就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児は不安と感動の連続!みんなが感じる不安と感動の瞬間

育児は不安と感動の連続!みんなが感じる不安と感動の瞬間

「子どもの夜泣きが大変」「好き嫌いが多く、ご飯を全然食べてくれない」など、子育てをしていると大変なことのほうに目がいきがちですよね。育児に対して不安を感じているママに、ここでは不安を少しでも減らす方法や、子育てをする素晴らしさを教えてくれるものなどをご紹介します。

どうして泣いているの?不安だらけの初育児

どうすればいいの?大丈夫、ママも一年生

育児をしていると「こんなときどうすればいいの?」と不安に思うこともたくさんありますよね。赤ちゃんもいつもご機嫌でいてくれるわけではないので、「赤ちゃんが泣いてばかりいるとイライラして怒ってしまう。私はママ失格なんじゃないか」と、思い通りにならない育児に悩むママも多いのではないでしょうか。

初めての育児は楽しいこともありますが、大変なことも多いですよね。育児に対して不安がないママなんていません。「自分だけがちゃんと育児をできていないのではないか」と不安に思わず、「ママになってまだ一年生なんだから、うまくいかなくても大丈夫」とプラス思考に考えられるとよいですね。

ママが育児に対して不安になることは、それだけ赤ちゃんのことを想っているということですよ。

成長が遅い?大丈夫、周りと比較しないで

育児をしていると、ほかの子と自分の子をついつい比べてしまうことがありませんか?「ほかの子はもう歩いているのに、うちの子はまだ歩けない」「ほかの子よりも体が小さいから心配」など、ほかの子よりも体が小さかったり、できることが遅かったりすると焦るママも多いですよね。

大人にも体が小さい人、大きい人がいるように、子どもの成長のスピードにも個人差があります。また、子どもにも得意不得意があり、できるようになることの順番は子ども1人1人によって全然違います。

ほかの子と比較して「うちの子だけ成長が遅い」とあまり心配しなくても大丈夫ですよ。ありのままの子どものことをママはしっかり見てあげて、何かできるようになったときには「すごいね」とたくさん褒めてあげましょう。

日々の成長の記録。12カ月の感動を残そう

子どもは毎日少しずつ成長していますよね。育児に忙しい毎日で「ハイハイはいつからしたかな?」「1人歩きはいつだったっけ?」と日々の成長を忘れてしまうことも…。

子どもの日々の成長を記録することで、育児でくじけそうになったときに見返すと「明日からまた頑張ろう」と思えるかもしれませんね。子どもが1歳になるまでにできるようになることは、パパやママがびっくりするくらいたくさんありますよ。

友人の話では、子どもを出産してから毎日成長記録を残しているそうです。日々少しずつ成長していく子どもの記録をしていると、大変なこともたくさんあるけど感動することのほうが多いと話してくれました。子どもの成長の記録は、ママの頑張りでもありますよね。

あなたの初めて、全部一緒に見ていたい

ハイハイして私のところまで来てくれた!

赤ちゃんの成長は、パパやママにとっても嬉しいことですよね。特に、「初めて◯◯ができた」という日は、日頃の疲れも忘れてパパやママも感動するのではないでしょうか。

先輩ママの話ではお家で赤ちゃんと2人で過ごしていたとき、赤ちゃんがおもちゃで1人遊びをしていたので、ママはキッチンで料理を作っていたそうです。料理を作っていると近くに気配を感じたので足元に目をやると、赤ちゃんが満面の笑みでママのほうにハイハイできてくれたと話してくれました。

赤ちゃんが頑張って自分のほうにハイハイできてくれたと思うと、とても感動したそうですよ。赤ちゃんの成長している姿を見ると、疲れているママも赤ちゃんに癒やされますよね。

初めてしゃべったよ!成長の一瞬

今までは「あぁ」「うぅ」しかいわなかったのに、赤ちゃんが初めて何かをしゃべったときは感動しますよね。赤ちゃんが話し始める時期は個人差がありますが、早い子では10カ月頃から「まんま」「わんわん」などと短い意味のある単語を話し始めます。

先輩ママの話では子どもが1歳を過ぎた頃、突然「ママ」と呼んでくれたそうです。最初はびっくりして「今なんていったの?もう1回いってごらん」と赤ちゃんに聞いてみると、ママのほうを指さして「ママ、ママ」と呼んでくれて感動したと話してくれました。

それからはママだけではなく、「パパ」「ばあば」「じいじ」と家族を呼ぶようになり、みんなで子どもの成長を喜んでいるそうですよ。

赤ちゃんが「初めてできた」嬉しい瞬間

赤ちゃんは1歳になるまでに、初めてできることがたくさんあります。「初めてできた」嬉しい瞬間をパパやママは忘れずに、大切に思い出に残しておきたいですよね。

友人の話では、「赤ちゃんが初めて笑った日」「寝返りをした日」「離乳食を食べてくれた日」「つかまり立ちをした日」「1人で歩けた日」など、どの瞬間もとてもうれしくて感動したそうです。初めてできた瞬間を忘れないように、写真を撮ったり日記をつけたりして、記録に残していると話してくれました。

育児はママが大変だと感じることも多いですが、日々の赤ちゃんの成長はかけがえのない宝物ですよね。そのような嬉しい瞬間を忘れずにいることで、ママも育児を楽しく頑張っていけるとよいですね。

ママを感動させた作品をまとめてご紹介

世界のママが共感し涙した。心に留めたい詩

「子育てをするのが辛い」「赤ちゃんが可愛く思えない」と、ママも頑張り過ぎてしまうとストレスや疲れが溜まり、育児をするのが困難になることもあります。育児に疲れてしまっているママは「自分だけが、子育てをちゃんとできていない」と自分を責めて悩んでいることが多いです。

子育てに悩んでいるママにおすすめの詩が、「最後のとき」です。この詩は作者が不詳で、SNSなどで世界中のママに広がり話題になりました。

おむつ交換や寝かしつけなど、大変なことにもどれも最後のときがあって、子どもが少しずつ1人でできるようになることが多くなると、ママは寂しい気持ちになるので、1日1日を大切にしようという心に響く詩の内容になっています。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC