就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

フォーマルな子ども服はレンタルで!低価格で素敵な晴れ着を選ぼう

フォーマルな子ども服はレンタルで!低価格で素敵な晴れ着を選ぼう

子どもの入園式や卒園式などの晴れ舞台に欠かせないフォーマル衣装は、購入かレンタルかで悩むママも多いのではないでしょうか。ここではフォーマル衣装のレンタルを利用するメリットをご紹介します。またオンラインでレンタル衣装を選ぶときの注意点やポイントなどもあわせてご覧ください。

子ども用のフォーマル衣装は悩みが多い

価格が高いわりに着る機会が少ない

日常生活でフォーマル衣装を着る場面は少ないですが、結婚式や法事などの予定がある場合、フォーマル衣装がなくて焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。

大人であれば社会人になったときにブラックフォーマルをそろえたり、流行に左右されないフォーマル衣装をストックしておいたりしますよね。

しかし子ども用のフォーマル衣装までそろえているというママは少ないかもしれません。いくら子ども用とはいえブランドにもよりますが、ドレスやタキシード、ブラウスやスカート、衣装に合う靴などすべてそろえると安価なものではありません。

店舗やオンラインショップでも激安を謳っているところでも、その年1回しか着なかったとなると果たして「激安」なのかは疑問ですよね。

成長が早くすぐにサイズアウトしてしまう

子ども用のフォーマル衣装の悩みには、購入してもすぐにサイズアウトしてしまうことがあげられます。とくに女の子のママに多い悩みとしては、ピアノの発表会でドレスを購入するかということです。発表会は多くて1年に1、2回なので購入するべきか悩みますよね。

あるママは来年のためにワンサイズ大きめを購入したら足元まで裾が届いてしまいジャストサイズのドレスと返品したようです。

普段着のトップスであれば袖をまくるなど対処はできますが、発表会のドレスは裾が長いタイプのものが多いのでジャストサイズがおすすめです。

ドレス以外でもサイズアウトした服はリサイクルショップやフリマアプリを利用して、売りに出すというママもいるので、少しでも有効活用したいものですよね。

入卒園や冠婚葬祭で用意するタイプが違う

フォーマル衣装をそろえるときに重要視するのは「どのようなシーンでも着まわせるもの」ではないでしょうか。しかし素材はカバーできても色やデザインを考えると、すべてのシーンに着ますのは少し難しいかもしれません。

冠婚葬祭というと成人式や結婚式などの慶弔の式と、葬儀や法事などの弔事の式があります。お祝いの席である結婚式や入学式では、マナーを意識した節度のある格好が望ましいので、ブラックやネイビー、グレーなど目立ちすぎない上品な服装がよいでしょう。

発表会やパーティーには女の子は華やかなドレス、男の子はスーツに蝶ネクタイやサスペンダーなどを合わせるとフォーマル感がアップしますよ。このように場面によりデザインも変わるので数着ある方が慌てないですみそうですね。

フォーマル衣装をレンタルするメリット

子どものちょうどよいサイズを選べる

子どもの成長はめざましいもので、昨年着ていた服が今年は着られなくなることもよくあるのではないでしょうか。

決して安くないフォーマル衣装を一式そろえても、その年によっては着る機会が少なかったり、翌年にはサイズアウトしてしまったりすると、購入するのが勿体ないと感じてしまいますよね。

レンタルであれば、そのとき着る子どもに一番合うサイズを選べます。来年も着られるようにと大きめなサイズを買ったばかりに、ぶかぶかしたスーツやドレスでは動きにくいばかりか写真映りにも影響しそうですね。

ネットではレンタルショップが多数ありますが予約できる服やサイズには限りがあるので、希望するデザインが人気なものであれば早めに予約を入れておくと安心ですよ。

毎回違う洋服は子どものテンションもアップ

発表会や入卒園式以外にも少しかしこまった食事会や誕生会などでは、普段着より少しきちんとした服の方がその場に合うでしょう。

それなりに着る機会があれば一式そろえるのもよいのですが、参加するイベントが同じ顔合わせだったり写真や動画をとったりするときなどに、いつも同じ服なのも少し気が引けると感じる方もいますよね。

レンタルなら毎回違う服を選べるので、そのときの季節やイベントに合わせた服を着ることができます。店によっては赤ちゃんのフォーマル衣装も豊富取りそろえてあるので、かわいい時期の思い出にもなりますね。

また子ども用だけでなく大人のフォーマル衣装も一緒にレンタルできる店もあるので、ママの衣装も子どもと合わせて楽しむのもよいでしょう。

手が出にくいブランドも着ることができる

ちゃんとしたブランドのスーツやドレスは、安価なものに比べ仕立てはもちろん、素材感や色合いなどが違いますよね。

あるママは卒園式のときにママ友から子ども用のブランドのスーツ一式を借りたようです。しかしクリーニングに出したり、お礼を考えたりするのに気をつかったと話していました。

レンタルであればレンタル料金にクリーニング代や往復の送料が含まれていることが多いので、気兼ねなく借りることができます。

また普段は高価でなかなか購入することを悩むブランドものでも、レンタルであればかなりお得に着ることができますよ。

オンラインショップでは、ハイブランドを中心に扱うレンタルショップなどもあるので憧れだったブランドをお得に借りるのもよいでしょう。

子ども服をレンタルするときの注意点は?

汚れや傷がついたときの追加料金を確認

レンタルを利用する方の不安として多いのは着用中汚したときの追加料金です。

店にもよって違いはありますが、ほとんどのレンタル店では少しの汚れなどであれば追加料金は発生せず、レンタル代にクリーニング料金が含まれている場合が多いようです。ただし店により規定は異なるので、借りる前に規定をしっかりと確認しておくと安心ですね。

追加料金が発生する例としては通常のクリーニングでは落ちないくらい汚してしまった場合や、服を大きく破いてしまったりセットの小物などを紛失したりした場合があげられます。

心配な方は通常のレンタル料金に「安心保障」代をプラスすると汚れの程度によりますが、よほどのことがない限り追加料金は発生しないので検討するとよいでしょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事