパやママの着替えを含めると洗濯機を1日2回以上回すという家庭も多いものです。

そのため、洗濯物を干しても乾いた衣類をたたむ時間がとれず、取り込んだまま山積みになってしまうことがあるでしょう。また子どもが増えると一度に作る食事量が多くなるため、手の込んだメニューが用意できなくなってしまうことがあるのです。

とにかく出費がかかる

子どもが3人になると、なにかとお金がかかるものです。チャイルドシートが3台になると車の買い替えも検討しなければいけない場合があります。5人乗りの普通車でも、しっかりとした機能のチャイルドシートは後部座席に2台までしか載せられないことがほとんどです。3列シートの車となれば、ガソリン代や保険料もアップすることになるでしょう。

3人目が生まれても上の子のお下がりが使えるので、お金がかからないと思っているパパやママも多いかもしれませんが、性別の違いや上の子と年が離れている場合は、すべてのお下がりが使えるわけではありません。服のデザインが時代遅れの場合や、姉と妹の好みが違うときはお下がりを着てくれないこともあるのです。

1人1人に手をかけてあげられない

子どもが3人になると、1人にかけられる時間が制限されますね。子どもが甘えて「だっこして!」とひっついてきても、下の子のおむつ替えや授乳中なら「後でね」と我慢させてしまうこともあるでしょう。

また家族で買い物に出かけたとき、パパとママが子ども1人ずつの面倒を見るのでは子どもが1人余ってしまいますね。気づかない間に興味のある方へ走って行ってしまうと、小さな子どもの手を引いて追いかけるのも大変です。

パパの仕事が大変で、ママ1人で子育てをしている家庭もありますよね。上の子が小学生くらいの年齢の場合、短時間なら下の子のお世話を頼むことができるかもしれません。3人の子ども1人1人にママが手をかけてあげることは難しいといえそうです。

3人目の子育てにはこんなメリットがある

家がいつも賑やかで楽しい

昔と比べると3人子どもがいる家庭は少なくなりましたが、賑やかで楽しい家庭に憧れるパパやママは多いものです。3人兄弟の家庭で育ったパパやママは、子どものころ楽しかった記憶から3人の子どもを望んだ人もいるかもしれませんね。

子どもがいると、話題が多くなり楽しみも増えていきます。誕生日会も多くなり、クリスマスなどのイベントも盛り上がるでしょう。季節の歌を歌ってもハーモニーになって癒されます。

また小さいころは兄弟でも友達のような関係で、無邪気におしゃべりしながらじゃれ合うこともあるでしょう。おもちゃの取り合いなどでケンカをしても、すぐに仲直りしていて驚いてしまいます。3人が一緒に笑顔を見せてくれると、子育てが楽しくなりますね。

上の子が下の子の面倒を見てくれる

3人目の妊娠中は、周りの人から「上の子が面倒を見てくれるから楽だよ」と声をかけられることがあるでしょう。3人兄弟になると、上の子と下の子の年齢が開いていることも多く、上の子が赤ちゃんのお世話をしてくれる場合がほとんどなのです。

上の子が小学生くらいならミルクやおむつ替えを頼むことができるかもしれません。小さくてママと同じようなお世話はできない年齢でも、赤ちゃんが泣いているときにあやしてくれるだけで助かるときがあるでしょう。

真ん中の子は、上の子がママの役に立っているのを見て、同じように下の子をあやしてくれるかもしれません。そんなときは、感謝の気持ちを伝えてあげてください。そうすれば上の子たちはしっかりしてくることでしょう。

兄弟や姉妹でのかかわりを通し社会性が育つ

子どもが3人いると「もめごと」も絶えませんが、そこから多くのことを学べるというメリットがあります。おもちゃをめぐってのケンカなら、おもちゃを仲良く使うためにはどうすればよいか?と考えることができます。

一緒に遊ぶ、交替で使うなど子どもによって考え方も違うため、いろいろな考えの人がいるんだなと感じることができます。小さいうちは難しく考えることはできなくても、家庭での生活の中で自然に協調性がつき、将来社会に出たときに役立ってゆくでしょう。

また3人兄弟は上の子を下の子がかばったり、下の子が上の子に憧れを抱いたりすることもあるでしょう。上の子のよい面を下の子が真似し、お互いに刺激を受けながら育つのでよいですね。

3人目の子育てをサポートする補助金や制度

保育料の負担が軽減される

兄弟が多いと子育てに費用がかかるため、共働きをしている家庭も多いでしょう。子どもを保育園に通わせるなら、保育料の負担が軽減される制度があります。3人を保育園に預けている場合、2人目は半額負担、3人目は無料となっています。

私立幼稚園に通園している場合は、保育料などの補助を受けられる就園奨励費補助制度があり、満3~5歳児がいる家庭が補助を受けることができます。所得や兄弟の条件により金額が変わりますが、大きな助けとなることでしょう。

すべての子どもに質の高い幼児教育を保障することを目指し、幼児教育無償化への取り組みも進んでいます。政府は検討会議を重ね、2019年度から実施する方針が発表されているので、家計には嬉しいニュースですね。

生後~小学校の間まで受けられる、児童手当

子どもが多ければ児童手当がまとまった金額でもらえるので助かりますよね。児童手当とは、子どもを育てている人に支給してくれるもので、生活の安定や子どもの成長を助けるためのものです。

3歳未満なら子ども1人につき月額15,000円もらえ、3歳以上から小学校修了前までは1人目と2人目は1人につき月額10,000円なのですが、3人目以降は1人につき月額15,000円もらえるので助かりますね。中学生は子ども1人につき月額10,000円が支給されるようになっています。

年に3回、2月・6月・10月に支給月の前月までの4カ月分が支給されます。子どもが増えた場合や転入したときは地方自治体への申請が必要なので忘れないように気をつけてくださいね。

自治体によってちがうユニークな支援

自治体によってユニークな子育て支援をしてもらえるところもあります。地方の自治体は、少子化の影響もあり、赤ちゃんが生まれると出産祝い金を支給してくれることがあるようです。数万円の出産祝い金なら検討している自治体も多いかもしれませんが、宮崎県の椎葉村は3人目は50万円、4人目は100万円も支給されるというので驚いてしまいます。

そのほか、チャイルドシートの購入費用一部負担や、おむつ費用の補助など、赤ちゃんのいる家庭に魅力的な支援があります。紙おむつを使うとゴミが増えるため、指定のごみ袋を無料でもらえる自治体も多いので助かりますね。

3人の子どもがいると、なにかとお金がかかるため、自治体独自の支援があればぜひ利用したいですね。

まとめ

子ども3人の子育ては、家事が増えるだけでなく経済面でも大変です。しかし、子どもが3人いれば話し声や笑い声が絶えず、賑やかで楽しい家庭になるでしょう。

出産準備品や服は3人の性別や年齢、個性によってすべてのお下がりが使えるわけではありませんが、自治体によっては出産祝い金やベビー用品の購入補助があるので嬉しいですね。

3人目の子育ては大変なイメージかもしれませんが、メリットも多い子育て支援を活用しながら賑やかな日々を楽しみましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018