就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

上の子の子育ての悩みはつきもの。「可愛くない」と思う原因と対策

上の子の子育ての悩みはつきもの。「可愛くない」と思う原因と対策

あんなに可愛かった上の子への気持ちが下の子が生まれてから変わってしまうことがあります。同じように大切な子どものはずなのに可愛く思えず、悩んでしまうママもいるようです。ママも上の子も辛い思いをしてしまわないよう原因と対策を紹介しますので、参考にしてくださいね。

イライラして可愛くないと感じてしまう原因

下の子の世話で忙しいときに甘えてくる

まず困ってしまうのが、下の子のお世話で忙しいときに限って甘えてきて、下の子のお世話ができなくなってしまうことではないでしょうか。家事にも影響がでてイライラしてしまうこともあるのでは?

授乳しようとすると「ママお腹がすいた」、おむつを替えようとすると「おしっこに行きたい」など、自分もいるよとアピールをする子は少なくありません。

ママは上の子も甘えたいのだと分かっていますよね。ただ、下の子のお世話ができないと、上の子の「甘え」が「邪魔をしている」ように感じてしまい、イライラの原因になってしまいます。

イライラしてきてしまったら、いったん上の子から離れ、ママの関心が自分も欲しくて甘えてきているのだと思い出してあげてくださいね。

赤ちゃん返りがでてくる

今までできていたことができなったり、ママから離れられなくなったり、赤ちゃんに戻ったような行動をとることを「赤ちゃん返り」といいます。

下の子が生まれることが原因になることが多く、ママの愛情を感じたい、自分のことも気にして欲しいという気持ちから起こります。

自分も、何もできなくてもママが愛情を注いでくれ、一緒にいられる赤ちゃんに戻りたいと思ってしまうのです。わがままばかりいう、自分でごはんを食べないなど、いつもママのお手伝いを欲しがります。

上の子も手がかかるようになってしまい、ママは大変ですが、赤ちゃん返りは自分の欲求を伝える方法の一つで、成長しているという証でもあり、赤ちゃん返りをする子は決して少なくありません。

これくらいできるでしょ!と思ってしまう

下の子ができると、急に上の子が大きくなったように感じ、色々なことができるような気がしてしまいます。

着替え一つにしても、今までは当たり前のように手伝っていたのに、無意識のうちに小さな下の子と比べ、お兄ちゃん、お姉ちゃんなのだからできるだろうとついつい期待をしてしまいす。

そのため、忙しいときに「ママこれやって」とあれこれ頼んできたり、ママが頼んだことができなかったりすると期待外れなような気がしてイライラする原因になってしまいます。

「これくらいできるでしょ!」と思ってしまうのは仕方がないことですが、それを態度や言葉で表してしまうと、上の子は困惑したり傷ついたりしてしまう可能性がありますので、気をつけてくださいね。

上の子の気持ちは?落ち着いて考えてみよう

なにもかも自分でやるのは無理!

弟や妹ができ「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になったからといって、いきなりたくさんのことができるようになるわけではありません。残念ながら、これくらいは自分でやって欲しいというママの願いどおりにはならないのです。

上の子もママの大変な姿を見て自分でやろうとしてくれるかもしれません。ですが、誰かのお手伝いを必要とすることもまだまだたくさんあるのです。

子どもが自分で洋服を着たらボタンはとめてあげる、コップを用意したら飲みものは注いであげるなど、うまく誘導しながら自分でできることはやらせ、無理なことはこころよく助けてあげられるとよいですね。

もし、自分でやろうとして失敗してママの仕事を増やしてしまっても、頑張ろうとした気持ちは分かってあげてくださいね。

下の子ばかり注目されて悔しい

今まではママやパパの関心や愛情を独り占め状態だったのに、下の子の誕生によって今までと同じようにはいかなくなってしまいます。

下の子は家族のニューフェイスで小さい分、みんなから「かわいい」「かわいい」と注目されることが多くなります。そして、いつもママに抱っこされ一緒にいる姿を見て、寂しくなったり、今までの自分の場所を取られてしまったようで悔しくなったりする子もいるでしょう。

そんな悔しさから下の子に意地悪をしてしまう子もいます。ママが赤ちゃんのお世話をしているときはパパが意識して上の子を可愛がる、おじいちゃん、おばあちゃんと会うときには、あらかじめ上の子との時間も大切にしてもらえるようお願いしてみてはどうでしょうか。

ママに自分を見てほしい。構って欲しい

下の子がきて今までと状況が変わったことは理解していますが、ママに以前のように自分を見てほしい、構ってほしいという気持ちは変わりません。

下の子のお世話に追われるママを見て、さまざまな手段でママの気を引いたり、気持ちを確かめようとしたりするでしょう。

大人はどうしても子どもがよいことより、困ったことをすると大きく反応してしまいがちです。もし上の子の行動がママを困らせるようなことばかりになってきたら、それはどんな形でもよいからママが自分のほうを見て欲しいと切実に思っている証拠です。

ママは忙しいでしょうが、少しでも上の子との時間を作ってあげると、嬉しくなり困った行動が軽減される可能性がありますよ。

思い出して!可愛くないと感じないために

ママの心と身体の余裕を作ろう

ママは出産で体に負担が掛かっただけではなく、出産後も赤ちゃんの授乳やお世話で寝不足の状態です。退院し家に帰ってきても、上の子がいるので赤ちゃんに合わせたリズムで生活をすることもできません。

妊娠、出産、出産後とホルモンのバランスも変わっていく中で、身体だけでなく精神的にも不安定な状態になってしまうことがあります。

精神的にも身体的にも疲れが溜まると、心も身体も余裕がなくなり、上の子にイライラしやすくなってしまうかもしれません。

甘えたくて近寄ってきた上の子に冷たい態度をとってしまうことは避けたいものです。周りの人たちに協力してもらい、睡眠を多めにとったりして身体をゆっくり休め、心と身体の余裕を作れるように、環境を整えるとよいですね。

上の子との2人だけの時間を設けよう

下の子が一緒だとどうしても下の子が気になってしまいます。下の子が寝ているときやパパが家にいるときは頼んで、上の子と2人だけで過ごせる時間を設けてみましょう。

短い時間でも2人で過ごせば、上の子はママを独り占めできたことがとても嬉しく思うはずです。ママも下の子と比べることがなく、上の子だけを見つめてあげられるかもしれません。

嬉しそうにしている上の子を見ているうちに、よい部分がたくさん再確認できます。また、自分はこれほどまでに必要とされているんだと愛おしくなるママも多いそうです。

ママと楽しい時間を過ごし、心が満たされれば「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」としての気持ちが芽生え、お手伝いをしてくれたりと頼もしい存在になってくれることもあるそうですよ。

赤ちゃんのころの写真を見てみよう

上の子にも下の子と同じように小さく、可愛くて仕方がないときがあったのです。そのころの気持ちを思い出すために、ぜひ上の子の赤ちゃんのころの写真を見てみてください。

妊娠中の写真から順に見ていくと、生まれてくるのが待ち遠しかった気持ち、生まれたときの嬉しくて幸せだった気持ちなどが次々とよみがえってくるのではないでしょうか。

1人で見るのも、パパとあれこれ思い出話をしながら見るのもよいでしょう。ママが覚えていないことをパパから聞けるかもしれません。

また、上の子と一緒に見るのもおすすめです。上の子に「この頃はこうだったんだよ」と説明しながら見ていけば、上の子は自分も下の子のように大切にされ、大切な存在だということが分かり、嬉しく安心もするでしょう。

まとめ

出産後のママは本能的に赤ちゃんを守ろうとするそうです。そのような状態のときに、上の子が原因で下の子のお世話が思うようにできなかったり、下の子に意地悪したりするようなことがあれば、イライラしたり可愛くないと思ってしまうことは仕方のないことなのかもしれません。

このような状況に直面し、悩んでいるママはたくさんいます。この時期を過ぎると、ひとまわりもふたまわりも成長した上の子に出会えるそうです。

今はお互い辛い時期だと思いますが、この時期を乗り越えたあとは、きっと上の子との絆がさらに深まっているはずですよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018