就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児のママは寝る時間がない!睡眠時間とママのサポート体制作り

新生児のママは寝る時間がない!睡眠時間とママのサポート体制作り

新生児の赤ちゃんは寝ているイメージがあるので、「赤ちゃんがいると寝る時間がない」と妊娠しているころから覚悟しているママは少ないでしょう。しかし、生まれてみると育児や家事に大忙しになり、寝る時間がない現実を知りますよね。ここでは、忙しいママはどうやって寝る時間を作っているのかなどをご紹介します。

新生児の育児でママが眠れない理由

新生児は目を覚ましやすい

新生児のころの赤ちゃんは、朝と夜関係なく寝たり起きたりを繰り返していますよね。夜も2~3時間おきに起きる子が多いので、ママは寝不足になりがちです。

赤ちゃんは生まれてから何カ月もかけて体内時計が成長し、生活リズムが整ってきます。新生児のころは朝は起きる、夜は寝るという生活リズムが整っていない状態です。

人にはレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)があり、赤ちゃんは約1時間の間にこの二つの眠りを行き来しています。赤ちゃんはレム睡眠のほうが多いので、ちょっとした音やママが抱っこして移動しただけでも起きてしまいます。

また、突然手が上がったり足がビクッとしたりする「モロー反射」をしたときに、起きてしまうこともありますよ。

新生児のお世話や家事でママは寝られない

新生児のころは1日におむつ交換を10回くらいしたり、授乳の回数が多かったりするので、赤ちゃんのお世話だけでも1日がすぐに終わってしまいます。ママは24時間体制で赤ちゃんのお世話を頑張っているので、なかなか睡眠の時間が取れないこともあるでしょう。

また、赤ちゃんがぐっすり寝てくれたとしても、溜まっている家事(料理・洗濯・掃除など)をこなさなければなりません。赤ちゃんが起きているときは赤ちゃんに手がかかって家事が進まないので、寝ている間に家事をしているママは多いですよね。

赤ちゃんのお世話や家事をしていると1日があっという間に終わってしまうので「今日も全然眠れなかった」と、睡眠不足の日が続くママはたくさんいますよ。

育児への不安や心配から眠れないことも

赤ちゃんを出産すると、ママは「私が赤ちゃんを守らないと」と一生懸命に赤ちゃんのお世話をしますよね。お世話をしていると「このやり方は合っているのかな?」「お世話の方法を間違っていないかな」など、不安になることもあるでしょう。

特に、初めて育児をするママは赤ちゃんが寝ているときも「おむつは濡れていないかな」「ミルクが喉に詰まらないか不安」「赤ちゃんがちゃんと息をしているのか心配」など、赤ちゃんのことが気がかりで寝不足になるママもいます。

育児のことで色々と悩んでいると、せっかく赤ちゃんがぐっすり寝ていてもママは安心して眠れませんよね。育児への不安などを少しでも解消していくことも、ママの快眠には大切でしょう。

ママは短時間でも寝る時間を確保しよう

家事は完璧ではなく手抜きでOKにする

ママは赤ちゃんのお世話だけでも大変なのに「家にいるのだから家事もしっかりしないと」と、家事を完璧にこなそうと頑張りすぎてしまう方が多いのではないでしょうか。

しかし、育児をしながら家事を完璧にこなすというのは、ママにとって大きな負担となります。ママの寝る時間を確保するために、少しは家事を手抜きしてもよいでしょう。

また、赤ちゃんが起きている間は家事を進めることが難しいので、赤ちゃんが寝ている間に進めようと思いがちですが、そうすると結局ママがちょっと休憩する時間もなくなります。

赤ちゃんが寝ている間に家事を進めるのもよいのですが、家事は上手に手抜きして日中もママの寝る時間を確保しましょう。

赤ちゃんが寝たらママも休憩して寝る

赤ちゃんはその日によって夜中に起きる回数や、泣く時間、ご機嫌もコロコロ変わりますよね。ですから「夜はゆっくり寝たい」とママが思っていても、大泣きして寝てくれなかったり、まとまった睡眠を取ってくれなかったりすることも日常茶飯事です。

「日中は、なるべく赤ちゃんの寝ている時間に家事を頑張ろう」と思い、赤ちゃんが寝ている間に家事をしたり、ご飯を食べたりして、寝ないで過ごしていると、ママの寝る時間はいつになるのか分かりませんね。

ママが元気に育児をこなしていけるようにするには、体を休めることを優先することも必要です。赤ちゃんが寝たときはママも休むチャンスなので、短時間でも横になって体をやすめましょう。

睡眠のためにスマホはほどほどにする

育児中のママは、睡眠時間が少なくなるので大変ですよね。しかし、せっかく赤ちゃんがスヤスヤと気持ちよさそうに寝ていてもスマホを見て過ごしていませんか?

スマホは目が疲れるだけではなく、脳が刺激されて活発になってしまいます。ですから、横になっていても体は休まっていない状態なのです。

また、スマホは「ちょっとだけ…」と思って見ても、長時間集中して見てしまう方が多いでしょう。「スマホに疲れて休もうと思ったときには、赤ちゃんが起きて泣きだした」という経験をしたママもいますよね。

スマホを見ることが気分転換になるというママもいるとは思いますが、それで睡眠不足になるとストレスにつながります。スマホはほどほどにして体を休めることが大切ですよ。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版