就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の寝かしつけが楽に!寝かしつけの準備と方法について

乳児の寝かしつけが楽に!寝かしつけの準備と方法について

慣れない赤ちゃんの育児の中で、特にストレスを感じるお世話が赤ちゃんの寝かしつけで、悩んでいるママも多いです。ママ友に聞いた寝かしつけ方法を実践したのに、上手くいかなくてイライラしてしまうことも…。今回は赤ちゃんの寝かしつけが少しでも楽になるコツをいくつかご紹介します。

乳児の寝かしつけには事前準備が必要です

お腹をいっぱいにしてオムツを替えよう

赤ちゃんは敏感なので、様々なストレスで寝つきが悪くなってしまうことがありますが、お腹が空いているとまず寝ることができません。大人がお腹がいっぱいになると眠たくなるのと同じで、赤ちゃんもお腹いっぱいの気持ちのいい状態で眠りたいのです。

毎日寝かしつけの30分程前には、赤ちゃんがお腹いっぱいになるまで、ゆっくり授乳してあげることをおすすめします。授乳した後は、必ずオムツが汚れていないかチェックしましょう。

オムツが汚れていると、赤ちゃんは気持ちが悪くてぐっすり眠ることができません。また汚れたままの状態で放っておくと、オムツかぶれの原因にもなってしまいます。赤ちゃんのオムツは夜であっても清潔な状態を保ちましょう。

寝る場所の環境を整えよう

赤ちゃんをスムーズに寝かしつけするためには、寝る場所を快適に過ごせる状態にすることが必要ですよね。寝る場所は、適温・適湿を保つようにしましょう。

赤ちゃんは大人よりも少し体温が高く、大人の体感温度とは感じ方が違うので、寝る場所には、温度計と湿度計を置いてママが常にチェックできる状態にしておくと便利です。

温度に合わせてエアコンで調節が必要ですが、エアコンはお部屋が乾燥するので要注意!湿度が低ければ、加湿器を置いたり、洗濯物を干したりして、上手に湿度を調節しましょう。
友人の話では、「赤ちゃんがいる家庭で加湿器を使用するのは、赤ちゃんの手に届かない場所に置くなど場所に悩むので、洗濯したタオルを干すのが安全だよ。」と話してくれました。

寝る前までにたくさん抱っこしよう

赤ちゃんが1番心休まる場所は、やっぱりママの腕の中です。ママの抱っこは、赤ちゃんの心を落ち着かせる効果があります。特にたくさんの人に会った日や、いつもと違うお出かけをした日など、赤ちゃんにとって刺激的なことがあった日は、赤ちゃんも緊張や疲れでなかなか眠ることができず、ぐずってしまうことがありますよね。

そんな日は、寝かしつけの時間までにたっぷり赤ちゃんを抱っこして、「今日はこんなことがあったね。」「知らない所でも頑張ったね。」とママが優しく赤ちゃんに話しかけると、赤ちゃんはママの声に安心します。

ママは育児や家事でバタバタしているかもしれませんが、寝る前は赤ちゃんをたくさん抱っこすると赤ちゃんもスムーズに眠れますよ。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

ママたちが実践する乳児の寝かしつけとコツ  

入眠パターンを決めて毎日行う

ママが上手に赤ちゃんを寝かしつけるコツで効果的なのが、入眠パターンを決めることです。大人も寝る前に読書したり、体のマッサージをしてから寝るなど、寝る前の習慣がある人は多いですよね。

毎日寝る前に同じ行動を繰り返すことで、スムーズに眠りにつくことができるようになります。赤ちゃんも同じで毎日寝かしつけの前に、ママが絵本を読んだり、歌を歌ったりを繰り返していると、「もう寝る時間なんだ」と体が勝手に覚えて、赤ちゃんも自然と眠たくなるようになります。

友人の話では毎日寝かしつけの時に、同じ童謡を繰り返し歌うようにしていたそうです。何日か繰り返しているうちに、その歌を歌うと、赤ちゃんはうとうとし始めて自然と寝ることに成功したと喜んでいました。

乳児が眠たくなったサインを見逃さない

大人でも眠たくなると、あくびをする、目が充血するなど、体に少なからずサインが出ますよね。
赤ちゃんも同じように眠たくなると、しぐさや体温の変化など、眠たいサインを出します。

赤ちゃんが眠たいサインを出した時が、スムーズに寝かしつけるチャンスです。赤ちゃんの出す、小さなサインをママが見逃さないことが大切ですね。赤ちゃんの出すサインは色々ありますが、赤ちゃんの目を観察すると眠たいかがわかりやすく、ママも気づきやすいです。

眠たくなると目が充血し、頻繁に目をこするしぐさをします。また目をつむりながら、ぐずぐず泣いている時も、赤ちゃんはママに眠たいと伝えています。
このサインを見逃さずに、上手く寝かしつけできるといいですよね。

寝たと思ってもすぐに布団に寝かさない

抱っこや授乳しながら寝かしつけている時、赤ちゃんが眠ったと分かると、ママは「やっと寝た!」と嬉しい気持ちになりますよね。

抱っこしたまま寝た赤ちゃんをすぐに布団に寝かせると、寝ていた赤ちゃんがまた起きて泣き出してしまい、またいちから寝かしつけをしなくてはいけなくなったなど、赤ちゃんの寝かしつけに失敗したママは多いと思います。

友人に聞いてみると、赤ちゃんが寝てからすぐに布団に寝かせると、ほとんどの確率ですぐに起きてしまうので、寝た後もしばらくは、抱っこしたままの状態で過ごしていると話してくれました。

赤ちゃんは眠りについてからしばらくの間は浅い睡眠なので、ママのぬくもりがなくなってしまうと、すぐに気づくそうですよ。

乳児を寝かしつけるこんな方法もあります  

抱っこしてスクワットやバランスボール  

赤ちゃんを寝かしつけで抱っこすることは多いですが、普通に抱っこしたままの状態でいるのはママもしんどいですよね。赤ちゃんを抱っこしながらでも、ママが気分転換できる方法があります。スクワットやバランスボールは、赤ちゃんを抱っこしながらママもストレッチできるのでおすすめです。

スクワットは上下のゆっくりした動きで、抱っこしながらでもやりやすい運動です。同じ動きを繰り返すと、赤ちゃんも安心し、だんだん眠たくなってきます。布団の上でもできるので、気軽にやってみてください。

バランスボールは、赤ちゃんを抱っこしたまま座ることができるので、寝かしつけの時もママが休憩できていいですよね。座りながらゆらゆら動くと、赤ちゃんも気持ちよくなってきますよ。

26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC