就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

東京での子育て事情を知ろう!治安状況や支援制度、保活について紹介

東京での子育て事情を知ろう!治安状況や支援制度、保活について紹介

子育てに対する制度は、住むエリアによって違ってきます。東京都内に住んでみたいというママのために、治安や保活などの、子育て環境をご紹介します。また近隣エリアには、東京都内に負けない魅力的な街がたくさんあります。引越しを検討しているママに、ぜひ参考にしてほしいと思います。

そもそも子育てしやすい街とは?

パパママが求める子育てしやすい街

パパとママが子育てしやすい街の条件として、1番声が多いのは『金銭的な子育て支援が充実していること』だそうです。自治体によって子育て支援はかなり差がありますが、何かとお金がかかる子育てには、経済的な面で安心できる環境が求められているようです。

次に多い声が、『犯罪率が低いこと』。最近、子どもが巻き込まれる事件も少なくありません。犯罪リスクの多い街では、事件に巻き込まれる可能性と、子どもへの悪影響が心配されています。

次に『保育園の充実』を望む声が多いようです。共働き家庭が増えてきており、仕事との両立のためには不可欠のようです。ほかにも、『自然が多い』『病院が近い』『地域の交流がさかん』などが条件にあげられています。

都心での子育てのメリットとは?

都心では、教育環境がよいといわれています。公立の学校であっても、教育に対する意識が高い地域では子どもたちは切磋琢磨しながら伸びていくそうです。また、さらに上を目指したい場合でも国立小学校や私立小学校など選択肢がたくさんあります。

また、大学病院や有名病院はもちろん個人病院も多いため、小児科を探しやすいといえるでしょう。いざというときに駆け込める病院がたくさんあるので安心ですね。

少し意外なのが、子どもが遊べる公園が多いことです。オフィス街のイメージが強いかもしれませんが、一歩住宅地に入ると落ち着いた環境があるのです。国立公園や大学構内など緑がたくさんあるので、ちょっとしたお散歩にも向いているのではないでしょうか。

都心にも近い!郊外は子育てしやすい?

交通網が発達している利便性の高いエリアがあったり、飲食店の多いエリア、美術館など文化施設が多いエリアなど、なにかと便利な都心ですが、子育て世代には都心に近い郊外もおすすめです。

都心では、コンパクトな間取りとマンションの割合が高いのですが、郊外には間取りに余裕があるファミリー向けの物件が多数あり、治安のよい閑静な住宅街も多くあります。再開発が進んでいるところでは、子育て世代の入居が多く、子どもたちの年齢が近くなりますので、お友達をたくさん作ることができます。

また、都心では駐車場代が高いため、車生活が贅沢となってしまいがちですが、郊外では車生活も可能なため、行動範囲がぐんと広がります。荷物が多くなりがちな乳幼児期には、とても助かりますね。

子どもの身を守る!各地域の治安状況

周辺施設も関係する?23区の治安

23区では、区によって様々な施設があるため、それぞれの区で治安にも違いがあります。特に治安がよいといわれているのが、大学や高校など教育機関の多い文京区です。また大手町や日比谷などサラリーマンの街が多い千代田区は、皇居や政治家の拠点があることから日々警備の目が厳しいようです。

板橋区や江戸川区、荒川区には中心となるターミナル駅や目立つスポットが少ないのですが、住宅や公園の面積が広く、最近では子育て支援に力を注いでいる自治体が増えています。

治安がよくないイメージがあるのが、大きな繁華街を抱えている区です。新宿区の歌舞伎町や豊島区の池袋、渋谷区なども全国各地から様々な人たちがやってくるため、治安がよくないイメージになってしまっているようです。

駅付近は危険な地域も!埼玉県の治安

郊外でありながら都心へのアクセスが便利な埼玉県は、子育て世代にも人気の街が多いです。中でも浦和は昔から高級住宅街として知られており、通勤通学にも便利なことから人気があります。

駅周辺には、商業施設が多く買い物に困ることはありませんが、住宅街よりは人が多く訪れるため、治安の面では不安が残ります。埼玉県最大のターミナル駅がある大宮は、県内の住みたい街ランキング1位に輝く街です。一方、歓楽街の大きさも県内一となっており、駅周辺では犯罪多発地帯となっているようです。しかし、駅から少し離れると閑静な住宅街が広がっており、住みやすいといえるでしょう。

ほかにも、所沢市や川口市など治安がよく人気の街が多くありますが、駅周辺での治安面では多少不安が残ります。

人気な地域は比較的安全!神奈川県の治安

埼玉県と同様に都心に近く、子育て世代に人気の街が多いのが神奈川県です。

ここ数年のうちで人気急上昇なのが川崎市にある武蔵小杉駅。武蔵小杉は都心へのアクセスのよさも利点ですが、再開発が進んでおり、どんどん発展しています。ショッピングモールやタワーマンションが増えたことによりファミリー層が多くなってきています。駅周辺では犯罪件数も少なく、子育ての環境はよさそうです。

日吉駅周辺やたまプラーザ駅周辺も、とても治安がよく人気の高い街です。神奈川県でも、大きな歓楽街のある横浜駅や川崎駅周辺などは犯罪件数が多くなっており、治安の面では不安なようです。しかし、鎌倉や湘南のように公園や海などの自然に囲まれた地域も多く子育て世代には人気がありますよ。

子育て世帯必見!東京近郊の子育て支援

さすがの充実力!23区の子育て支援

東京23区でも、子育て支援に力を入れている自治体が多くあります。妊婦健診の公費負担はほぼ全国平均のようですが、子ども医療費制度についてはほかの自治体に負けていません。

23区すべてが中学3年生までの子ども医療費の助成を行っており、特に千代田区と北区は高校3年生までとどの自治体よりも助成期間が長くなっています。

また、認可外保育園である認証保育園への補助に力を入れている区もあり、場合によっては認可保育園より保育料が安くなることもあるそうです。

私立幼稚園への入園補助金や保育料補助金も、区によって開きがありますが年間で約46万円を補助してくれる区があります。ほかにも、出産祝い金や不妊治療助成など様々な子育て支援があります。
42 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC