就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

動き回る新生児の理由は?親子の絆を深める理解と注意するポイント

動き回る新生児の理由は?親子の絆を深める理解と注意するポイント

赤ちゃんが動き回るときの注意点とは?

周囲に危ないものを置かない

赤ちゃんが手足をバタバタさせて動いているのを見ていると、可愛くてついそのまま見てしまいます。新生児は移動をしないと思って安心していませんか。

手足をバタバタさせているだけでも、周りにあるものにぶつけることがありますので、危ないものは置かないようにしましょう。

ベビーベットに寝かせているのであれば、周りに危険なものはない可能性は高いですが、床に寝かせているときは危険なものが側にある可能性がありますね。

足元や手の側に硬い物があれば、ぶつけてケガをするかもしれませんし、布団やタオルケットも危ないものになる可能性もあるのです。ベビーベットにタオルをかけておくと、バタバタした振動で赤ちゃんの上に落ちることもあるので、危ないですよ。

ベビーベッドの場合サイドガードを付けよう

赤ちゃんが動き始めると、ベビーベッドで寝かせている場合、周りの柵に頭や手足をぶつけないか心配になりますよね。足でマットを蹴りながら頭の方に移動して柵にぶつけたり、寝返りをして手足をぶつけることもあります。

そんなときに、赤ちゃんをベッドの柵から守るためのサイドガードがありますね。このサイドガードをつけようと考えているママは、新生児のうちからつけておくことをおすすめします。

新生児でも手足をバタバタとさせますので、寝かせる場所によっては、柵にぶつけてしまう可能性があるからです。また、少し高さのあるサイドガードは、エアコンの風が直接当たることを防いでくれますよ。色々とあるサイドガードからママの好きな模様や色の物を選んでもよいですね。

布団やタオルでの窒息に注意

新生児が手足をバタバタと動かしているうちに、身体に乗せていたタオルケットや布団が顔の上にかかることもあります。赤ちゃんは自分の意志で布団をどけることができませんので、窒息してしまう危険性があります。

赤ちゃんが眠っていない状態で布団をかけているときは、ママが注意して見ておくことが必要です。もし、ママが見たときに赤ちゃんの顔に布団が乗っていて、赤ちゃんの意識がない場合や、けいれんを起こした場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

赤ちゃんが元気でいれば、心配はありませんが、注意をしてみる必要がありますね。赤ちゃんが眠っているときは、手足を動かすことはほどんどありませんので、ママも一緒に赤ちゃんと眠っても大丈夫でしょう。

原始反射を利用して親子で遊ぼう

把握反射でママの指をにぎにぎ

新生児の頃からママとのスキンシップは大切な刺激になります。新生児では、自分の意志で身体を動かすことができませんので、原始反射を使ってママとスキンシップをするのは体や脳への刺激になってくれるでしょう。

赤ちゃんの手のひらにママの指を乗せてみてください。赤ちゃんがぎゅっと握りしめてくれますよね。これは、原始反射のなかの把握反射で、本能的に手のひらを刺激されると握るのです。

握りしめる力はかなり強く、赤ちゃんがママの手を握ったまま上に持ちあげると、そのまま赤ちゃんは手を離さずに身体を起こすぐらいの力があるのです。それだけしっかりと握るのですね。

赤ちゃんの可愛い手で握られたら、ママの方が幸せを感じられますよ。

足底把握反射で足裏遊び

新生児の足の裏を触ってみたら、足の指をぎゅっと握るように丸めますよね。これは、原始反射の中の足底把握反射です。手と同じように、足の裏も刺激すると足の指を握るように丸めるのです。

この足底把握反射は「サルが足の指を踏ん張って母親から落ちないようにしていた名残り」とも考えられています。この足底把握反射は1歳前後の歩く頃には消失してしまいます。この反射が残っていたら歩けませんからね。可愛いサイズの足の指をぎゅっとまげるのを見るのも一時期にしかすぎません。

たった数カ月だけみられる反射として、小さくて可愛い足の裏を刺激して遊ぶのも面白いですよ。赤ちゃんとママのスキンシップの一つとして試してみませんか。

ギャラン反射で背中クネクネ

赤ちゃんの可愛い反応を見たいママには、ギャラン反射がおすすめです。身体のバランス感覚に重要な前庭覚を刺激し発達させる反射でもあります。あまり聞いたことがないママも多いと思いますが、何ともいえず可愛い動きがみられますよ。

まずは、赤ちゃんを大人のひざの上にうつぶせに寝かせた状態にします。次に、指先で肩甲骨から背骨に沿って、背骨を中心とした左右どちらか側を上から下にゆっくりこすります。

すると、赤ちゃんは、こすられた側へ体をクネッと反らせるのです。クネッとした姿はほかに見ることのない動きだけに可愛く見えますよ。ぜひ、ママもやってみてください。

生後5カ月頃には消失してしまいますから、これが見られるのも期間限定です。

まとめ

新生児の可愛い動きは、赤ちゃんの意志で動いているものではありませんが、何ともいえずに可愛い動きばかりです。可愛く見えることも生きていくため、生活に必要な動きができるため、お世話をしてもらうために動くのです。

もし、赤ちゃんが楽しそうに手足をバタバタさせていたら、好きなだけさせてあげましょう。泣きながらバタバタしていたら、何かをしてほしいというママへのサインかもしれません。

乳幼児の時期にしか見られない反射を刺激してスキンシップをしながら、ママと赤ちゃんの絆を深めていきましょう。
42 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND