就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

女の子の双子は名前もリンク?名前のつけ方と双子ママへのプレゼント

女の子の双子は名前もリンク?名前のつけ方と双子ママへのプレゼント

女の子の双子に憧れるママは多いですよね。世間でも可愛い双子の女の子たちはいつも話題にあがっています。今回は、双子の女の子の妊娠が分かったときの双子ならではの名前のつけ方や、身の回りで双子が生まれたときの喜ばれるプレゼントについてご紹介しますね。

女の子の双子ママになる楽しみとは

家庭がより華やかになる

赤ちゃんが生まれると家庭は、穏やかで優しい雰囲気に包まれますよね。少しずつ成長するとともに、赤ちゃんそれぞれが持っている性格や個性が出て、家庭が賑やかになるでしょう。

さらに、女の子が生まれた家庭は家の中が華やかになったと感じるママが多いですよ。双子の女の子が生まれた場合だと、その華やかさも倍になります。より、家庭の華やかさを感じることができるでしょう。

また、双子の女の子は「いつでも何をしていても可愛い」という声がたくさんありあます。赤ちゃんのころは、ベビーカーに2人で並んで座っている姿を見るだけでも心が癒されます。同じタイミングで笑ったり泣いたりする姿も微笑ましいものですね。

家庭で可愛い双子の女の子がいると華やかさが増す楽しみがありますね。

双子ならではの絆を見守ることができる

可愛くてたまらない双子の女の子でも、育児は2人分なのでママは疲れてしまうこともありますよね。そんなときに、2人で仲良く過ごしている姿を見ていると疲れが吹き飛んで励みになるというママは多いです。

双子の育児の大変さは、経験してみないと分からないこともたくさんあります。授乳や寝かしつけ、食事、着替えなどすべてが2人分なのです。双子の育児をテキパキこなしているママも、慣れるまでは毎日があっという間に過ぎたという声をよく耳にします。

しかし、そんなママのおかげで双子はともに成長し、深い絆が生まれるでしょう。お互いを気に掛け合ったり、一つのことに力を合わせてチャレンジしたりするなど、双子ならではの絆を見守ることができるのも醍醐味ですね。

子育てで感じる周囲の優しさも倍になる

双子の育児は、お世話のタイミングが2人同時になると、ママだけでは時間も手間も掛かってしまいます。

そんなときに頼りになるのは一番身近にいるパパでしょう。1人目では育児に消極的でも、双子が生まれると積極的に関わってくれるなど、パパの優しさを感じるママも多いそうですよ。初めての育児の場合は、ママとパパが協力し合って双子の成長を見守りたいですね。

また、双子を連れてのお出かけは大きなベビーカーや二人分の子どもの荷物だけでも大変です。そんなママに、「お手伝いしましょうか」「双子ちゃん可愛いですね」など、声を掛けてくれる人が多いそうです。

双子の育児の大変さは倍ですが、周囲から感じる優しさも倍になります。日々の緊張が和らぎ明日からまた頑張ろうと思えますね。

双子の女の子の名前に込める親の想い

共通性のある名前で揃える

双子を妊娠したママがまず考えるのは、赤ちゃんたちの名前ではないでしょうか。双子ということで、やはり2人に共通性のある名前をつけるママが多いようです。

たとえば、「さやか・ほのか」のように止め字を同じにするパターンや、「みずき・しずく」など真ん中の1文字を同じにするパターン、「あやか・あかり」など最初の1文字を同じにするパターンなどがあります。

色々な共通性の持たせ方がありますが、一つ注意したいのは頭にくる文字を同じにする場合です。たとえば、「あやか・あかり」だと、どちらも「あーちゃん」という同じニックネームで呼ばれてしまう場合があります。ですので、ニックネームで呼ぶ場合の呼び方なども想定しながら考えていくと安心ですね。

春夏秋冬、日本の四季を名前に取り入れる

女の子の双子の場合、名前に生まれた季節を取り入れるとより女の子らしいイメージになるでしょう。

春なら「芽・陽」、夏なら「海・波」、秋なら「穂・実」、冬なら「雪・凛」など、直接季節を連想させる文字を使ったり、季節に咲く花の文字などを取り入れるのも素敵ですね。たとえば、「桜」という文字には何種類もの読みがあります。「美桜(みお)・桜莉 (さくり)」など同じ文字を違う読みで取り入れるというパターンもありますよ。

また、双子の場合は書類など2人の名前を並べて書く機会が必然的に多くなります。同じ字を使わなくても、2人の名前を並べて見たときに同じ季節やイメージを連想できるというのも、双子ちゃんならではの素敵な名づけですね。

海外でも発音しやすい名前に

英語教育の低年齢化が進んでいる今の時代、子どもが将来国境をまたいで活躍をする可能性も大いにあります。そんなときにも不自由がないよう、海外でも発音しやすく、通用する名前をつけたいというママやパパも増えていますよ。

双子で海外に出ても呼ばれやすい名前は「マナ・エナ」「ノア・ミア」など色々とありますが、いくつか注意したい点があります。

まずは「ら」行の文字ですが、これは日本と同様、海外でも発音がしづらい文字のようです。中でも「りゃ・りゅ・りょ」「きゃ・きゅ・きょ」は発音が難しい音のようですので注意したいですね。

また小さい「っ」はその文字自体が存在しないことや発音しないという国もありますので、名づけの際に気をつけましょう。

メディアで話題のおしゃれ双子キッズを紹介

アラレちゃんメガネのりんちゃんあんちゃん

アラレちゃんメガネとオンザ眉毛のぱっつん前髪がトレードマークの「りんちゃんあんちゃん」をご存知ですか。インスタグラムで話題となり、今やテレビに雑誌にと引っ張りだこの双子の女の子です。

りんちゃんあんちゃんといえば黒縁のアラレちゃんメガネですよね。このメガネ、実は伊達メガネではなく、ちゃんと遠視と乱視の矯正用のメガネなんだそうです。りんちゃんあんちゃんのママはいつもこのメガネをメインに、ファッションのコーディネートを考えているんだそうですよ。

りんちゃんあんちゃんのファッションは、大人でも取り入れやすいシンプルで可愛いカジュアルコーデです。ママと双子の3人でのリンクコーデをしたいときにも参考にできそうですね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版