就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんにはオーガニック紙おむつを!よさやおすすめ商品をご紹介

赤ちゃんにはオーガニック紙おむつを!よさやおすすめ商品をご紹介

赤ちゃんに紙おむつを使っているママは多いですよね。紙おむつは種類も豊富で、赤ちゃんの成長にあわせて種類やサイズを選ぶことができる反面、においや、赤ちゃんのお尻かぶれなどの悩みを抱くママもいます。そんなママはオーガニック紙おむつを使ってみませんか。よい理由や、おすすめ商品をご紹介します。

赤ちゃんに紙おむつを使うママの悩み

おむつかぶれを起こしやすい

紙おむつは、使い捨てで便利なアイテムですが、おむつかぶれを起こしやすくママのケアが大切です。しっかりケアをして、赤ちゃんの肌を守りましょう。

おむつかぶれは、お尻に赤みやぶつぶつができて、かゆみをともないます。代謝のよい赤ちゃんのお尻は、たくさんの汗をかき、おしっこの水分もあわさって、おむつのなかは湿気でいっぱいです。

おむつのなかで蒸れた赤ちゃんの肌は傷つきやすく、おむつかぶれを起こす原因になります。こまめに、おむつを交換して清潔な状態を保つことが大切ですが、外出や就寝時など、長時間おむつを交換することが難しいときは、通気性や速乾性のあるおむつを選ぶとよいですよ。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、ケアに気をつけましょう。

尿漏れを起こしやすい

おむつからの尿漏れには、いくつかの原因があります。尿漏れをすると、赤ちゃんが気持ち悪く感じることはもちろんですが、布団や肌着の洗濯など、ママの負担も増えるので気をつけたいですよね。

尿漏れの原因は、おむつがおしっこを吸収する限界値を超えた場合が考えられます。おむつを長い時間、つけっぱなしにしていると起こりやすいので、こまめにおむつを取り換えましょう。

また、おむつのサイズがあっていなかったり、テープの止め方があまかったりする場合も尿漏れの原因にります。赤ちゃんの月齢や成長の度合いなどを、紙おむつのサイズと照らしあわせて定期的に見直しましょう。

ぴったりのサイズでお尻をしっかり包み込むおむつは、赤ちゃんも気持ちがよいでしょう。

赤ちゃんの尿の匂いが気になる

赤ちゃんと接していて、ふと、尿の匂いが気になると感じたママはいませんか。そんなときは、一度おむつを交換して様子をみてくださいね。

最近のおむつは以前と比べて、通気性のよい商品が多くなり、おしっこを長時間吸収する機能があるということが、ママのあいだで浸透しています。しかし、この機能は、睡眠時やお出かけのときなど、なかなかおむつを交換することができない場合に便利な機能であり、長時間つけっぱなしでよいというわけではありません。

やはり、赤ちゃんがおしっこをしたと気がついたときは、おむつ交換をしましょう。長時間、つけっぱなしにしておくと、吸収しきれなくなったおしっこが外に漏れたり、衣類や布団に浸透して匂いがするのかもしれません。

オーガニック紙おむつのよさは?

ケミカル成分が少なく赤ちゃんの肌に安心

最近、日本でも話題の「オーガニック紙おむつ」をご存じでしょうか。エコ紙おむつともよばれ、海外ではオーガニックへの意識が高いママたちが積極的に取り入れているようですよ。

一般的な紙おむつには、塩素系漂白剤などのケミカル成分が含まれています。これらのケミカル成分が赤ちゃんの肌に必ずしも影響があるとはいわれていませんが、より肌に優しいものであればママも赤ちゃんも安心ですよね。

オーガニック紙おむつは、一般的なおむつで使われているようなケミカル成分が少なく、赤ちゃんの肌にも優しいですよ。赤ちゃんの肌はデリケートなので、少しでも肌に優しい成分で作られているオーガニック紙おむつで、赤ちゃんの肌を守ってあげたいですね。

環境に優しい原料で作られている

オーガニックやエコに対して敏感な海外のママたちは、環境への配慮や、赤ちゃんの肌への影響を考えて、紙おむつより布おむつを選択するケースも少なくないようです。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話が思っていたより負担に感じることもありますよね。

オーガニック紙おむつは、生物分解が可能な原料で作られているので、廃棄後の生物分解にかかる時間が短縮されます。また、竹やコットンなどを原料とし、エコ紙おむつともよばれるように、環境にも優しいことが魅力ですね。

赤ちゃんの肌や環境にも優しく、ママへの負担も少ないおむつとして、オーガニック紙おむつは人気があります。ママだけではなく、エコロジーなパパからの人気も高いものですよ。

普通の紙おむつより吸収性が高い

オーガニック紙おむつの特徴の一つとして、一般的な紙おむつより吸水性が高い場合が多いです。その理由は、オーガニック紙おむつの主な原料と、おむつの構造にあります。

ある人気のオーガニック紙おむつに使用される吸水性ポリマーは、農業で痩せた土を肥沃させる際に用いるものと同じ性質の、高吸水性高分子を取り入れています。また、吸水性にくわえて、速乾性もあり、赤ちゃんがたくさんおしっこをしても、おむつが型崩れをしないそうですよ。

オーガニック紙おむつの構造は、3層構造になっていて、吸水性、速乾性、尿漏れの防止に優れています。吸水性や速乾性が高いポリマーが、素早いおしっこの吸収と、赤ちゃんのお尻をさらさらに保つので、赤ちゃんも快適ですね。

おすすめのオーガニック紙おむつ3選

デンマーク政府公認のオーガニック紙おむつ

実際に、人気があるオーガニック紙おむつを3ブランドご紹介します。今後の参考にしてくださいね。

デンマーク政府公認のオーガニック紙おむつである「バンボネイチャー」は、デンマーク政府が、幼稚園や保育園向けのオーガニック紙おむつの指定納入業者としても認定するほど、信頼があります。また、赤ちゃんの肌に有害な物質や塩素、石油、貴金属などを含んでおらず、布おむつの感覚に近い紙おむつなんです。

デザインにも工夫がされています。腰部にギャザーや固定用テープはなく、脇腹で止めるデザインなので、赤ちゃんの腰を締め付けません。

赤ちゃんのお尻と脚にぴったり密着し、ストレスが軽減されますよ。また、赤ちゃんがO脚になるのを防ぐ効果もあるそうです。

小児科医が監修のオーガニック紙おむつ

アメリカ発の「アースベスト」は小児科医が監修したオーガニック紙おむつです。オーガニックベビーフードでも有名なので聞いたことがあるママもいるかもしれませんね。

アースベストのオーガニック紙おむつの主な原料は、とうもろこしや小麦でんぷんです。一般的な紙おむつとはちがい、ダイオキシンが発生する原因となる、塩素系漂白剤を使用していないので、地球環境にも優しいですよ。

サイズ展開は7サイズと豊富で、赤ちゃんの月齢や体形によって、こまめにサイズを見直すことができるのも安心です。また、アロエベラやビタミンEが配合された、おしりふきも販売されていますよ。

アースベストは、オーガニックにこだわった製品が豊富なので、チェックしてみてくださいね。

人気のセブンスジェネレーション紙おむつ

アメリカでオーガニックブランド人気ナンバーワンともいわれる「セブンスジェネレーション」からもオーガニック紙おむつが発売されています。ブランド名は、アメリカ原住民であるイロコイ族の「どんなことでも7世代先のことを考えなくてはならない」という信念からつけられており地球環境に配慮した商品がそろいますよ。

無添加・無漂白である紙おむつは、天然成分の吸水ポリマーを使用し、自然な薄茶色です。デリケートな赤ちゃんの肌を考えて作られているので安心ですね。

サイズ展開は7段階あり、細かいサイズ展開なので赤ちゃんにぴったりのサイズを選ぶことができます。動物をモチーフにした柄が、紙おむつに全体的に描かれているのもかわいいですよ。

まとめ

海外ではすでに、オーガニック紙おむつを取り入れているママが多いようです。一般的な紙おむつは手軽で便利ですが、それに加えて、地球環境や赤ちゃんの肌に優しい紙おむつは、安全面でも魅力的です。

赤ちゃんの肌への影響を考えて、布おむつを使いたいというママも多くいますが、やはりママへの負担が多いのも事実です。オーガニック紙おむつは、布おむつと紙おむつの両方のよいところがあわさっているので、ママの強い味方ですよ。

オーガニック紙おむつが気になったママはぜひ一度、ためしてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018