就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

徳島で充実した子育てを!地域の子育て支援や認定こども園の利用法

徳島で充実した子育てを!地域の子育て支援や認定こども園の利用法

小さい子を連れて徳島へ引っ越しをするママや、徳島で出産予定の妊婦さんは、徳島にどんな子育て支援があるのか気になるものですよね。徳島は育児相談や子ども向けのイベントが充実していて、仕事と子育てが両立できる環境が整っています。この記事では、徳島県の子育て情報、親子で楽しめるお出かけスポットを紹介します。

乳幼児期の子育て不安や孤立感を軽減しよう

遊びながら相談「子育て安心ステーション」

はじめての子育てや知らない土地への引っ越しはわからないことも多いものです。困ったことがあってもどこへ相談すればよいか迷うこともあるでしょう。徳島では子どもを遊ばせながら、育児相談ができる施設があります。

徳島市立図書館こども室の横にある子育て安心ステーションは、子連れで自由に利用できる子育て支援施設です。徳島の子育て情報がほしいときや子育てについて誰かに相談したいと思うことがあれば、ぜひ訪れてみてください。子育ての講座も開催しているので、ママ友づくりや気分転換もできるでしょう。

ほかにもある!遊びに行って相談できる施設 

徳島では、地域の子育て支援拠点事業がさかんです。育児相談や子育てに関する情報提供を公共施設や保育園、認定こども園など身近なところで行っています。

吉野川市の子育て支援センター「ちびっこドーム」は、赤ちゃんが安心して遊べるようカーペットが敷き詰められています。絵本の読み聞かせや赤ちゃんのヨガ、お誕生日会などたくさんのイベントがあるので嬉しいですね。

籠屋町にある商店街子育てほっとスペース「すきっぷ」は、妊婦さんや乳幼児のための施設です。助産師さんに産後の相談もできるので助かりますね。

「こどもとコンシェル」電話やネットで相談

徳島市にある「こどもとコンシェル」は、子育てに関することを電話やメールで気軽に相談できるサービスです。例えば、幼稚園や保育園の手続きや、子どもの発育や健康についてわからない場合でも、こどもコンシェルに問い合わせると、専門の相談員に教えてもらえるので安心です。

パパの転勤などの理由で徳島に引っ越してきた場合は、子育ての手当などは自治体によって異なっていてわからないですよね。こどもとコンシェルなら、その家庭に合った手当を教えてくれるので参考になるでしょう。

親子で子育てサークルに参加しよう

徳島にはたくさんの子育てサークルがあります。これは、核家族化によるコミュニケーション不足の解消や、子育て中の家庭の孤立を防ぐことを目的にしています。

紙芝居ボランティアの「おしゃべりくまさん」は、とくしま動物園や県内の施設で活動しています。大型紙芝居や絵本などの公演があるので、たくさんの乳幼児が楽しみに集まっています。

とくしま自然観察の会では、月に1回程度集まり、徳島の自然や生き物を観察しています。親子でよい経験ができそうですね。

徳島は仕事と子育ての両立を応援!

就労状況が変わっても利用できるこども園

認定こども園とは、幼稚園と保育園が一緒になった施設のことです。保育園で子どもを預かってもらっていたときは、仕事をやめれば保育園からも退園となることがありましたが、認定こども園に通う3~5歳児はパパやママの就労状況にかかわらず子どもを預かってもらうことができるので便利です。

認定子ども園では幼稚園で行っていた教育と、保育園での保育環境の両方が兼ね備えられています。また、地域の子育て支援も実施してくれるので、安心して子どもを預けることができますね。

徳島には認定のこども園が平成30年度は16カ所あることになっています。こども園の詳細はホームページか、徳島市保健福祉部の子ども企画課に問い合わせてみてくださいね。

ファミリーサポートで病児の預かりも頼める

仕事と育児の両立をしたいと思っていても、子どもの体調が悪いときは子ども一人で留守番させることもできず、困ってしまいますよね。徳島では、こんなとき子育て中のパパやママを助けてくれるファミリーサポートの仕組みも整っています。

何かの事情で「育児の応援を依頼したい」ママと、「少し育児の応援ができる」という会員の条件が合えば、育児の相互援助をしてもらえる仕組みになっています。ファミリーサポートを利用するには会員登録が必要です。今すぐは利用する必要がない場合でも、核家族など近くに頼れる人がいないなら、困ったときのために事前に登録しておくと安心ですね。

登録を希望する人は、徳島ファミリー・サポートセンターへ問い合わせてみてくださいね。

小学生は児童館や放課後児童クラブを活用

徳島県では、子どもの遊び場として児童館を開放しています。最近は、公園など子どもが遊べるところも少なくなってきているので助かりますね。児童館なら天候に左右されることもないので、遊びたいときに思いっきり遊ぶことができるので便利です。

平日の午前中は、おもに乳幼児とそのパパやママが集まる時間帯です。児童館の利用料は無料となっているので、産後に家ばかりでストレスがたまってしまったときや、はじめての子育てでママ友を作りたい場合は、児童館を利用してみると気分転換になるかもしれません。

児童館は原則飲食が禁止となっていますが、決められたランチタイムには持ってきたお弁当などを食べることができます。お友達と一緒の食事は子どもも楽しいでしょうね。

休日も充実!徳島で子育てをもっと楽しもう

徳島の子どもイベントに参加しよう

子育て支援がさかんな徳島では、親子で参加したい子ども向けのイベントがたくさん行われています。

いしいドーム横の飯尾川公園グラウンドでは、毎年「みらいフェスタinいしい」が開催されています。子育て世代の家族と交流ができる楽しいイベントです。食べ物やお菓子の模擬店や、竹馬やお手玉の昔遊びだけでなく、扶養になった育児用品をゆずってもらえるコーナーもあります。

徳島文理大学短期大学部の保育科が主催のペンギンクラブも毎年イベントを企画しています。親子のリズム遊びや、工作など子どもが喜ぶ内容になっています。

徳島市の子どもまつりも楽しい行事です。しゃぼん玉作りや竹馬づくりなど、めったにできない経験ができるでしょう。

徳島で親子で楽しめるおでかけスポット

徳島は親子の遊び場も充実しています。あすたむらんど徳島は、親子でぜひ遊びに行ってほしい公園です。広い敷地内には、プラネタリウムや科学館があり、真夏には水遊びも楽しむことができます。

太平洋に面した日和佐には「日和佐うみがめ博物館カレッタ」があります。館内には、何種類ものウミガメの展示を見ることができるだけでなく、生き物と触れ合うコーナーがあるため、小さい子でも楽しむことができるでしょう。

自然がいっぱいのとくしま動物園も親子で楽しめるおでかけのスポットです。園内は広く自然がたくさんあるため、動物を見ながら散歩するのもよいですね。気候のよい時期に時間をかけて園内を回ってみるのもよいでしょう。

徳島のスポーツチームを親子で応援しよう

野球チーム「徳島インディゴソックス」の試合観戦も楽しいでしょう。地域に密着したチームなのでアットホームな雰囲気が感じられると思います。選手と触れ合うことができる場合もあるので、子どものテンションも上がりますね。プロ野球チームとの対戦もあるので、見ごたえがありパパやママも楽しめるでしょう。

サッカーチーム「徳島ヴォルティス」の試合は、鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで楽しむことができます。このスタジアムには子ども向けのエアトランポリンやスライダーなど楽しい遊具があり試合前に遊べるようになっています。スタジアム前のヴォルティス屋台村は、スタジアムグルメを堪能できるため家族連れにも人気なスポットです。

まとめ

徳島県は子育て支援が充実していて、妊娠期や出産後に新生児を連れて遊びに行ける場所が整っています。徳島の子育て情報がほしいときや、子育てについて誰かに相談したいと思うことがあれば、近くの施設へ出かけてみるのもよいでしょう。

電話やネットで子育ての相談ができる「こどもとコンシェル」や育児の援助をしてもらえる「ファミリーサポート」も心強いですね。

休日は、子ども向けのイベントやお出かけスポットにでかけたり、徳島のスポーツチームを観戦したりして、親子で徳島での生活を楽しみましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018